年収1000万円以上!高収入ITコンサルタントの具体的なケースを紹介。

ITコンサルタントという職種は、他の職種と比較して年収が高い傾向にあります。しかし、全てのITコンサルタントに高収入が約束されている訳ではありません。
完全実力主義であるITコンサルタントの世界で、高収入のITコンサルタントになることを考えた際にどのようなケースがあるのでしょうか?
本記事では、ITコンサルタントとして”年収1,000万円以上を稼ぐ”にフォーカスして具体的なケースと共に解説し、転職活動に役立つ情報をお伝えいたします。

年収1,000万円以上の具体的なケースとは

“年収1,000万円以上を稼ぐ”具体的なケースを紹介する前に、プログラマー・SEなどITに関わる職種の収入についてお話します。
日本では、海外と比較してプログラマー・SEの給与が低い傾向にあり、SEの平均年収が400万円~500万円程度だと言われています。(※上流のアーキテクトスキルなど高度かつ専門性の高いスキルがある場合を除く。)実際に、日本で年収400万円台だったエンジニアが、海外では年収800万円を稼ぐようになった事例もあります。
ただし、ITコンサルタントになり上流工程を担うことになれば、相応の収入を得ることが可能になります。ITコンサルタントとしての基本的なスキルを身につけた上で最上流工程を担うことにより、年収1,000万円以上はより現実的になります。
それでは、年収1,000万円以上を稼ぐ具体的なケースをいくつか紹介しましょう。

・オススメ記事:ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキル・年収とは

最先端テクノロジーに関するアカデミックコンサルタント

ITコンサルタントの中には、アカデミックコンサルタントと呼ばれる学術性と研究性がとても高い職種があります。例えば、大学院で情報工学・理工学・経済学などのの修士号を修めた上で、学術リサーチなどにおいて高いスキルを必要とされるITコンサルタント職が該当します。特に、AI・IoT・Robotics・データアナリティクスなどを主とした最先端テクノロジーを使ったサービスの事業化を狙うクライアントに対して、理論面・学術面からのアドバイスをしていくITコンサルタントの仕事です。
学術分野における最先端の知識を活用できるITコンサルタントは、かなり希少価値の高い人材となります。一方で、研究職はオーバードクター問題に見られるような実務面でのニーズが少ないこともあり、大学院の博士課程を修めても培ったスキル・経験を活かせる職種が少ない傾向にあります。
博士号を活かせる職種としてアカデミックコンサルタントは、最適な職種の1つと言えるでしょう。希少価値の高い人材である為、年収1,000万円以上を狙うことも可能でしょう。

コンサルティングファームのマネージャー職

有名上場コンサルティングファームの中には、積極的にITコンサルタントのマネージャー職を募っているファームも存在します。
プリンシパルやマネージャーの募集が多い為、30代・40代も歓迎される傾向にあります。上流工程でITIL等のベストプラクティスを利用し、クライアントの課題をITテクノロジーを用いて解決していきます。
外資系コンサルティングファームの場合、恒常的にグローバルプロジェクトが存在する為、ビジネスレベルの英語力が必要となるでしょう。コンサルタントにとって必須スキルとなるロジカルシンキング・プレゼンテーションスキル・ファシリテーションなども当然ながら求められます。また、コミュニケーションスキルやチームを引っ張っていくマネジメント力なども求められます。
上記のスキルを実績として証明できれば、年収1,000万円以上の報酬を得ることも可能となるでしょう。

クラウドソリューションでのIT構築支援

クラウドソリューションでのIT構築支援などの最新テクノロジーに関するITコンサルタントも、レイヤーによっては年収1,000万円以上の報酬を得ることも可能でしょう。最新技術やシステムの深い知識や経験を用いてプロジェクトリーダー(PL)としてドリブンし、プロジェクトを成功に導いた実績は高く評価されるでしょう。
クライアントの業務を深く理解し、ITを用いて解決できることがないか研究し課題を抽出します。解決策として、クラウドソリューションなどを提案することがありますので、ITの最新技術に習熟している必要があります。その後、ITソリューションの導入に向けたロードマップを作成していきます。
ITプロジェクトの成功は、プロジェクトリーダーの統率力にかかってくると言っても過言ではありません。プロジェクトの成功を左右する人材となる為、年収1,000万円以上を提示してでも確保したい人材が最新テクノロジーに造詣の深いITコンサルタントなのです。プロジェクトマネジメントの経験があり、組織を引っ張っていくことに長けており、ITの最新技術を知る人材は貴重であると言えるでしょう。

上流工程ならば、年収1,000万円も不可能ではない

これまでに記載した通り、ITコンサルタントは上流工程であればある程プレッシャーも高まり、責任も増します。反面、報酬として高い年収が設定されていることが多く、年収1,000万円以上のオファーも数多く存在します。
様々な企業が、有能なプロジェクトリーダーを求めています。上流工程に携わる程、自らプログラミングすることは無くなり、その代わりマネジメント力が必要となってきます。
上記を踏まえて、ITコンサルタントの仕事で年収1,000万円を目指しましょう!

ITコンサルタントへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

年収1,000万円以上のITコンサルタントの具体的なポジションを探す

オススメ記事の一覧

ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキル・年収とは

ハイクラス人材の転職ならコトラ

ハイクラス人材の転職ならコトラにお任せください。各業界出身者のコンサルタントがあなたの転職活動を支援します

公共領域に関心がある方向けキャリアセミナーを開催!

有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー ガバメント&パブリックサービシーズ パートナーの片桐豪志氏をゲストに迎え、「社会変革プロフェッショナルとして成功する方法」を語るウェビナーを開催します。

デロイトトーマツ現役パートナーである片桐氏と、官公庁及びコンサルティングの業務経験者である宮崎が、社会変革へのチャレンジをネクストキャリアとして考えている方に向けて、どのようなキャリアを歩むべきかを語ります。

▼お申込みはこちら!

この記事を書いた人

阪野裕二

東京理科大学工学部機械工学科卒業後、アビームコンサルティング株式会社に入社。主に社内基幹システムの企画・構想段階から製造・保守迄ワンストップでのサービス に従事。

[ 担当業界 ]
コンサルティングファーム、金融IT、DX