新たな飛躍のステージへ、全力でサポートいたします。 新たな飛躍のステージへ、全力でサポートいたします。

転職をお考えのみなさまへ

今どんな思いでこのページを見ていますか? きっと皆さんにはそれぞれの思いがあるはずです。 最後に決断をするのはご自身ですが私どもと話をする中で気づいていくものもあるかと思います。

そして転職の決断をし、新たな道を進むことにより見えてくる景色が変わってくるのではないでしょうか。 そのように真剣に転機を考えている方にとっての、よきコーチ、ガイドとしてお役に立てればと思っています。

この仕事を始めたきっかけとやりがい

新卒で大手証券会社に入り、外資系商社の金融部門に転職しました。その後、外資系ファンド傘下の邦銀に移り、外資系事業会社、外資系証券会社での投資銀行業務に従事しました。キャリアとしては投資銀行業務が長いですが、今でも新卒で入った会社で良く鍛えられた部分はあり、若かったゆえの思い出も懐かしい限りです。

転職を経験した際にはエージェントにもお世話になりました。もちろん自分自身も節々に迷うことなどもありましたが、その時決めた決断は今でも間違っていなかったと自負しております。おかげさまで日系・外資系、銀行・証券のそれぞれを違いを肌で感じることができました。

自身も常にフロント業務におり、比較的金融業界の中では勝負の世界にもまれてきたので、会社勤めをしていても、スポーツ選手と同様にプレーヤーからコーチになるタイミングというものが来ると考えておりました。実は近しい人には昔からスポーツの世界にもたとえてよく話していたのですが、特に後輩が増えていくたびにそう感じるようになりました。

そんな中で転機が訪れ、金融×コーチという形を考えていたところ、この仕事を始めることになりました。

セールス、トレーディング、アナリスト、インベストメントバンカーとして得た専門知識・経験によるものが役に立ちますし、もちろん広い金融業界ですから日々学ぶことも多いですし、一方で対人間だからこその発想力というのも問われるかと思います。

やりがいを感じるのはこの仕事はクライアント、キャンディデート、我々とWin-Win-Winの関係になることです。 最終的にはクライアント様もキャンディデート様も、双方が決断したうえで、新たな転機の一歩を踏み出すということになります。 私どもは双方に選択肢を提供し、それぞれの選択・決断を尊重しながらも、場合によっては変化を促すこともございます。

皆さんもそれぞれの価値観や優先順位などの「ポートフォリオ」をお持ちで、それは人生のステージによって変化していくものだと思います。そのタイミングでお役にたてれば、非常にありがたいことだと感じます。

真剣なキャンディデートの方と出会うと、真摯かつオープンに向き合いたいと思いますし、逆もまた然りだと思います。皆さまと会うことで自分自身も磨かれていくと思いますし、まだまだ伸びしろがあるものだと感じる毎日です。

最後に余談ですが、この仕事をしていると、自分自身がこれまでやってきたこと、あったことのreviewをしているように感じることもあります。意外なところで繋がりがあったり、それが復活したりと。ご縁がある方と繋がるんだなと感じます。

このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

鄭 泰武が担当した転職者様の声

このコンサルタント(鄭 泰武)が担当した転職者様の声をすべて見てみる
  • 投資顧問での経験を生かして不動産投資ファンドへ

    不動産投資ファンド(同業)への転職を決意し、最初にコンタクトを取ったのがコトラの鄭様でした。案件を出し惜しみなく提示してくださった上で、それぞれの会社の特徴と、自身のキャリアへのプラス・マイナス面になり得る面を第三者的な観点を保ちつつも親身になって教示してくださいました。押し付けがましくもなく、かといって機械的・受動的に処理するのでもなく、ほどよい距離感でサポートしてくださいました。結果的に、望む業種・職種・ポジションで採用を勝ち取ることができましたが、結果以上に、自身のキャリアステップを今一度考えるきっかけを示してくださった鄭様およびコトラ様には本当に感謝しております。ありがとうございました。

    20代、男性、国立大学院卒
    もっと見る
  • 金融機関での業務経験を生かして外資系不動産運用会社でのコンプライアンス業務へ

    私は、前職退職後1年以上経過してから転職活動をスタートし、かつ前職とは多少なりとも異なる職種を希望していたため、活動はかなり難航することを予想していました。ところが、転職サイトで出ていた求人をきっかけに、コトラさんにコンタクトし、結果的に1カ月かからずに短期で決めることができました。他のエージェントにもコンタクトしましたが、コトラさんでは特に、文面上の募集条件だけでなく、私の人物的な評価を基に、適合しそうな企業を紹介いただけたように思います。いくつかの企業の面接を受けての感想は、やはり条件だけでなく、その企業の社員の就業姿勢や社風と自分の望ましい働き方とが合うかどうかが重要だということです。他のエージェントでは、業務分野や年収等、形式的な条件を充足しているかどうかのみを基に紹介いただくことがほとんどで、実際に面接に行ってみると、相手企業の担当者の就業姿勢に違和感を覚えることもありました。コトラさんは、社風と私の人物の合致といった点を見極めてご紹介いただけたように感じています。おかげさまで、転職活動で多大なエネルギーを消耗することもなく、早々に決めることができました。大変感謝しております。

    40代、女性、国立大学院卒
    もっと見る
  • 外資系運用会社の営業事務部門責任者から独立系運用会社のバックオフィス部門責任者へ

    コトラ様では、丁寧に話しを聞いて頂きました。また、とても話しやすい雰囲気を作ってくださったと思います。コンサルタントの方とよく話しをしていたことで、これまでの経験を活かせる最適な職場を紹介して頂けたと思います。本当にありがとうございました。

    40代、女性、私立短期大学卒
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る 転職者様の声をぜんぶ見る

鄭 泰武が担当した転職者様の属性

職種別の割合

  • IT系ビジネス
  • インベストメントバンキング
  • コマーシャルバンキング
  • コンサルティングファーム
  • その他
  • その他銀行証券系ビジネス
  • ファイナンス管理
  • マーケットビジネス
  • リスクマネジメント
  • 管理系ビジネス
  • 金融フロント
  • 金融関連サービス
  • 経営管理
  • 人事系ビジネス
  • 投資事業
  • 投信投資顧問
  • 不動産金融不動産関連業務
  • 保険ビジネス

年齢別の割合

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

プロフィール

[ 経歴 ]

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、野村證券株式会社に入社。資本市場業務、支店営業に従事。米カーギル社の金融部門でトレーディングを経験後、当時黎明期よりディストレス投資を始め、以来15年間、日系・欧米系、銀行・証券の投資銀行部門において、自己資金でのディストレス投資に携わる。株式会社新生銀行ではプライシングチームを率い、GEキャピタル社では新規チーム立ち上げに貢献。ドイツ証券株式会社を経て、2014年株式会社コトラに入社。

[ 担当業界 ]

投信投資顧問、不動産金融、金融フロント、インベストメントバンキング、コマーシャルバンキング、マーケットビジネス

コンサルタント一覧に戻る コンサルタント一覧に戻る

当社のコンサルタントは専門としている領域をそれぞれ持っております。
ご指定頂いた場合でも、貴方様のご経験によってコンサルタントを変更させて頂くことがございます。
また、ご案内できる情報がない場合には、大変恐縮ながらご面談をご遠慮させて頂くこともございますので、ご了承賜りたくよろしくお願い致します。

ページの先頭へ戻る