金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

コンサルティングファーム徹底解説【PART2】コンサルティングファーム役職と評価制度

前回の記事『コンサルティングファーム徹底解説【PART1】コンサルティングファーム概要と歴史』はこちら

1.タイトルと求められる役割

コンサルティングファームは、一般的に下記のような階層構造となっており、それぞれのタイトルにおいて以下のような役割を持つ。

また、タイトルの呼び名はコンサルティングファームによってそれぞれ異なっている。

代表的なファームのタイトル呼称
代表的なファームのタイトル呼称

求められる役割

■アナリスト(ジュニアコンサルタント)

新卒、第二新卒で入社すると、このタイトルからスタートする。コンサルタントが検証するために使用する資料の作成など比較的地味で大変な作業が多いが、コンサルタントとして働く上での基礎能力を身につけることができる。

コンサルタントとしての働き方に慣れるという意味で、アナリストは業務量が多く比較的長時間労働になり易い。最近は「働き方改革」の影響もあり以前より労働環境は改善されているが、それでも深夜労働、休日出勤は度々ある。しかし、だからこそ効率の良い仕事の進め方を自然と身につけていくとも言える。

実力差により前後はするが、入社から3年程度でほとんどのアナリストが、アソシエイト(コンサルタント)へ昇進をする。

■アソシエイト(コンサルタント、シニアアナリスト)

新卒入社後3〜5年程度の経験、中途採用の場合は5年程度の社会人経験がある者がこのタイトルに当たる。マネージャーの指揮の下、自ら情報を収集・分析・提言を行う。一定の領域については責任者としてアナリストに資料作成、情報収集の指示を行い、後輩やアナリストの指導も求められる。

プロジェクト実行において、ほぼすべての実作業を担当する。アナリスト同様業務量は、非常に多いが、ある程度の裁量権が与えられている。そのため、労働時間をある程度自分でコントロールすることができる。

アソシエイトには、プロジェクト遂行能力、クライアントとの関係構築能力、アナリストのマネジメント能力が問われる。これらの能力が身に付いたとみなされると、実力により年齢に差が出るが、3〜4年ほどでマネージャーに昇格できる。

■マネージャー(プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー)

マネージャーはプロジェクトの顔である。成功か失敗かはマネジャーの力量にかかっていると言っても過言ではない。設定されたプロジェクト期限と、限りある人手の制約のなかで、なんとか問題を解決しなくてならず、毎日がプレッシャーとの戦だ。

マネージャーになるためのハードルは非常に高く設定されており、コンサルタントの誰もがなれるポジションではない。それ故に、マネージャーになった人材は転職市場において、価値が飛躍的に上がる。

コンサルタントになったら、まずマネージャーを目指せと言われることがあるだろう。それは、アソシエイトやアナリストはあくまでもサポート役であり、プロジェクトの主役はマネージャーだからだ。このポジションになって、初めて一人前のコンサルタントと言える。

■パートナー(プリンシパル)

パートナーは、その文字通りコンサルティングティングファームの共同経営者となる。日系企業で言うところの役員に相当する。共同責任者であることから、会社の収益に対して責任を負う。

パートナーの最も重要な役割は案件を受注すること、つまり営業活動である。コンサルティング料は高額で、数千万からときには数十億円に達することもあり、クライアントは「コンサルティング」という目に見えない商材にお金を支払うことから、案件の受注は非常に難しい。単に提案内容がよいだけでは仕事は取れず、クライアントの信頼を勝ち取ることができるかが重要。そのためパートナーは、周りの人を引きつける人間的な魅力が必要不可欠で、ただ仕事ができるだけでは務まらない。

パートナーは、個人の能力というよりも、向き不向きや適性というのが多分にあるため、優秀なコンサルタントであってもパートナーとしては向いていないということも十分にあり得る。本当に一握りの、適性ある者だけがたどり着くことができるタイトルと言える。

コンサルファームに詳しいコンサルタントに転職について相談する

2.プロジェクト形態、体制

仕事の進め方

コンサルティングファームでの仕事は、原則プロジェクトごとのチームで進められる。一般企業の場合だと部署、部門ごとに部長、課長、係長など役職での上下関係があり、それらをチームとしてプロジェクトを進めるため、基本的に数年間は関係が変わらない。しかし、コンサルティングファームの場合は、

この記事の続きは、会員登録すると読むことができます。