NEC ビジネスモデル変革の推進を担う共通基盤「デジタルプラットフォーム」とは?

NEC DXオファリング・プラットフォーム
企画本部
特集インタビュー

JAPAN TECH最大手である日本電気株式会社(以下NEC)。NECはお客様のDX化を推進するため社外や社内からコンサルタントを募り、「DX戦略コンサルティング事業部」を新設しました。

今回はDXオファリング・プラットフォーム 戦略本部の井上様・松本様にNECの魅力や組織風土、求める人材像などを伺ってきました。

ゲスト

井上 康博 様

2014年からデータ活用事業に関わり、データドリブン経営の実現に向けたデータ活用基盤を提供する事業に従事し、製品立上げ、インド拠点立上げなどに従事。
現在は、NECの生体認証やAIなどのアセットを活用し、お客様のDXを推進するための組織横断の共通プラットフォームの企画・開発・活用の推進を行っている。

松本 好広 様

日系コンサルティングファームで大規模プロジェクトのPM、サービス開発、組織改革コンサルなどの経験。前職の大手事務機器メーカーでは、高難度プロジェクトのPMと社内PMOを兼務。
現在NECでは、DXオファリングプラットフォーム戦略本部に所属し、お客様のDXを実現する基盤となる、
生体認証やAIなどの強み技術を集約したNECデジタルプラットフォームの推進を担当している。

インタビュアー

奈良 慎太郎

[ 経歴 ]
青山学院大学在学中、米国・東南アジアへ留学。卒業後、米国外資系コンサルティング会社へ入社。基幹システム導入・業務改善・社内リクルーティングプロジェクト等幅広く従事。

[ 担当業界 ]
戦略コンサルティングファーム、M&Aコンサルティングファーム、ITコンサルティングファーム、ファンド投資先若手ポジション、その他外資系企業

ゲストの経歴紹介

奈良:
本日はインタビューのお時間を頂きありがとうございます。まずはじめに自己紹介をお願いいたします。

井上様:
私は新卒からNECに勤めておりまして、データ活用基盤を提供する事業の立ち上げや、インドでのデリバリー開発拠点の立ち上げを行っておりました。今年の4月にDXオファリング・プラットフォーム 戦略本部が新設され、現在はお客様のDXを推進するために、NECのサービスの共通基盤を企画・開発して全社に浸透させていく業務に従事しております。

奈良:
井上様ありがとうございます。松本様お願いいたします。

松本様:
私はプログラマーとしてキャリアをスタートしました。その後、コンサルティングファームに転職し、大企業向けプロジェクトのPMとしてキャリアを積み、組織改革コンサルタントも経験してきました。他には、事務機器メーカーで社内部門の横断的なPMOの責任者をやりつつ、お客様のソリューションをデリバリーする高難易度PMというものをやっておりました。そして、より大規模なお客様の事業改革に携わることがしたいと思い、今年の6月にNECに入社しました。

DXオファリング・プラットフォーム 戦略本部

奈良:
DXオファリング・プラットフォーム 戦略本部の組織概要を教えてください。

井上様:
現在NECではお客様に対してコンサルの段階から入り、上流から組織全体をDX化していくことに取り組んでいます。上流のコンサルから実際のソリューション提供まで一気通貫で行いながら、事業拡大していくのが基本的なNECのDX戦略となっています。

松本様:
我々のチームは、お客様に価値提供を行う「オファリング」を支える共通基盤「デジタルプラットフォーム」を企画運用することがミッションです。また、同じ本部内にはマーケティングの役割を担い、我々の活動を社内外に発信するチームもあります。

オファリングとは、NECが持つ価値や経験・技術をよりお客様に価値をもたらすことができる形に集約し、上流のコンサルから実際のソリューション提供までをワンストップで提供する、一種のパッケージのようなものです。

奈良:
共通基盤「デジタルプラットフォーム*」がオファリングを支えているとのことですが、 「デジタルプラットフォーム」 について詳細をお伺いできればと思います。

*NEC Digital Platform

井上様:
デジタルプラットフォームとは、オファリングのベースとなる製品・サービス、ノウハウや、AI・IoTなどの各技術をオファリングで活用できるように整理したものです。また、オファリングはお客様に提供するサービスですので、監視や問題管理、課金などの運営・運用の仕組み、セキュリティの仕組み、開発支援の仕組みも取りまとめています。

奈良:
基本的にはクラウドのアーキテクチャをやるチームということでしょうか

井上様:
全体では25名弱のチームですが、75%ぐらいがエンジニアです。現在、この共通基盤自体をどう定義し、どういう仕組みを作ると活用しやすいのか、効果を最大化できるのか、オファリングとどう連携していくのか。など、定まっていない領域で事業成果最大化に向け試行錯誤できる企画・事業開発系の人材が不足している状態です。今回は、そのような人材を採用していきたいと思っています。

奈良:
現在のチーム人数が25人ほどとのことでしたが、今はこの全員が同じ目的に向かっているというイメージですか?

井上様:
そうですね。我々の目的は、グローバル共通のプラットフォームを定義して、整備し、その活用を促進することで、事業拡大の加速とコストダウンを両立させることです。共通の大きなミッションのもと連携して取り組んでいますが、それに向けた具体的なグランドデザインを考え、より効果的な連携をすすめることが大切と考えています。

奈良:
入社後に担当する業務内容をお聞きしたいです。

井上様:
今想定しているポジションでは、関連部門とコミュニケーションしながら、組織横断的に方向性をまとめ、事業をどのように進めていくのかという戦略立案・計画策定を行い、仕組みを作り、定着化させていく、業務が中心になると思います。

松本様:
デジタルプラットフォームには、オファリングメニューの中身そのものを作る方と、オファリングメニューを作ったあとにどのようにビジネス的に成り立たせるのかを考える方の2つのポジションがあります。今回募集するのは後者で、どうやってビジネスとして成り立たせるのかを見据えて、関連する事業部を巻き込みながら事業を推進するポジションとなっています。

これまでのNECは縦割り意識が強く、それぞれの事業部別が、それぞれにサービスの開発を行っていたので重複するサービス・プロダクトが作り出されるケースが多々ありました。我々のチームは、各事業部が持っている技術・サービスを一つに集めて、よりお客様にとって付加価値のあるオファリングという形で使えるように共通基盤を企画運用しています。NECは、階層構造となっているIT業界のビジネスモデルを変革し、SaaS型を用いてサービスをワントップで提供できる組織を目指しています。

奈良:
顧客価値を提供するオファリングメニュー、その形成の一部をDXオファリング・プラットフォーム 企画本部が担っているということでしょうか。

井上様:
そのとおりです。必要な技術や機能などを組み合わせられるように整備し、オファリング化を促進する。さらに、機能だけでなくコンサルや運用保守、上流から下流までをパッケージ化して事業展開できるようにすることが狙いです。

採用要件について

奈良:
今回求めている人材像を教えてください。

松本様:
年齢でいうと、20代後半から40代前半くらいの方になります。コンサルティングファームの役職でいうとマネージャーかシニアマネージャーくらいを想定しております。

テクノロジーや技術力に強みがある方と言うよりは、事業部と横連携しながら枠組みを更に拡大していくために戦略を練り、計画をたて周りを巻き込み推進できるかが今回の募集要件になります。

井上様:
新しい仕組みが非常によく設計されていても、それだけでは実務に定着させることは難しいです。それをベースとしながらも、各部門の現状を見据えながらコミュニケーションをとり、緩急をつけ、狙いやメリットを感じてもらいながらすすめていくことが重要になると思います。

奈良:
こちらのチームは、オファリングを支える共通基盤整備とその活用促進を計画、管理することが求められるという点で、特定の技術に精通しているわけでなくとも、きちんとマネージャーとして活躍されている方であれば採用対象となるのでしょうか。

松本様:
そうですね。デリバリーの経験があってかつ、マネジメントの経験があるとフィットするかなと思います。技術的なところを全部タッチされたことがある方はなかなかいらっしゃらないと思いますが、ある程度一連の開発工程を理解しており、PMOとしてクライアントとの折衝経験がある方は非常にフィットすると思います。

奈良:
今回何名くらいの採用を考えていますでしょうか?

井上様:
2名程度を考えています。1人は即戦力としてITコンサルの出身者等で、もう1人は若くて今後活躍するうえでの必要な要素を伸ばしていけるようなポテンシャルを持った人材です。

奈良:
採用ターゲットはコンサルファーム等ベンダーサイド出身者で検討されているということでしょうか。

井上様:
事業会社や銀行等金融機関の中でも、色んな部門を巻き込みながら新システム運営の取りまとめをしている等、タスクフォース的な役割をしている方も採用の対象になると思います。

奈良:
コンサルティングファームなどから御社に移られると中間的な立場で仕事ができることも魅力だと思いますが、コンサルサイドからNECに移ってきて感じることはありますか?

松本様:
経営視点はかなり養われるチャンスがあると感じています。プロジェクト型でお客様にデリバリーをすると、自分のプロジェクトの採算性や品質だけにフォーカスしてしまうことが多いのですが、我々の仕事はNEC全体含め、企業変革に対する取り組みの一つです。一つのプロジェクト単位で会社を見るのではなく、事業自体を変革する業務に携わることができるので、経営視点が養われるのは魅力だと思います。

また、最終的には自分たちがつくったデジタルプラットフォームで、お客様に価値提供できるチャンスが出てくると思います。視野を広げて、今まで以上にクライアントに対して価値提供を行いたい、というキャリアをイメージされている方はフィット感が強いと思います。

応募者の方へのメッセージ

奈良:
最後に応募者の方へメッセージをお願いします。

松本様:
NECは様々な技術を持っていますし、様々な企業様をお客様に持っています。私の前職である外資系のコンサル会社や外資系のクラウドサービス会社と比べると、これだけ機会がある会社は他にあまりないと思っています。上流から下流までフルセットでお客様に提供できる会社はほとんどないと思いますし、それを1つのブランドの中に収めて、IT業界の変革に携わるチャンスがあるというのは非常に魅力的だと思います。変革を成し遂げたいと意志を持って動ける方に、ぜひジョインしていただきたいと思っています。

井上様:
我々は、NECが変革して次の時代にいこうとしている中で、コア戦略の一つになる部分を担っています。つまり、我々の事業が成功すること自体が、NECの成長につながるということです。やりがいが大きい分、もちろん難しいこともありますが、一緒にチャレンジして変革をしていこうと考えられる方からのご応募お待ちしております。

奈良:
井上様、松本様、本日は長時間に渡りありがとうございました。

NEC様にご興味がある方へ

今回特集しました「NEC DXオファリング・プラットフォーム企画本部 」の求人をご紹介いたします。
ご興味がある方は下記ボタンよりご応募ください。

■求人:
日系大手電機・通信機器メーカーにおけるDigital Platform ビジネス推進(全社横断)
■年収イメージ:
主任:
680万円~800万円程度
エキスパート:
900万円~1100万円程度
■必要スキル:
【必須要件】
・経験:
業務課題や事業課題を解決する部門横断のタスクフォース等で企画、計画、実行をリーディングした経験(外部からコンサルティングした経験でも可)
・スキル:
課題設定力、情報収集と分析力、多様な立場や役割の人とのコミュニケーション力、創造力、目的達成への強い意志
【歓迎要件】
・経験:
業務プロセスを設計し、その定着化を推進した経験
・スキル:
AWS,Azureの各種サービスに関するスキルセット
・人物:
目的達成思考が強く、わからないことにも積極的にチャレンジする方

コトラではコンサル・業界全般の動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。 最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。