<前編>非連続な経営改革に挑む少数精鋭グローバルファーム、タフでも最高に刺激的なアリックスパートナーズの実像に迫る。

※こちらは、2022年10月5日放送のコトラTV(ウェビナー)の内容を記事化したものです。

次の記事(2/3)
アリックスが非連続の経営改革に関わったプラクティス・ケーススタディ

ゲストのご経歴

アリックスパートナーズ・アジア・エルエルシー
アジア共同代表 日本代

野田 努 様

[ 経歴 ]
30年以上に渡り日本企業の事業成長・トランスフォーメーション・再生にかかる支援を主導。
特に、コングロマリットの事業ポートフォリオ再編、日本企業による海外企業の買収・事業統合・買収後の企業価値向上、業績不振事業のターンアラウンド、組織の抜本的改革などの取り組みにおいて主導的な役割を果たしている。
ハーバード・ビジネス・スクールにてMBA取得。著書「プロフェッショナルリーダー~難局を突破する9つのスキル」(ダイアモンド社)他。

アリックスパートナーズ・アジア・エルエルシー
マネージングディレクター

熊谷 孝史

[ 経歴 ]
ハイテク産業で豊富な経験を有す。グローバル化に向けた戦略立案・実行、クロスボーダーPMI、BtoBマーケティング、プロダクトマネジメントの分野でコンサルティングを提供している。
アリックスパートナーズ入社前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、製造業を中心とした新規事業戦略、調達やサプライチェーンのコスト最適化、マーケティング・営業改革、M&A支援等のプロジェクトに従事。
マサチューセッツ工科大学のスローンビジネススクールにてMBA取得(Sloan Fellow)。


インタビュアー

株式会社コトラ
代表取締役

大西 利佳子

[ 経歴 ]
慶應義塾大学経済学部卒業。大学卒業後、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。長銀証券に出向しマーケット業務従事後、事業法人担当として、融資、金融商品アレンジ業務などを担当。新生銀行になってからは、事業法人本部にて営業企画業務に従事。2002年10月株式会社コトラ設立、代表取締役就任。

>アリックスパートナーズへの転職のご相談はこちら

ゲストのこれまでのキャリア、ご入社の経緯

大西:
自己紹介を兼ねて、おふたりのこれまでのキャリア、アリックスパートナーズへのご入社の経緯をお聞かせください。

野田様:
アリックスパートナーズはニューヨークに本社を持つ、グローバルファームです。
北米、欧州、アジアの3極で事業を運営しています。私はアジアの共同代表と、日本の代表を兼ねています。もともと日本長期信用銀行、今の新生銀行からキャリアをスタートしました。入社10年後、破たん・国有化を契機に再生を志し、コンサル業界に入りました。
最初は戦略系、その後は会計系のファームに入りましたが、実行後の踏み込み具合に物足りなさを感じ、プライベートエクイティのCFOを経て、アリックスパートナーズに入社しました。

熊谷様:
私は新卒でソニーに入社いたしました。ソニーでは主に、グローバル市場での携帯端末のマーケティングに従事しました。最初は日本で勤務し、その後事業の中心であるドイツに赴任しました。2001年に、ソニーエリクソンというジョイントベンチャーが設立されたタイミングで転籍し、ソニーエリクソンの本社があったスウェーデンに移りました。
キャリア転換のためのMBA留学を経て、日本に帰国後戦略コンサルティングファームに転職しました。そこで戦略コンサルティングの基礎を学んだあと、より実行に近いところで目に見える成果を実現したいと思い、アリックスパートナーズに参画しました。

グローバル企業に迫る非連続な経営改革の波、そこに挑む少数精鋭グローバルファーム「アリックス」とは? 

大西:
アリックスパートナーズが誕生した経緯、グローバルでどういったバリューをクライアントに提供しているのか、このあたりを教えてください。

野田様:
アリックスパートナーズは1981年に米国デトロイトで設立されました。デトロイトはご存知の通り、自動車業界の集積地です。その頃、高品質・低価格の日本車がアメリカ市場に大量に流入し、多くのアメリカの自動車メーカーが破たん危機に直面していました。そういった企業をいち早く再生させ、成長軌道に乗せることをビジネスにするため立ち上げられたのが、アリックスパートナーズです。
ただし今では、事業再生のプロジェクトは全体の3割に過ぎません。あとは健全な企業に対する支援、成長の加速、抜本的な収益改善、あるいは紛争・係争といった、いずれも目に見える成否が明らかな案件に携わっています。
そのなかで我々が提供するバリューは、実行の深さです。もともと事業再生のために、暫定経営陣として、チーフ・リストラクチャリング・オフィサー(CRO)の役割を我々が果たしてきました。その出自から、いまでも企業の中に直接入り込んでいく、必要であれば暫定経営陣として、その企業に不足している機能を我々が補完して、成長軌道に乗せていく、そういったことをやっています。

大西:
グローバルファームであるアリックスパートナーズ様が日本に進出したきっかけはなんですか。

野田様:
東京オフィスは2005年の終わりに設立されました。当時は銀行が不良債権処理を行っている最終段階でした。ダイエー、カネボウなど大型案件が佳境を迎えた時期です。そうした日本企業の苦境を救う目的で、東京支社が設立されたという経緯です。
日本における事業もグローバル同様、日本企業の成長支援、抜本的な収益性改善、あるいは事業ポートフォリオの再編、つまりノンコア事業を切り離して売却し、コア事業の成長資金に充てる、こういったトランスフォーメーションを数多く手掛けています。

大西:
大変にタフなお仕事だと思うのですが、どうして御社では改革を実行できているのでしょうか。

野田様:
ファンドが出資して株主が変わる場合、ファンドにできないことが、なぜアリックスパートナーズにできるのかということですね。
我々はクライアント企業の側に立って、他のステークホルダーとニュートラルな立場で入っています。クライアント企業の価値を最大化することを目線にやっています。だからクライアント企業のマネジメントにとって、アリックスパートナーズは味方であると、強く感じていただいています。
高い経験値と強いコミュニケーション能力を持ったシニア・プロフェッショナルがハンズオンで支援をしていますので、日頃のコミュニケーションで彼らに寄り添っていく。そういったことで、企業価値の最大化を実現しています。
さらに、我々は個人で動いているのではなく、チームで動いています。暫定経営陣として入る場合も、一人ではなくチームで入り、チームワークを活かして最大の効果を上げています。
さらに言うと、様々なバックグラウンドを持ったチームメンバーが、それぞれの強みを活かして、そこにグローバルの経験や知見が加わり、改革を促すことができるというわけです。

大西:
どれくらいの人数で案件に入られるのですか。

野田様:
基本的には少数精鋭ですので、少ない場合は2名で入ることもありますし、グローバルなプロジェクトになりますと、各地域から3〜4名ずつ、総勢で10〜15名といった大規模なチームになることもあります。例えばゼネラル・モーターズの再建をやったときには、グローバルで数十名のチームが入っていました。

大西:
国籍問わず、言語を問わず、ダイナミックなチーム構成ですね。

野田様:
グローバルでの連携は、我々の強みのひとつです。日本の事業も、東京オフィスだけでやっているわけではなく、グローバルのメンバーを招聘して、あるいは彼らの知見を借りて、プロジェクトを完遂するというわけです。

大西:
クライアントと運命共同体になるということ、これはどのように実現しているか、仕組みがあれば教えて下さい。

野田様:
まずは、ハンズオンで入るということです。各プロフェッショナルは、一度にひとつの案件しか担当しません。片手間でできる話ではないので、きちんとクライアント企業に入り込んでやっていく。ある人は売上の拡大であったり、またある人は変動費・調達費の削減であったり、またある人は固定費の削減であったり、明確な役割分担はありますが、チームが一体となって企業価値を上げていくことにコミットしています。
コロナ禍でリモートになっても、やり方は変わっていません。リモート環境でも、クライアントに入り込んで、彼らの一員となってやっていく。今後おそらく、リモートと、クライアント先に常駐することを組み合わせた、ハイブリッド型のワーキングスタイルになると思います。コロナ禍以前より生産性が高まっていると感じています。

採用の際に注目している3つのポイント

大西:
採用の際に、どういった能力を見極めていらっしゃるのでしょうか。

野田様:
採用の時に見ていることは、大きく分けて3つあります。

1つめはチームワークです。我々はグローバルで動いていますので、それぞれが異なるバックグラウンドを持って強みを活かし合うことで、バリューを提供しています。ですから、お互いをリスペクトしたり、コミュニケーションを強くしたり、チームとして全体の効果を飛躍的に上げていく。チームワークのスピリットを持っていただくことが非常に重要です。

2つめはロジカルな思考です。クライアントと一緒に物事を推進していく、ときには痛みを伴う改革で、合意形成をしていち早く実行していく。そういった中で、ロジカルに物事を考え進めていくことが基本です。思いつきでものを言うのではなく、ロジカルに、データやチームメンバーからのインプットを組み合わせて、きちんと道筋を立てていく、この能力が要求されます。

3つめはやはりコミュニケーションです。我々の仕事は、正しいことを言っていれば済む話ではなくて、正しいことをクライアントに腹落ちしてもらって、一緒に実行していく。そのためには、高いコミュニケーション能力が必要になってきます。関係構築能力も入ってきます。「アリックスパートナーズがそう言っているならやるか。」クライアントにそう思ってもらえる人的関係を構築できるコミュニケーション能力があれば素晴らしいです。

次の記事(2/3)
アリックスが非連続の経営改革に関わったプラクティス・ケーススタディ

>アリックスパートナーズへの転職のご相談はこちら

アリックスパートナーズに
ご興味がある方へ

今回特集しましたアリックスパートナーズ様の求人をご紹介します。
ご興味がある方は、下記ボタンよりぜひご応募ください。

■求人:
経営戦略/企業・事業再生コンサルタント(SVP、Director)

■仕事内容:
●ファームの概要
当社は外資系上流戦略コンサルファームで、ターンアラウンド案件を得意としています。クライアントはグローバル企業で、自動車、TMT、コンシューマーなど幅広く対応。ハンズオンが特徴。

●経営改善
 −全社改革プログラム
 −DD、カーブアウト、M&A、PMI
 −売上向上、商品・価格最適化
 −オペレーション全般における収益改善
 −運転資金マネジメント
 −設備投資リターン最大化   等
                 
●企業再生(予防型、再建型、バリューアップ型)
 −診断
 −マネジメントサポート
 −暫定経営代行(暫定経営陣に就任するケースも多数あり)

●経営統合

■必要スキル:
●コンサルファーム(戦略系、FAS系、BPR系)でのプロジェクトマネージャー経験(4年程度以上)
●上記経験に加え、事業会社(マネジメント層)、PEファンドでの経験等
●オペレーション志向が強く、現場で力を発揮し結果を出せる方
●何らかの専門領域(業種、サービスライン等)を有す方
●ビジネスレベル以上の英語力
●国内外一流大学卒業(理数系尚可)

コトラでは業界動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。
最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきます。
また、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

コトラ(広報チーム)