メニュー

企業情報

バーチャレクス コンサルティング



概要

売上 約61億7700万円(2019年3月末時点)
設立 2017年10月
従業員数 572名(2019年9月30日現在) ※アルバイト・パート含む
代表者 取締役会長  丸山 栄樹
代表取締役社長  丸山 勇人
取締役  黒田 勝
取締役 常務執行役員  奥村祥太郎

バーチャレクス・コンサルティング株式会社は、コンサルティング、テクノロジー、アウトソーシングの3つのコアスキルをクライアントへ提供する会社。2017年にバーチャレクス・ホールディングス株式会社から事業の全部を継承し、新設分割し設立された。

同社の経営理念に『「生活者/消費者・企業・働く人が満足する在り方を創造すること」により、消費して満足、働いて満足という好循環の社会づくりに貢献します。』を掲げ、世の中を”真の成功”に導くための支援をする。

バーチャレクス・コンサルティング株式会社が提供するコンサルティングサービスにおいては、経営やCRMに対して支援を行う「ビジネスコンサルティング」、コンタクトセンターやBPR、アウトソーシングの支援を行う「オペレーションプロセスコンサルティング」、システム関係の支援を行う「システム&テクノロジーコンサルティング」といったサービスを提供。計画や知恵を出すだけでなく、クライアントの結果に対して直接に貢献できるのが特徴だ。

またテクノロジーサービスにおいては、CRMプロダクトの導入支援や業務システム開発、IT基盤の運用保守サービスなどを提供。 アウトソーシングサービスにおいては、コールセンターにおけるオペレーションサービスや運用監視、リサーチ/アセスメント、研修といった内容を展開している。コールセンターのような重要顧客接点の機動性を向上させ、運営や業務を最適化できるのが強みである。

クライアントとの緊密な関係を通じて、「コンサルティング」「アウトソーシング」「テクノロジー」を組み合わせた一気通貫のサービスを提供し、with youの信念で顧客を成功に導く。

presented by KOTORA


沿革・歴史

1999年

東京都中央区築地に設立。
BPS(築地)コールセンター開設。
一般労働者派遣事業許可(許可番号:般-13-010683) 本年は、証券会社、先進通信会社等コールセンター運営受託。

2000年

コールセンターにフォーカスしたITプラットフォームサービスを提供する「株式会社ビッツテージ」を設立。
株式会社ゼストと合併。

2001年

茅場町コールセンター開設。

2003年

東京都中央区日本橋茅場町に本社移転。

2005年

社団法人日本テレマーケティング協会加入(正会員)。
「プライバシーマーク」の認証を取得。
東京都港区六本木に本社移転。
有料職業紹介事業許可(許可番号:13-ユ-300647)。

2006年

新川コールセンター開設。

2007年

100%子会社として、ニューズライン・テクノロジー株式会社の株式取得、同12月に社名を「株式会社バージェント」と変更。

2008年

株式会社バーチャレクスと株式会社ビッツテージ合併、社名をバーチャレクス・コンサルティング株式会社に変更。
佐賀フュージョンサービス株式会社の株式取得、子会社化。「バーチャレクス九州株式会社」と改め、新たに九州拠点におけるコールセンター運営事業を展開。

2009年

バーチャレクス九州株式会社を存続会社とし、子会社であるバーチャレクス九州株式会社と株式会社バージェント合併。

2010年

シンプレクス社が当社株式を追加取得。

2011年

東京都港区虎ノ門に本社移転。

2016年

東京証券取引所マザーズ市場へ上場。

2017年

株式会社タイムインターメディアの株式取得、子会社化。
バーチャレクス・ホールディングス株式会社から事業の全部を継承し、新設分割により当社設立。

2018年

子会社であるVirtualex (Thailand) Co., Ltd.が営業を開始。

presented by KOTORA


拠点(国内・海外)

国内

東京・大阪

海外

タイ

presented by KOTORA

関連会社

  • バーチャレクス九州株式会社
  • Virtualex (Thailand) Co., Ltd.
  • 株式会社タイムインターメディア
  • VXアクト株式会社
presented by KOTORA

トピックス

1.最新テクノロジーの活用に注力

1.新しいサービスを続々と開発

バーチャレクス・コンサルティング株式会社は、常にユーザーへ最適な提案や支援を行えるように、新しいサービスを自社開発しているのが特徴だ。

2019年には、AIによる業務自動化ソリューション「Zidopla(ジドプラ)」「読み取るくん」「グラバーくん」の3種類をサブスクリプション型で開発・提供。Zidopla(ジドプラ)では、RPAライセンスの提供や開発、保守などを通じて、コールセンターをはじめとした業務自動化を支援する。読み取るくんでは、手書き帳票の自動データ化を可能にした。またグラバーくんでは、インフルエンサーマーケティングのデータ取得の自動化を支援する。

2018年には、モビルス株式会社と共同でRPAチャットボットソリューションの開発に成功。チャットボットでユーザーの質問を受け付け、RPAで内容を確認・処理し、チャットボットで処理結果を返すという一連の動作を可能にした。

2.さまざまな企業との連携を実施

バーチャレクス・コンサルティング株式会社は、同社の経営理念やビジョンを実現させるために、多くの企業と協業や提携を実施する。 2019年には、アイティクラウド株式会社とカスタマーサクセス領域で連携していくことを発表。バーチャレクス・コンサルティング株式会社が有するカスタマーサクセスの知見と、アイティクラウド株式会社のIT製品のユーザーレビューを収集してきた経験を活かし、日本国内でカスタマーサクセスの概念が正しく理解され、導入・運営できるような取り組みを推進する。

また2018年には、ジェネシス・ジャパン株式会社と テクノロジーパートナー契約を締結など、他社とのコラボレーションを通じて、日本社会を変革するよう積極的に働きかけている。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する