証券アナリストの資格は転職時に役立つ?活かせる仕事も合わせて解説

証券アナリストの資格は転職時に役立つ?活かせる仕事も合わせて解説
7 - 証券アナリストの資格は転職時に役立つ?活かせる仕事も合わせて解説

金融業界に転職する際、需要がある資格のひとつが証券アナリストです。ただし、一部では証券アナリストの資格は意味がないと呟かれているのも事実です。
この記事では、証券アナリストの資格は転職時に役立つのか、活かせる仕事とともに合わせて解説します。

証券アナリストの資格は転職時に役立つ?

証券アナリストとは、投資に関するアドバイスや投資管理サービスを扱うための資格です。

専門性が高い資格ではあるものの、国家資格ではなく民間資格となります。

証券アナリストの資格を保有していれば、金融業界に関する知識があることをアピールできるため、転職時に役立つ資格といえます。

証券アナリストが意味ないと言われる理由

証券アナリストは取得しても意味がないと言われる場合もあります。

それは、独占業務がないものの、受験費用が高い点が大きな理由となります。

日本証券アナリスト協会の運営している証券アナリストは国家資格ではなく、弁護士や建築士のような資格保有者の独占業務がありません。

資格を取得するには受講が必要となり、試験を合わせると15万円ほどの金額がかかります。

資格を保有していても他者との差別化がしにくい点から、意味がないと言われているのです。

証券アナリストの資格が活かせる仕事

証券アナリストの資格は下記のような仕事に活かせます。

・証券会社

・銀行

・保険会社

・コンサルティング会社

証券アナリストは金融業界に強い資格で、顧客の要望に合わせた金融商品の提案などができると転職時に有利となります。

投資関連の金融商品を顧客に提案する際、幅広い金融の知識があれば信頼を得られると同時に契約してもらいやすくなります。

金融の知識を生かしたコンサルティング業務も可能ですので、証券アナリストは転職する際に取得しても意味がある資格と言えるでしょう。

証券アナリストの資格を転職時に活かすには仕事選びが大切

証券アナリストの資格は、証券会社や銀行、保険会社といった金融商品を取り扱う業種へ転職する際に役立ちます。

資格試験の合格率は約50%前後と決して低い水準ではありませんので、金融業界へ転職を検討している方は、資格取得も視野に入れてみても良いでしょう。

コトラでは、金融業界へのハイクラス転職をサポートできる求人やコンサルティングを実施しています。

転職を検討している方は、ぜひコトラをご利用してみてください。

証券アナリストの最新求人情報

この記事を書いた人

KOTORA JOURNAL | 証券アナリストの資格は転職時に役立つ?活かせる仕事も合わせて解説

コトラ(広報チーム)