金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ HOME > 金融・コンサル業界情報 > IT社会とITコンサルタント株式会社コトラITコンサルタント

金融・コンサル業界情報

ITコンサルタント業界について

IT社会とITコンサルタント

ITコンサルタントかつてIT(情報技術)は、人間のやることを機械化することによる省力化が重要な役割でした。会計業務の元帳処理や決算業務のシステム化が業務の効率化や早期化に大きな効果を上げました。もちろん、今でも省力化はシステム化の重要な役割です。しかし、今日のIT(以下、通信を含むICTもITとして表現する)は、大きく進化しビジネスを支えるインフラや新しいビジネスモデルを作り上げるプラットフォームになりました。かつてIT(情報技術)は、人間のやることを機械化することによる省力化が重要な役割でした。会計業務の元帳処理や決算業務のシステム化が業務の効率化や早期化に大きな効果を上げました。もちろん、今でも省力化はシステム化の重要な役割です。しかし、今日のIT(以下、通信を含むICTもITとして表現する)は、大きく進化しビジネスを支えるインフラや新しいビジネスモデルを作り上げるプラットフォームになりました。
ITを活用しないでビジネスを成功することは、不可能となり、IT活用の成否がそのままビジネスに直結する時代です。
このような中で、ITコンサルタントのポジションが確立され重要な役割をはたす職業となりました。
ITコンサルタントとは、1)IT(情報技術)をスキル基盤に置いて、2)お客様の課題を理解して解決案を提言し、3)解決案の実現を支援する人」です。
ITコンサルタント お客様は、やりたいこと、実現したいことを訴えますが、ITを活用してどのようにそれを実現したらよいかは、なかなか意思決定できません。ITは、ムーアの法則に代表されるように日々進歩し、新たなアイデアや仕組みが生まれています。お客様が、ITの情報や高度に専門化された技術を、評価し使いこなすことはとても困難です。
ITコンサルタントは、このようなお客様を支援し実現したいビジネスモデルやプロセスを成功に導くお手伝いをするもが役目です。

presented by KOTORA

ITコンサルタントの活動領域

ITスキルを基盤とするコンサルタントですが、その活躍の土俵は非常に広範囲となります。当然一人ですべてをカバーすることはできません。それぞれに得意分野を選択し、お客様やシステムベンダー(SIer、ISVやHWメーカなど)と連携してゆくことになります。
大きく分類すると、ITスキル基盤ベース、ファンクションベース、インダストリーベースの3次元の切り口のなかで、ITスキルを軸にしながら得意分野を深めたり広げたりしてゆきます。 ITコンサルタント

  • ITスキル基盤ベースの分類

    IT戦略コンサルタント、ERPコンサルタント、BIコンサルタント、セキュリティコンサルタント、インフラベースコンサルタント、PMOコンサルタントなど

  • ファンクションベースの分類

    FIN(会計)システムコンサルタント、SCM(サプライチェーンマネジメント)システムコンサルタント、CRM(カスタマリレーションシップマネジメント)システムコンサルタント、HRM(ヒューマンリソースマネジメント)システムコンサルタント、その他(固定資産、経営情報ダッシュボードなど)

  • インダストリーベースの分類

    金融業システムコンサルタント、流通業システムコンサルタント、製造業システムコンサルタント、メディア・エンターティンメントシステムコンサルタント、通信・エネルギー業システムコンサルタント、公共システムコンサルタントなど

presented by KOTORA

プロジェクトでの役割

システム構築のステップは、いろいろバリエーションはあるものの、ざっくりいうと以下のようになります。(最近のアジャイル開発なででは、要求定義→設計→開発→テストがコンパクトに統合されて行われるものもあります) ITコンサルタント

  • システム開発のステップ

    ビジネス課題→システム面での解決案の策定→システム企画提案承認→プロジェクト:要件定義→プロジェクト:基本設計→プロジェクト:詳細設計→プロジェクト:開発→プロジェクト:システムテスト→プロジェクト:導入→システム運用・メンテナンス→システム改善、プロジェクトマネジメント、ITインフラマネジメント

  • IT戦略コンサルタント

    ビジネスの課題解決のためにITを利用する場合、どのようなインフラにするか、パッケージにするか、セキュリティはどうあるべきかなど提言します。さらにITオリエンテッドに考えてビジネスモデルはこうあるべきなど、お客様や戦略コンサルタントと考えることにもなります。

  • ERPコンサルタント

    SAP、Oracleに代表されるようなERPパッケージを使って、プロセスを導入してゆくコンサルタントです。会計、SCMなどそれぞれに専門領域を持つコンサルタントでパッケージの適用の仕方に熟知しています。

  • BIコンサルタント

    企業内外のデータ(あるいはビッグデータ)を活用して、意思決定支援の仕組みを提言します。経営ダッシュボードのような経営層向けのものから、SNSのデータを活用した消費者への商品提案などデータ分析まで、対象はいろいろです。

  • セキュリティコンサルタント

    情報漏えい問題やウイルス対策などシステムの虚弱性に対する対策を幅広く提言するコンサルタントです。

  • インフラベースコンサルタント

    データベース、ネットワーク、仮想化システム、プラットフォームなどシステムの基盤に関するコンサルタントです。

  • PMOコンサルタント

    ITコンサルタント お客様のPM(プロジェクトマネジャ)と一緒になってマネジメントを行います。お客様の現場部門、システム部門、経営層、システム子会社、ソフトウエアベンダー、開発ベンダー(SIer)、ハードウエアベンダー、運用メンテナンスベンダーなど、プロジェクトには非常に多くの関係者が集結します。それぞれのタスクを設定しスケジュールを管理し、WBS(ワークベンチストラクチァー)を円滑に回します。

presented by KOTORA

ITコンサルタントの価値観とスキル

顧客指向、変革指向、自信意欲の価値観

ITコンサルタントが、SE(システムエンジニア)やプログラマと基本的に違うところは、お客様の言うことをしっかりやるというだけではなく、お客様の要望を理解した上で、解決案を提言することにあります。お客様が気付いてないことや心配していることを提案・助言することが付加価値であり期待されていることです。従って、「お客様に貢献する」という意識と行動が常に必要です。また、提案や助言は今までとは違うアプローチや目標を含むものなので、自分がお客様や関係者をリードして改革(や改善)してゆく心構え、すなわち変革指向が大事です。そして、提案や解決案は、自信をもって実現するように行動しなければなりません(自信意欲)。
コトラでは、仕事の価値観診断「KOTORA25」を実施しています。あなたも、是非自分の価値観を測ってみてください。
→ 価値観診断「KOTORA 25」

軸となるIT(情報技術)スキル

ITの領域は広範ですが、自分の強み(主軸となるITスキル)は何かを明確にして、深堀しておくことが大事です。ビジネスインテリジェンス(BI)を中心としたコンサルタントを目指すのであれば、データベースや分析ツールなどのスペシャリティを身に着けた上で、それ以外、たとえばERPやIT全般に幅広く知識を増やし協業するメンバーと会話し難問を解決してゆくことになります。いわゆるT字型スキルやΠ字型スキル(二本足)開発をしてゆくことになります。

ファンクションや業界のスキル(知識と経験)

ITコンサルタント ERPコンサルタント、たとえばSAPパッケージの会計(FI/CO)モジュールのコンサルタントの場合、SAPのパラメータを設定できるだけであれば、それはコンサルタントではありません。パラメータ設定ができて、そのうえで「財務会計の決算処理のプロセスはこうあるべき」とか「管理会計のユニットは、お客様の会社では、こうあるべき」と提言できて初めてコンサルタントです。
さらに言えば、石油業界の会計では、とか、自動車業界のサプライチェーンでは、というように業界も含めて考えることが必要です。 ITコンサルタントとして経験を積む中で、次第に金融業界に詳しくなったり、自動車業界に詳しくなったりしてスキルを高めてゆくことになります。

presented by KOTORA

ITコンサルタントのキャリアパス

ITコンサルタントSEやプログラマの経験がある人は、社会経験の出発点がITから始まっているので、ITコンサルタントへの第一歩は、踏み出されています。外資系ITコンサルティングファームに新卒で入社した人も、入社後数年はプログラムコーディングなど研修と実践をしてきているので同様です。
その上で、お客様や上司から言われたことだけをやるだけではなく、問題意識を持ち問題の本質は何かを考える習慣をつけて、疑問を提示し議論を促し、たとえ簡単なことでも提案に結び付けられるようになれば、コンサルタントへ踏み出していけます。

ITコンサルタント

上記は、外資系ITコンサルティングファーム内でキャリアアップを重ねてゆくイメージです。
ARM:アカウントリレーションマネージメント担当パートナーです。以前は、コンサルファームに営業担当はいませんでしたが、顧客対応のために営業担当を置く会社も増えてきました。
BM:ビジネスマネジメント担当パートナーで、サービスライン(ファンクション)担当、インダストリー担当、IT領域担当それぞれのパートナーがいます。
PM:プロジェクトマネジメント担当パートナーで、大規模プロジェクトを推進する場合に設定されます。
SME:サブジェクトマターエクスパートパートナーです。専門領域(たとえばセキュリティ、SAPのインフラ領域など)に特化したパートナーです。

presented by KOTORA

ITコンサルティングファームの強み

外資系のITコンサルティングファームでは、戦略からシステム運用まで幅広くプロジェクト遂行のための方法論を世界標準で準備しています。方法論は、プロジェクトの品質とスケジュールを確保し、失敗リスクを低減するための重要なツールです。これらの方法論は、お客様プロジェクトから得たノウハウや各種のスタディから得た知見を凝縮して構成されファーム収益の基盤なのです。
そして、これらの方法論の研修と同時に、コンサルタントとしての考え方や姿勢を、入社後、定期的に研修することを義務付けています。コンサルティングファームの資産は、人材(人財)であり、そのビジネスモデルの基盤維持に、教育・研修が時報に大事となるのです。
ITコンサルタント 一方、このような充実した研修体系は、転職者個人が会社の職場内でステップアップする際にも、事業会社に転職する場合にも、また自ら起業する場合にもたいへん貴重なスキルとなります。
ITコンサルティングファームでの経験をステップとして、転職後、事業会社のCIOになったり経営企画で活躍したりする人が多いのも、そのためです。

presented by KOTORA

主なITコンサルタントが属するコンサルティング会社

  • ・野村総合研究所
  • ・アクセンチュア
  • ・アビーム コンサルティング
  • ・シンプレクス
  • ・日本総合研究所
  • ・デロイト トーマツ コンサルティング
  • ・プライスウォーターハウスクーパース
  • ・KPMGコンサルティング
  • ・EYアドバイザリー
  • ・フューチャーアーキテクト [企業インタビュー]
  • ・サインポスト
  • ・パクテラ・コンサルティング・ジャパン
presented by KOTORA

その他の業界情報

  • 投資銀行業界

    投資銀行の現状や特徴、業務の流れなど、投資銀行業界について詳しくご説明致します。ファンドが主導して きたM&Aに事業会社が参戦し始め、投資銀行業界はどう動いていくのでしょうか。

  • 不動産金融業界

    なぜ今、不動産金融ビジネスなのか、不動産金融ビジネスにどのような期待が集まるのか、 不動産証券化の の流れとは、どんな人材が求められるのか、などについて詳しくご説明致します。

  • 保険業界

    保険業界の変遷と、ALMやソルベンシーⅡなどリスクマネジメントの最前線、アクチュアリーの活躍の場など、 保険業界について詳しくご説明致します。

  • フィンテック(FinTech)業界

    昨今、フィンテック(FinTech)という言葉が日本で急速に注目を集めています。もともとは海外で生まれた造語(Financial + Technology)ですが、歴史を遡れば昔から金融とテクノロジーは金融業界では密接な関係にあります。

  • アセットマネジメント業界

    各国の大規模な金融緩和・低金利政策で、大量の低金利の資金が市場に流入し、資産運用業務がフォーカスされ、そのため人材ニーズが拡大しています。 アセットマネジメント投資信託業務では、2014年1月にNISAがスタートし、投資信託への新規資金導入を促すための、商品開発業務・ホールセラー・販売用資料作成業務を始め多数の新規ポジションが増加しています。

  • 戦略コンサル業界の動向

    戦略コンサル業界の現状、組織の特徴、プロジェクト内容、転職時に求められる人材要件、選考過程、ケース面接対策などを詳しくご説明致します。

presented by KOTORA
 

ページの先頭へ戻る

→ 転職支援サービス(無料)に登録する