グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社

公開求人

アクイジション 募集継続中
ID:102428
  • 求人詳細
  • 企業情報・選考情報
職種 アクイジション
ポジション シニアマネージャー、マネージャー
配属部署 投資開発部
採用人数
おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収イメージ 前職考慮のうえ同社規定により決定
仕事内容 物流不動産にかかわる以下の業務を担当して頂きます。

■既存不動産の購入・売却に関する業務全般
■新規案件発掘の営業、新規案件の収支分析
■案件の売買業務(買い側、売り側双方)
■売主候補、仲介者とのリレーションシップ構築
必要スキル ■四大卒以上

<経験>
■不動産売買または不動産仲介企業での5年以上の経験
■不動産売買取引の経験
■分析経験

<スキル・資格>
■必要な情報を獲得するために相手と関係構築する力
■取引、モデリング、昨今の不動産売買に関する知識
■日本語での資料作成力
■エクセルを用いて投資分析をする力
■不動産仲介士資格
■ネイティブレベルの日本語力

<尚可>
■ビジネスレベルの英語力
■不動産投資の経験
■プロジェクトまたは取引のマネジメント経験
■不動産業界において人脈を広げる力

■求める人物像
・主体性:自ら考えて自発的に行動し、周囲を巻き込み行動を起こせる
・チームプレイヤー志向:チームや会社のことを考えて行動を起こせる
・コミュニケーション力:自分の伝えたい事を分かりやすく整理して伝える力(発信力)があり、相手の伝えたい意図を理解する力。また、理解を深めるために傾聴を行おうとする姿勢(受信力)
就業場所 東京都
就業形態 正社員
企業概要 外資系不動産会社
休日休暇 完全週休2日制
有給休暇
特別休暇
年末年始休暇
慶弔休暇
GW休暇
育児・介護時短
産前産後休暇
----------------------
勤務時間:9:00~18:00(休憩1時間)
平均残業時間20時間(個人差あり)         

休日休暇:土・日・祝日・年末年始4日・ボランティア休暇2日、産前産後休暇、生理休暇、育児休暇、慶弔休暇

年次有給休暇:最高20日 ※入社1年目は15日ですが、入社月により変動します。
待遇 社会保険制度あり
研修あり
海外研修あり
社員旅行
----------------------
<加入保険等> 健康保険・雇用保険・厚生年金保険・労災保険・GLTD(団体長期就業所得補償)・総合福祉団体定期補償保険、傷害保険

<福利厚生> 社宅制度、カフェテリアプラン、定期健康診断/人間ドック補助、メンタルケアプログラムなど

<研修> 階層別研修(コーチング研修、面接官研修、メンター研修、他階層別研修)、英語特待生制度(社内公募、選抜された数名が年間で参加可)、メンタルケア研修、トレーニングプログラム(年間上限10万円の補助)、新入社員フォローアップ研修など
企業PR
業務カテゴリ アクイジション・ソーシング 不動産ファンド
組織カテゴリ 外資系金融機関
備考 ●物流施設に関する投資サイクルの一連の業務を見られる仕事です。
●投資戦略の実行にあたってはアセットマネジメントチームと連携をとりながら、その案件を最初から最後まで責任をもって担当することになります。
関連キーワード バリュエーション 不動産ファンド アンダーライティング 30代 ソーシング

物流特化型の上場REITを有する、物流不動産ビジネスのパイオニア。物件開発から管理運営までを一貫してインハウスで行う総合力に強み。

写真1

社会のインフラとして重要な役割を持つ『物流』。
e-コマースの市場の拡大によって、その物流および物流施設の需要が大きく高まっている現在、より効率的な商品物流に対応できる先進的物流施設へのニーズが高まっています。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は物流を『施設』という観点から支える会社として、2009年3月にグローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド(シンガポール証券取引所上場)の日本法人として設立されました。
日本・中国・ブラジルにおいて先進的物流施設のリーディングプロバイダーとして物件開発・取得・管理運営等の幅広い業務をインハウスで行い、成長を続けており、また日本における物流不動産ビジネスのパイオニアでもあり、物流特化型REITが東証に上場しています。

○GLPの成長性・安定性
日本における先進的物流施設は3%程度にとどまっており、従来の物流施設の建て替えニーズが大きく、e-コマース市場の拡大と相まって今後高い成長が見込める分野です。
また日本は、物流施設の稼働率が高いこと、賃料が安定していることから、安定した収益を上げることができています。
成長性の高さと収益の安定性から、日本はGLPにおいて極めて重要な位置づけとなっています。

○GLPの人材育成
GLPでは、経験豊富なTeamと優秀な人材が成長の核となると考えています。
従業員全員が中途採用で入社しているため、新入社員のためのメンター制度や部門長面談、フォローアップ研修を用意し、新しい環境でのスタートアップをサポートしています。
また若手社員向けには海外研修を含む英語特待生制度や、社員が自ら選択するカフェテリア式トレーニングプログラムを用意しています。
また社内公募制や、異なる部署やチームのメンバーが互いにサポートしあうバディ制といった制度もあります。
また社員同士のコミュニケーションの向上がGLPとしての仲間意識を醸成するという考えのもと、自由参加のオフィスランチやハッピーアワー(営業時間外に社内でアルコールを楽しむ会)、マネジメントとのランチ、Outing(社員旅行)など、社内で様々なコミュニケーション機会を設けています。

GLPでは成長を加速させるため、新しいメンバーを募集しています。
興味をお持ちの方は、ぜひご応募ください。

写真2

写真3

 

担当コンサルタントからのメッセージ

◆先進的物流施設の可能性
アメリカには先進的物流施設が8~9%ある。
日本はまだ3.4%なのでまだまだ拡大できる領域である(町の倉庫がなくなって先進物流施設に代わるというイメージ)。
物流施設業界は、住宅・オフィスと同じように、成熟しても建て替え需要があるという意味で下降するものではない。
 
◆物流業界での経験について
住宅・オフィス・物流施設など扱うものによらず、行う仕事は同じである。
物流業界の企業は少ししかない上に、GLPでは業界トップであるので、
携われる仕事の幅は大きい。開発、既存取得、リノベーション、売却と一連の流れでも行っている。
物流施設業界のトップであるが故に、関連業界のトップ企業(三菱地所・三井不動産など)との付き合いができる。

◆キャリア展開
他の部署に異動して、専門性の幅を広げることも可能である。(投資開発からAMに行く、ゼネコンとの交渉など)
場合によってはREITに行くこともできる。
過去にはステップアップでやめていった人はない。

■物流施設に関する投資サイクルの一連の業務を見られる仕事です。
投資戦略の実行にあたっては資産運用チームと連携をとりながら、その案件を最初から最後まで責任をもって担当することになります。

presented by KOTORA

入社までの流れ



書類選考
履歴書・職務経歴書(日・英)をご提出いただきます。
適性テスト
WEB上で20分程度の適性検査を受けて頂きます。学力テストではありません。
1次面接
面接は2~3回実施いたします。
2次面接
3次面接

企業情報

企業名グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社
企業HPhttp://www.glprop.co.jp/
住所東京都 港区 東新橋1-5-2汐留シティセンター4階
資本金100百万円
設立年月2009年3月
代表者氏名代表取締役社長 帖佐義之
事業内容物流施設・用地の賃貸・売買・開発・運営管理および投資助言
従業員数95名(2015年1月)
平均勤続年数

presented by KOTORA

応募ありがとうございました。コンサルタントからご連絡します
応募出来ませんでした。恐れ入りますがもう一度やり直してください
お気に入りに登録しました
お気に入りに登録出来ませんでした。恐れ入りますがもう一度やり直してください


条件を指定して検索

金融業界の転職や求人をニーズに合わせた細かい条件で絞り検索することができます。

おすすめ年齢
年収

すべて選択すべて解除

ページの先頭へ戻る