金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ HOME > アリックスパートナーズ 企業インタビュー マネジングディレクター 日本共同代表 深沢 政彦 氏 / 野田 努 氏

アリックスパートナーズ 企業インタビュー

 深沢 政彦 氏 / 野田 努 氏 / マネジングディレクター 日本共同代表

6.無用なレポートは必要ない。プロジェクトの最終発表会すら、やらない。

野田氏:

アリックスパートナーズでは、結果に繋がることだけに取り組むことができるよう、必要のないレポートを極力作成せず、その分実行支援に時間を使うようにしています。 我々が提供する価値は、どのような調査分析を行い、どのようなレポートを提出したかではなく、何を実行したか、その結果どのようなインパクトを企業にもたらすことができたか、ということであり、その価値観がファーム全体に共有され、徹底されています。

深沢氏:

通常コンサルティングファームが行うようなプロジェクトの最終報告会をやらないケースも多いです。企業の中に入って、初めは我々が主体的に動かしていきますが、しばらくするとイニシアティブを社内の通常業務に位置づけていきますので、進捗管理も我々から提出するのではなく、社内レポートという形になります。
通常のコンサルティングファームのように、最終報告会でレポートを発表して、プロジェクトを締めるということは少ないですね。

我々がやるべきことをやってお見せして、それを教えて出来るようになって頂いて、その過程で少しずつイニシアティブを社員の方々に移動していき、すっとフェードアウトするようにプロジェクトが終了する、そんなスタイルが理想です。

Q:おおよそ戦略ファームの方は、ロジックを組み立てるところにかなり時間を使いたいという基本的なモチベーションがある人が多いですが、そことは一線を画すということでしょうか。

深沢氏:

おっしゃるとおり、そこを卒業した方、それだけでは物足りなくなった方がアリックスパートナーズに来ていただけると、非常に満足していただけると思います。
時間をかけ、手間をかけ、非常に精密なレポートを提出したけれども、それが結局実行されないままになっていることも多いわけです。
それに対して問題意識を持っている方が我々のところに参加してくれるケースが多いですね。



7.ロジックはもちろん大切。けれども、現場を巻き込むのに肝要なのは、やっぱり人間力。

Q:戦略立案というのは比較的座学で習得しやすいところだと思いますが、実行に際して重要な点は何でしょうか?またそれはどのように習得していくのでしょうか?

野田氏:

企業の業績改善や改革を進めていく上での共通言語はロジカルシンキングですから、いかに論理的に客観的に事態を把握して、状況解析をしてそれを説明できるか、改善策がこれだときちんと説得できるか、これは勿論重要です。

しかし、論理だけでは人は動きませんから、様々な手法を駆使し、企業内のステークホルダーとコミュニケーションをとっていけるかどうかが、もっと大切ですね。自分が正しいと思っている意見や仮説でも、ストレートに言った方が良い場合と、少し婉曲に伝えた方が伝わる場合がありますし、異なる意見の方々、異なる利害関係の方々の意見を調整して、一つの方向を向いて頂くというのは非常に難しいことではあります。

戦略ファームなどが得意とする「尖ったアイディア」も重要ですが、アリックスパートナーズでは、どのようなアイディアも実行されて結果に現れないと意味がないと考えていますから、いかにクライアント企業のメンバーと同意形成し、実行を引っ張っていけるか、が重要です。

戦略ファームとアリックスパートナーズの重要な違いはもう一つあります。それは、対峙するオーディエンスが複数いるということです。会社が有事のときは、社内外の様々なステークホルダーと利害調整を図らないといけません。株主、銀行は勿論のこと、支払い期限を伸ばすためにサプライヤーとも話し、売掛金を早く回収して資金を作り出すためにはクライアント企業の顧客や営業担当者とも話をするわけです。 また、そのような施策を実行する際には、クライアント企業の中で協力者を見つけ、巻き込んでいくことも必要です。

これらのことは、現場を経験していくと勘所が徐々にわかっていくのですが、逆に言うと、教えてもわかりません。
試行錯誤を繰り返しながらですけれども、何ヶ月もプランニングしてやるのでは間に合わず、プロジェクトに入って2、3週間で本質的な問題点は把握しながら、実行施策を考え、そのための協力者を見つけるといったやり方は、実際に現場に入って体感することで、そのノウハウを吸収できると思います。

実際にプロジェクトに入って、シニアなメンバーに支えられながら、試行錯誤をしながら実行してみて、何かしら結果が出たらフィードバックをもらって、またやり方を変えて実行してみて、というサイクルを回すこと、その結果として小さな成功を積み重ねて自信をつけること、これが両輪となって、個人の成長が加速すると考えています。



8.辛抱強く、しかも時にクリエイティブに。

野田氏:

我々が扱うプロジェクトは緊急性が高いケースが多く、時には存亡の危機に晒されているクライアント企業の資金繰りのマネジメントをしなければならない場合もあります。そんな場合に、自分の分析に誤りがあって、万が一会社の資金繰りが赤字になってしまったら・・・

そのようなプレッシャーにさらされながら、しっかり状況分析をして、キャッシュの見込みをきちんと計算していく。そして、その分析に基づいて、いろんな対策を打っていく。言葉にすると簡単なように聞こえますが、極めて責任の重い、しびれる仕事です。場合によっては、そのプレッシャーに長期間さらされることもあります

また、社内の抵抗勢力が存在するケースも多いですから、そのような方々に対して、合意形成に努め、時には対峙していかなければなりません。そうすると、多少色々なことを言われても、めげずにきちんと、直線でダメだったら変化球で対応するような柔軟性が問われます。
自分がどこに到達しないといけないかをしっかり認識し、辛抱強くしかも時にクリエイティブに、そこに向かってきちんと前進して行けるかどうかという、精神的な成熟やタフネスも重要ですね。

深沢氏:

アリックスパートナーズのメンバーはオン・オフの切り替えが上手ですよ。すごくサイクルが短いです。土日までオフを待っていると、ウィークデーがまずもたないですから(笑)。アリックスパートナーズのプロジェクトは緊急事態が多いですから、土日がオフにならないこともあります。オフィスの中でも皆大声で雑談して笑っているのに、次の瞬間には、出来上がった書類抱えて走って出ていったりしています。修羅場の中でも、一瞬一瞬で、気持ちの切り替えを行っているんです。

野田氏:

場数を踏んでいくとだいたいこんな感じで良いのだとわかってきて、集中すべきポイントがだんだんとわかってきますよね。
ある程度緩急をつけないと、自分が疲弊するだけでなく、クライアント企業のメンバーをも疲弊させてしまいますから。上手く彼らを巻き込むには、重要な点だけにフォーカスする、やることとやらないことをはっきりさせるということも時には重要だと思います。



9.再生現場は時間との勝負。1年後の正解は無意味。明日の正解が求められる。

深沢氏:

アリックスパートナーズの仕事のスタイルについて、プランニングなのか実行なのかという対比で問われるケースが多いですが、アリックスパートナーズの場合、プランニングよりも実行、かつ実行よりも結果です。それからもうひとつのこだわりは、時間。

1年後の正解は無意味。明日の結果がほしい。

極端な表現ですけれども、このような感覚が求められます。『結果』と『時間』、この二つを以て物事をドライブできるかどうか、ということが極めて重要です。結果と時間を両手に抱えて、改革を実行するべくひたすら走れること、そのスピード感に周りを巻き込める人間力があることが大切です。



アリックスパートナーズへの転職相談をする

アリックスパートナーズ 企業インタビュー 深沢 政彦 氏 / 野田 努 氏 INDEX

1.有事の企業を『暫定経営陣』として立て直すプロフェッショナルファーム、アリックスパートナーズ。

2.危機に陥る企業は、『甘い見立て』が多い。

3.ロイヤルブルネイ航空の再建、ある医療機器メーカー日本販社の再生。

4.戦略ファームではなしえないこと。アリックスパートナーズが価値を出せる3つのポイント。

5.結果がすべて。分析や理論だけでは価値がない。実行して、結果を出してこそ価値がある。

6.無用なレポートは必要ない。プロジェクトの最終発表会すら、やらない。

7.ロジックはもちろん大切。けれども、現場を巻き込むのに肝要なのは、やっぱり人間力。

8.辛抱強く、しかも時にクリエイティブに。

9.再生現場は時間との勝負。1年後の正解は無意味。明日の正解が求められる。

10.マニュアルに出来ないところに、ノウハウがある。人と人との繋がりこそが価値の源泉。

11.毎回ドリームチームを組みたい、世界中からその道のプロフェッショナルを集める。

12.徹底した『ワンファーム主義』。最高の結果を出すために、全員が知恵を惜しみなく出しあう。

13.プレゼンテーションで初めてお客様の前に出るのではなく、毎朝自分がステージに立つ。

14.アドレナリンが放出される3つのステージとは?

15.お客様の問題をトータルで解決するために。破綻企業の再生に端を発した2つのサービスラインナップ。

16.ロゴに込められた想い~『when it really matters』~お客様が本当に一大事のときに、頼れる存在であれ。

17.『結果>論理』『時間と闘う』。そんな方が私たちの仲間です。




>>インタビュートップページに戻る

>>トップページに戻る

ページの先頭へ戻る

→ アリックスパートナーズへの転職相談をする