貴方の業界・仕事に対する正確な理解と適切なアドバイスで飛躍をサポートします。 貴方の業界・仕事に対する正確な理解と適切なアドバイスで飛躍をサポートします。

転職をお考えのみなさまへ

自分のキャリアは、自分の見聞きしたことだけで方向性を決めるのはとても不安で難しいことですし、実際どのようなキャリアが自分に合っているのかはなかなか掴みづらいものだと思います。

私は銀行、証券、投資ファンド等の様々なエンティティーで多岐にわたる業務に従事してまいりましたが、その中でもずっと悩みもがいてきました。そうした経験を通して得られたキャリア形成に対する私なりの知見を活かして、皆様一人ひとりに合ったステップアップをご支援致します。ぜひ、ご相談ください。

この仕事を始めたきっかけとやりがい

拡大・変化し続けている人材関連業界、webやITの発達により働き方の多様化が進んだりクラウドソーシングのように仕事の発注側と受注側がダイレクトにつながる新たな仕組みができたりしています。しかし、こと金融・コンサル・ファンド等の業界における企業と人材のマッチングにおいては、今まで以上にその業界・仕事に対する正確な理解と適切なアドバイスが必要になっていると感じます。そうした中で自分の今までの経験を活用して貢献できるのではと思い人材コンサルタントにチャレンジすることにしました。

新たな人材・戦力を必要とされている企業様、ご自分のキャリア・新たな仕事について検討されている方、両側の思いについてとても共感できることが多く、一緒になって目の前の課題をクリアして組織や個人としてのブレークスルーを実現できることにやりがいを感じます。

このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

鈴木 健太郎が担当した転職者様の声

このコンサルタント(鈴木 健太郎)が担当した転職者様の声をすべて見てみる
  • 金融機関での経験とスキルを活かして、日系大手投信投資顧問へ

    定年を前にして相当厳しい環境下で転職に成功したのはひとえに担当コンサルタントの方からの以下のアドバイスです。 •職務経歴書は何ページでも詳細に書くこと。 •応募要領にあるキーワードを職務経歴書にちりばめること •採用する側が一人の資料を見るのにかける時間はせいぜい2分。そこで見られなかったら終わり。 自分自身も海外で採用をやっていましたが、その時のことを鮮明に思い出し、採用する側からの視点を持って面談に臨めた結果、成功裡に終わりました。 ありがとうございました。

    50代、男性、海外大学院卒
    もっと見る
  • 希望のポジションにこだわり、日系大手運用会社での債券系運用業務へ

    希望していたポジションでアセマネ会社から内定をいただきました。他エージェントを経由していくつか内定は出ていましたが、いずれも希望していたポジションではなく、承諾するか迷っていたところ、コトラの担当コンサルタントの方は私の希望を尊重した上でアドバイスをくださり、応援し続けてくださいました。感謝しています。

    20代、男性、私立大学卒
    もっと見る
  • 国内外での投資業務の経験を活かして日系大手運用会社での外部委託運用プロダクトマネージャーへ

    積極的に転職したいと考えていたわけではなかったのですが、プライベートエクイティ業界での人の動きなどを見て、適当な話しがあれば、転職もひとつの選択肢と考えていました。そうしたおりに、コトラのある担当者様から、ベンチャーキャピタルの立ち上げに関する求人に関し、情報提供を頂いたことをきっかけに、転職活動を開始しました。その後、別の2人の担当者様からも求人案内を頂き、採用が決まりました。コトラの担当コンサルタントの方から丁寧にご対応頂き、企業サイドとも密にコミュニケーションを取って下さったおかげで、今回採用につながったと思います。有難うございました。なお、8年前の最初の転職も、コトラ様からのお話しがきっかけでした。

    40代、男性、私立大学卒
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る 転職者様の声をぜんぶ見る

プロフィール

[ 経歴 ]

東京理科大学理学部卒。株式会社三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。支店にて中小企業向け融資に従事の後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にて引受業務・債券セールス業務等、またソリューションデザイン株式会社(企業再生ファンド)および丸の内キャピタル株式会社(バイアウトファンド)にて投資案件の検討・実行・バリューアップ・EXIT等を経験。その後、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社にて海外現地法人の経営管理に従事。

[ 担当業界 ]

アセットマネジメント、資産運用コンサルティング会社、ヘッジファンド、証券会社、銀行

コンサルタント一覧に戻る コンサルタント一覧に戻る

当社のコンサルタントは専門としている領域をそれぞれ持っております。
ご指定頂いた場合でも、貴方様のご経験によってコンサルタントを変更させて頂くことがございます。
また、ご案内できる情報がない場合には、大変恐縮ながらご面談をご遠慮させて頂くこともございますので、ご了承賜りたくよろしくお願い致します。