金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

サステナビリティ・ESGアドバイザリー 4大監査法人の競合比較と戦略

いま、サステナビリティ・ESG領域でのコンサルティングビジネスが活況です。
サステナビリティ・ESG領域の最近の動向、各監査法人のサステナビリティ・ESGアドバイザリーの概要や戦略等を説明した上で、サステナビリティ・ESG関連の求人ポジションをご紹介致します。

【PART1】サステナビリティ・ESG領域の動向/コンサルティング会社のポジショニング

– サステナビリティ・ESG領域の動向
– コンサルティング会社のポジショニング

サステナビリティ・ESG領域の動向

GPIFによるPRI署名、ESG投資の実行等により、サステナビリティ・ESGが、社会貢献から経営課題に転換し、本領域でのコンサルティングビジネスが発展してきました。

企業のスタンス イベント
1996年:ISO14001(環境マネジメント規格)の発行
1997年12月:京都議定書署名
企業において、CSR部署の設置など
2005年5月:京都議定書発行
2006年4月:国連責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)が発足
※国際連合事務総長であるコフィー・アナンが金融業界に対して提唱
2015年9月:国際連合でのSDGs採択
2015年10月:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による国連責任投資原則(PRI)への署名
2018年には160兆のうち3.5兆をESG投資
2017年6月:G20の要請を受け、金融安定理事会(FSB)にて、TCFD(気候変動関連財務情報開示タスクフォース:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)を設置、最終報告を公表

コンサルティング会社のポジショニング

4大監査法人は、独占的領域の保証業務を含めて、一気通貫での企業のサステナビリティ・ESGに助言、実務支援に強みを持っています。

【PART2】4大監査法人のサステナビリティ・ESGアドバイザリーの概要および戦略

– 4大監査法人のサステナビリティ・ESGアドバイザリーの概要
– 4大監査法人のサステナビリティ・ESGアドバイザリーの戦略
– 4大監査法人の戦略比較

4大監査法人のサステナビリティ・ESGアドバイザリーの概要

Read moreサステナビリティ・ESGアドバイザリー 4大監査法人の競合比較と戦略