金融の転職、経営・コンサルの転職<コトラ HOME> > 金融・コンサル業界情報 > 戦略コンサル業界 > 地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」(細谷 功 (著))

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」(細谷 功 (著))

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

株式会社コトラ

細谷 功 (著)
出版社: 東洋経済新報社 (2007/12/7)

著者は東芝を経てアーンスト&ヤング・コンサルティング(ザカティーコンサルティング、そしてクニエの前身)に入社。製造業を中心として製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入およびM&A後の企業統合等を手がけている。

本書で言う『地頭力』とは、短期間で成長する若手コンサルタントが共通して持ち、問題解決のための本質的な能力である「結論から」「全体から」「単純に」考えるという三つの思考力のことである。更に、これを鍛えるための強力なツールがフェルミ推定である。

フェルミ推定は、戦略コンサルティングファームの面接試験で問われる問題のうちの1つであるマーケット・サイジング問題に回答するのに用いられる考え方である。
本書の第2章、第3章を読むことで、フェルミ推定がどのようなものか、どうしたらこの思考力を鍛えることができるのかが分かる。本書では多くの例題に対する回答例が展開されているわけではないので、回答例を参考にしながら多くの問題に取り組みたい場合にはマーク・コゼンティーノ(著)「戦略コンサルティング・ファームの面接試験」の第2章やジョン・ケイドー(著)「ビジネス頭を創る100の難問」のLESSON 5 で練習すると良い。

第5章から第7章では、問題解決に必要な「結論から」「全体から」「単純に」考えるという三つの思考力について個別に詳しく説明しており、それぞれ『仮説思考力』、『フレームワーク思考力』、『抽象化思考力』と名付けている。本書ではフェルミ推定の練習を重ねることでこれらの思考力を鍛えることができるとしているが、逆にこれらの思考力をフェルミ推定の運用力を向上させるためのものとして捉えても良いだろう。

▽ 東洋経済新報社
「地頭力を鍛える 問題解決に活かすフェルミ推定」
細谷 功 (著)

>>戦略コンサルの業界情報に戻る

presented by KOTORA

ページの先頭へ戻る