PEファンドへの転職、自身の希望に拘って日系バイアウト投資ファンドへ

コトラの担当者様と初めてお会いしてから5年が経ち、ようやく実を結びました。

私の希望は、現職同様にPEファンドへの転職でしたが、当初からその希望に拘っておりました。

他のエージェントだと希望ではない職種を推されたりしましたが、コトラの担当者様には根気強くお付き合いいただいて、また何度も希望職の情報を教えてもらい、感謝しております。

 

5年間の経験を踏まえてですが、PEファンドは資金調達前後で募集を始めることが多く、またファンドが資金調達をしやすい年というのがあって、募集が出る時期に偏りがあり、常に募集があるわけではありません。

更に選考自体シビアであるため、PEファンドへの転職はある程度中長期になることを覚悟し、募集情報を集めておく必要があると思います。情報という点でも、コトラは随一だと感じました。

 

また、面接に当たっては、当たり前のことですが、ファンドの情報をしっかり掴んでおくというのが重要かと思います。ファンド理念、役員情報(出身大学や保有資格も)、株主情報、沿革、投資先の企業概要・投資した年等。

後は相性だと思います。ファンドは少人数でやっているところが多いため、特に相性や人柄を重視しているように感じます。

 

今回、年収も大きく上がり、最良の結果となりました。コトラの担当者様には本当に感謝しております。

転職先で骨をうずめる覚悟でいますが、また何かあれば頼りにさせていただければと思います。

ありがとうございました。