メニュー

企業情報

ベイカレントコンサルティング



概要

売上 243億円(2019年2月期)
設立 1998年3月25日
従業員数 1,669名(2019年4月時点)
代表者 代表取締役社長 阿部 義之

株式会社ベイカレント・コンサルティングは、政府や大手企業の課題を解決し、持続的な成長を支援する日本発の総合コンサルティングファーム。同社は、クライアントへ常にベストプラクティスを提示するだけでなく、戦略策定から企画・実行支援まで、一気通貫のサービスを提供できる。

株式会社ベイカレント・コンサルティングが提供するサービスは、「Strategy」「Digital」「Operations」「Technology」の4つ。 Strategyにおいては、主にM&A、新規事業立ち上げ、海外進出などの支援業務を行う。戦略の策定だけでなくその実行にまで踏み込むことで、クライアント企業の持続的な成長と根本的な組織力強化を目指す。 Digitalにおいては、主にデジタルマーケティングやビジネスモデル・オペレーションDXなどの支援業務を遂行。社内で有するデジタル・イノベーション・ラボを軸にして、クライアントがデジタルを適切に活用できるようアドバイザリーを行っている。 Operationsにおいては、主に調達コスト削減や業務効率化の支援を実施。現状分析や、各部門におけるオペレーション能力の向上、また持続的な組織力強化などの施策にかかわり、企業変革を目指す。 Technologyにおいては、ITに関わる各種課題解決を行うことで、最新テクノロジーを活用した競争力向上を支援する。

株式会社ベイカレント・コンサルティングは、多様な業界や領域で活躍してきた人材を有し、クライアント特有の企業文化や価値観を理解しながら、高付加価値のサービスを提供できるのが強みである。

presented by KOTORA


沿革・歴史

1998年

経営・業務とITに関するコンサルティング、システムインテグレーション及びアウトソーシングを事業目的とした、有限会社ピーシーワークスを設立。

2000年

有限会社ピーシーワークスが株式会社ピーシーワークスに組織変更。

2002年

本社を東京都新宿区に移転。

2006年

株式会社ピーシーワークスから株式会社ベイカレント・コンサルティングへと商号変更。

2014年

バイロン・ホールディングス株式会社を設立。
バイロン・ホールディングス株式会社が株式を全部取得して、旧株式会社ベイカレント・コンサルティングはバイロン・ホールディングス株式会社の完全子会社となる。
本社を東京都港区に移転。
バイロン・ホールディングス株式会社が旧株式会社ベイカレント・コンサルティングを吸収合併し、同日、株式会社ベイカレント・コンサルティングに商号変更。

2016年

東京証券取引所マザーズに株式上場。

presented by KOTORA


拠点(国内・海外)

国内

東京

海外

なし

presented by KOTORA

関連会社

なし
presented by KOTORA

トピックス

1. 多様な業界への支援実績

株式会社ベイカレント・コンサルティングは、金融、ハイテク・通信、メディア・エンタメ、製造・流通・小売、ヘルスケア、エネルギー、官公庁といった、さまざまな分野や領域においてプロジェクト支援の実績を有しているのが特徴。

ある損害保険会社においては、一般管理品の調達手法やサプライヤーの見直しを行い、調達コストの削減に成功。さらにそれが継続されるための仕組み作りを実行した。

また、あるカード会社においては、欧州地域やアジア地域において、Web API決済機能やQRコード決済基盤の導入を支援。競合他社の仕様も考慮しながら要件定義や品質管理を行い、サービス提供までの一連の流れをサポートした。 さらに、あるエンターテイメント企業においては、音楽出版業務の効率化を目的とした新しいシステムの開発をサポート。要件定義から開発までを担当し、出版情報の一元管理を実現させ、業務全体を最適化させた。

これまで蓄積してきた豊富なプロジェクト支援実績をもとに、転職者が多様な業界の案件と関われることは大きなメリットである。

2. 従業員の健康を重視

株式会社ベイカレント・コンサルティングでは、多様な人材が柔軟性のある働き方を実現させるために、「Declaration of Health」を掲げて環境を整備している。

同社では、健康管理にかかわる会議を毎月開催し、現状報告や課題共有、また施策の検討や実施を行っている。 また労働時間の減少に向けて、平均月間所定外労働時間を削減したり、36協定を遵守した労働管理を徹底したりするといった取り組みも行う。 雇用環境においては、女性従業員の育休取得率を75%、男性従業員の育休取得率を15%以上と、具体的な目標を定めてワークライフバランスの実現を目指す。 ほかにも健康診断受診率やストレスチェック受検率100%を目指すなど、従業員の健康に配慮した経営体制を構築している。

心身の健康に配慮しながら仕事を行うための環境整備がされていることで、転職者が安心して業務に取り組むことができる。

3.デジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進

株式会社ベイカレント・コンサルティングは、最近の企業の必須課題であるデジタル・トランスフォーメーション(DX)を積極的に支援している。

2019年には、Pegasystems Inc.の日本法人であるぺガジャパン株式会社とDXの分野でアライアンス契約を締結。同社のインダストリースペシャリストやBPRスペシャリスト、PegaスペシャリストがPegaソリューションを活用することで、クライアントのオペレーションを向上させられる。

転職者が最新テクノロジーに日常的に接することで、より世の中の動きに対して敏感になることができる。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する