企業情報

アクセンチュア

概要

売上 432億USドル(グローバル・2019年8月時点)
設立 1995年12月
従業員数 約13,000人(2019年9月1日時点)
代表者 代表取締役社長 江川 昌史

アクセンチュアは、52か国、200都市以上に拠点を持つ、世界的なコンサルティングファーム。「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスを展開し、40を超す業界とあらゆる業務に対応している。

組織体系は、通信・メディア・ハイテク、金融サービス、公共サービス・医療健康、製造・流通、素材・エネルギーの5分野で構成され、各産業の専門やエキスパートが集結。各国の事例や知見を最大限に活かせるのが強みの一つである。

同社では、6つのコアバリューを社内で推進し、社員の行動指針としている。「スチュワードシップ」「ベスト・ピープル」「クライアント価値の創造」「ワン・グローバル・ネットワーク」「個人の尊重」「インテグリティ」がアクセンチュアのカルチャーの土台となり、社員への投資が惜しみなく行われる。

社内では、高い成果を上げれば若くしても昇進スピードが速いのが特徴。自由で活発な組織風土を持ち、卒業後は起業家として多くが活躍している。
また、ダイバーシティ活動や女性が働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでいるのが、大規模ファームであるアクセンチュアの魅力的な点。年齢や人種、性別や国籍に関係なく、互いを尊重し合う文化が形成されている。

presented by KOTORA

沿革・歴史

1953年

電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング業務を米国で開始。

1961年

アジア太平洋地域へ業務を拡大。

1962年

日本で業務を開始。

1989年

従来のビジネスであった税務・会計ビジネスからコンサルティング部門を分離独立。「経営と情報」のプロフェッショナルとして経営革新を推進する新会社(アクセンチュア株式会社の前身)を正式に設立。同時に東京事務所を開設。ビジネス・インテグレーションのコンセプトを確立。

1995年

日本において株式会社設立。

1996年

勝どきソリューション・デリバリーセンター設立。

1997年

ビジネス・インテグレーション・メソドロジーを発表。

2000年

アクセンチュアとマイクロソフトの共同出資によるマイクロソフト・プラットフォームに特化したテクノロジーコンサルティング&デリバリーの会社アバナードを設立。

2001年

アクセンチュアに社名変更。
日本法人をアクセンチュア株式会社に社名を統一。
アクセンチュア(グローバルグループ)、ニューヨーク証券取引所に上場。

2002年

アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社を設立。

2005年

アバナード日本法人を設立。

2012年

アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社および株式会社ソピアをアクセンチュアに統合。

presented by KOTORA

拠点(国内・海外)

国内

東京、神奈川、大阪、北海道、福島、熊本

海外

52カ国 200都市以上

presented by KOTORA

関連会社

  • 味の素デジタルビジネスパートナー株式会社
  • K4 Digital 株式会社
  • 株式会社ARISE analytics
  • アバナード株式会社
presented by KOTORA

トピックス

1.最新テクノロジーの活用に注力

アクセンチュアは戦略立案、実行、運用までを一貫して行うのが最大の強み。コンサルティングだけにとらわれず幅広い業務をワンストップで提供している。

同社は、AIやRPA、IAを中心とした最新テクノロジーへの投資に積極的。AI分野では、コンタクトセンターやバックオフィス、コンシェルジュ、またSCMにおいて企業の業務支援を推し進めている。

最近では、マドリード市の地下鉄におけるAI換気システムの開発支援、JALとの連携によるAI航空旅客サービスの開発などが良い例だ。 また、DX時代の基幹システムをゼロベースで構築し直したMAINRIの普及を促進している。デジタルトランスフォーメーションを推進する国際・国内金融機関に素早く、柔軟なビジネスを提供する。

経営コンサルティングの仕事はもちろん、AIや基幹システムをはじめとした最新テクノロジーを積極的に活用しているので、アクセンチュアの転職をご検討されている方にとって、学びを深められやすい環境だ。

2.ユニークで実践的な成長の機会を提供

アクセンチュアでは、人材の成長へ積極的に投資しており、91クラスに及ぶ「コネクテッドクラスルーム」、24,000以上の「オンライン・コース」、2,700以上の「ラーニング・ボード」を社員へ常時提供している。

「キャリアカウンセラー制度」では、一人一人のキャリア志望を聞いたりアドバイスしたりするなど、潜在能力を存分に発揮できる環境を整備。「共創(Co-creation)」「自分自身の進化」「多様性のある視点」といった観点を身に付けられるのが特徴だ。

アクセンチュアでは、次の機会につながる多様な学習・成長の機会が豊富に提供されている。転職をお考えの方にとって、流動性の高い現代社会で多才な能力を発揮し成長できる良いチャンスである。

3.数々の分野で賞を受賞

コンサルティング業務はもちろん、アクセンチュアは数々の分野での受賞実績が豊富。Campaign Asia-Pacific主催のAgency of the Year2019では金賞を5つ、銀賞を1つ受賞。他にも「Oracle Certification Award 2019」「2019年度グッドデザイン賞」「The Customer Experience Asia Excellence Award 2019」を受賞するなど、各分野においての高い実績が評価されている。

これからアクセンチュアで働きたい方にとって、高い実績やパフォーマンスを発揮する組織に身を置けるのは、非常に魅力的な環境と言える。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する