金融の転職、経営・コンサルの転職<コトラ HOME> > 金融・コンサル業界情報 > 戦略コンサル業界 > 戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策(マーク・コゼンティーノ (著))

戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策(マーク・コゼンティーノ (著))

戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策

株式会社コトラ

マーク・コゼンティーノ (著), 辻谷 一美 (翻訳), 外資系企業研究会 (翻訳)
出版社: ダイヤモンド社 (2008/9/20)

著者はハーバード大学の就職指導課で20年間学生たちの指導を務めた、ケースインタビュー対策の第一人者である。
原書に掲載されたケースやその回答例は米国を舞台とした内容だが、本書では訳者によって極力日本での実情に合うように変更されているため、日本での面接対策にそのまま利用することができる。戦略コンサルティングファームにおける採用試験の概要が把握できる上、最も重要な「ビジネス・ケース問題」について、36の例題と回答例を通して重点的に訓練することができる。

本書によると、戦略コンサルティングファームにおける面接試験は以下の4種類の質問や問題で構成される。

(1)企業の通常の採用試験に見られる、受験生の志望動機や人となりについての質問
(2)なぞなぞや論理パズルのようなブレイン・ティーザー問題
(3)マーケット・サイジング問題、ファクター問題
(4)ビジネス・ケース問題

(1)~(3)についても、どんな質問があるのかの一通りの紹介と、どのように答えればよいのかについての有用なアドバイスがあるが、十分な準備をするには他書を当たった方が良い。
例えば、(2)の対策としてキラン・スリニヴァス (著)「外資系企業がほしがる脳ミソ」、(3)の対策として細谷 功 (著)「地頭力を鍛える」は定評がある。
(4)「ビジネス・ケース問題」対策が本書の真骨頂である。本書が提案する、『アイビー・ケース・システム』を身につければ、ほぼどのようなビジネス・ケースを出題されたとしても十分な受け答えをすることが可能となる。

『アイビー・ケース・システム』は「最初の4つのステップ」と「12のケース・シナリオ」という2つの部分から構成され、「12のケース・シナリオ」はビジネス・ケース問題で問われる質問を類型化したものである。
受験者は「最初の4つのステップ」を踏むことによって出題されたケースがどのシナリオに分類されるかを把握し、それぞれのケースごとに踏むべき手順で質問と思考を進めていけば一応の答えに辿り着ける、という仕組みである。

本書の7割程の紙面を占めるバラエティ豊かな36のケース問答により、読者は『アイビー・ケース・システム』が完全に身につくまで訓練することができる。

▽ ダイヤモンド社
「戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策」
マーク・コゼンティーノ (著), 辻谷 一美 (翻訳), 外資系企業研究会 (翻訳)

>>戦略コンサルの業界情報に戻る

presented by KOTORA

ページの先頭へ戻る