転職者様の声|Vol.0051

生保での資産運用リスク管理業務から、銀行での信用リスク
管理業務への転職

40代、男性、有名私立大学卒

  • これまで投資顧問会社での株式運用、生命保険会社での資産運用リスク管理の経歴を積んで来ました。資産運用リスク管理の在籍年数が長くなってきたこともあり、これまでに得てきた知識と経験をより総合的に活用したいと考え、社内で新しい部署への異動を望んでいましたが、なかなか叶わずにいました。また、経営の体制や質に疑問を感じていたこともあり、このまま現状に留まるよりは、新たな場所を自ら求めたいと考え転職活動を始めました。

    始めは大手に登録して活動していましたが、担当コンサルタントが退職により交代してしまうことが続き、交代後に紹介案件が少なくなり、入手出来る情報が減ってしまうこともありました。また、担当コンサルタントと企業と接する営業担当者が明確に別れていたようで、担当コンサルタントが紹介案件の詳細を知らないことにも不安がありました。3~4ヶ月に一社程度は面接に進んでいましたが、募集背景等の求人票だけでは分からない細かな情報を事前に入手することが非常に困難だったため、面接官からの質問により募集背景を知るということが頻繁にありました。

    一方、面接では、職務経歴書以外の経験を問われることも多く、特定分野の専門性を訴えるだけでなく、総合力をいかにアピールするかという課題も浮かび上がっていました。 なかなか思うような結果を得られずに活動を続ける中、担当コンサルタントは契約打ち切りを示唆して来ました。

    転職活動は面接準備等で大きな負担になっていましたし、どこかで区切りは付けなければいけないと考えていました。年齢も40代に入り、転職を成功させるならばラストチャンスが近づいていると思い、これまでの転職活動を振り返ってみました。問題点をまとめてみたところ、紹介案件の詳細情報を面接までに入手出来ていない、総合力の積極性な訴求が足りないといったことが思い付きました。そこで、次に入社を希望する企業から内定を頂いても頂かなくても、そこで転職活動を終了させるという覚悟を決め、心機一転コトラさんに駆け込むことにしました。

    コトラさんは金融専門の紹介会社のため、大手の時に感じていたような不安にはぶつからないのではという期待がありました。担当コンサルタントは丁寧に私の転職理由等を聞き取って下さいましたし、予想通り求人状況についても詳しく情報を提供してくれました。早速、希望通りの案件を紹介して頂き面接に進むことになりましたが、お蔭様で募集背景等を把握の上面接に望むことが出来ました。また、この面接で初めて総合力を上手く説明することが出来たと思います。その結果、担当コンサルタントのサポートもあり、コトラさんに駆け込んで2ヶ月もせず内定を頂くことになりました。

    コトラさんにお世話にならなければ、内定を獲得することはなかっただろうし、転職活動も終了していたと思います。本当に感謝しています。

2015年1月6日
  • 転職者様の声一覧に戻る
  • コンサルタントに相談する
  • コンサルタントに相談する
  • 転職者様の声一覧に戻る

40代の転職者様の声

この転職者と同じ年代(40代)の転職者様の声をすべて見てみる
  • 国内信託銀行ファンドマネージャーから人事系コンサルタント会社へ

    他社に比べて、ご案内頂いた求人の質、書類選考合格率が高かったように思います。

    40代、男性、国立大学卒
    もっと見る
  • 都市銀行オペレーション担当から信託銀行オペレーション担当へ

    求人紹介から面接のスケジューリングやメールの返信までとても迅速に進めて下さいましてありがとうございました。

    40代、女性、私立大学卒
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る

ページの先頭へ戻る

→ 転職支援サービス(無料)に登録する