金融の転職、経営・コンサルの転職<コトラ HOME> > 金融・コンサル業界情報 > 戦略コンサル業界 > MBAクリティカル・シンキング(グロービス・マネジメント・インスティチュート (著))

MBAクリティカル・シンキング(グロービス・マネジメント・インスティチュート (著))

MBAクリティカル・シンキング

株式会社コトラ

グロービス・マネジメント・インスティチュート (著)
出版社: ダイヤモンド社; 新版 (2005/11/5)

社会人を対象とした経営教育を行うグロービス・グループが、その教育現場での知見をもとに「ビジネスパーソンに必要な、ビジネスの現場で本当に役立つ思考力」を提供するMBAシリーズの第8弾。課題解決のための考える手順や合理的・科学的な思考プロセスを、最低限必要な方法論とフレームワークだけ選び、ビジネスの現場で実際に使えるように解説している。

第1章から第3章は解説編、演習編、思考の落とし穴編、総合演習編から構成されており、それぞれ「論理展開(演繹法・帰納法)」、「因果関係」、「構造的アプローチ(ピラミッド構造、MECE、ロジックツリー、フレームワーク)」についてビジネスや日常生活における具体例を通して学ぶことができる。
「思考の落とし穴編」では、「隠れた前提に基づく演繹法」「偏ったサンプリングによる帰納法」「相関関係と因果関係の混同」など、誤解を招く原因となったり間違った結論を導くことになる、ありがちな状況やそれを避ける方法について解説している。
第4章では、ビジネスの一場面における物語(イタリアンレストランのオーナーの方針変更とチーフシェフの離反)を題材として、本書で学んだ論理思考と問題解決の技術を確認する。
最終的には経営コンサルタントが登場し、オーナーとの対話を通じて課題解決していく。ビジネスの現場で当事者同士がお互いの満足度を向上させるためにどのようなコミュニケーションを取るべきなのか、また、どのように問題を整理して解決策を探れるのかを考えるヒントが多数提示されている。

本書では論理思考の技術の中でも「演繹法・帰納法」「因果関係」「ピラミッド構造」「ロジックツリー」といった重要なものに絞って解説しており、読者は効率的に論理思考について学ぶことができる。また、これらの思考技術についてビジネスパーソンにとって現実的で感情移入しやすいケースに基づいて説明されているため、あまり抵抗感なく読み進めることができるだろう。

▽ ダイヤモンド社
「MBAクリティカル・シンキング」
グロービス・マネジメント・インスティチュート (著)

>>戦略コンサルの業界情報に戻る

presented by KOTORA

ページの先頭へ戻る