メニュー

企業情報

KPMGコンサルティング



概要

売上 289.6億米ドル(グローバル・2018年度)
設立 2014年4月1日
従業員数 1,092名(2020年1月1日現在)
代表者 代表取締役社長 兼 CEO 宮原 正弘

KPMGコンサルティング株式会社は、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジートランスフォーメーション、リスク&コンプライアンスの3分野の事業を柱として展開する総合コンサルティングファーム。2014年に設立され、社会的に価値の高いエクセレントカンパニーを目指す会社のサポートを行っている。

ビジネストランスフォーメーションのフィールドにおいては、刻一刻と変化する社会情勢に対し、クライアントの事業戦略の立案からプロセス構築・改善まで一貫したサービスの提供を行う。
テクノロジートランスフォーメーションのフィールドでは、AIやビッグデータをはじめとした最先端技術を活用して、新たなビジネスモデルの創造に注力する。
リスク&コンプライアンスのフィールドでは、BCPやサイバー攻撃への対策など、グローバルビジネスで想定されるリスクマネジメントのサービスを提供している。

KPMGコンサルティング株式会社が特に強みとしているのは、リスクコンサルティングの分野。目先のチャンスだけにとらわれず、現地への適応能力や多様な言語・経験を有する人材が集結し、商習慣の違いを理解しながらソリューションを提供できる。

KPMGでは、「社会に信頼を、変革に力を - Inspire Confidence, Empower Change.」を理念として掲げ、実現させるために「The Clear Choice ? 選ばれ続ける存在であること」のビジョンを立てクライアントの業務改善を行う。

presented by KOTORA


沿革・歴史

1949年

PMM(ピート・マーウィック・ミッチェル)日本事務所を設置、監査業務を開始。

1954年

PMM日本事務所に国際税務部門を開設。

1987年

PMMとKMG(クラインフェルト・メイン・ゲーデラー)とが、国際的な合併をし、KPMGとなる。

2014年

KPMGコンサルティング設立。

presented by KOTORA


拠点(国内・海外)

国内

東京、大阪、名古屋

海外

153か国

presented by KOTORA

関連会社

  • 有限責任 あずさ監査法人
  • KPMG税理士法人
  • 株式会社 KPMG FAS
  • KPMGあずさサステナビリティ株式会社
  • KPMGヘルスケアジャパン株式会社
  • KPMG社会保険労務士法人
  • 株式会社KPMG Ignition Tokyo
presented by KOTORA

トピックス

1.さまざまな団体との連携を実施

KPMGコンサルティングは、教育やスポーツなど幅広い団体との連携を実施しているのが特徴だ。最近では、J1のプロサッカークラブ「湘南ベルマーレ」とオフィシャルパートナー契約を締結し、「デジタルイノベーションパートナー」に就任。デジタルトランスフォーメーション戦略の策定や最新テクノロジーを活用し、業務改革を行っている。

また、慶應義塾大学FinTEKセンターと連携を行い、フィンテック導入に関する実態調査の結果を報告したり、AIを活用して早稲田大学の支払業務の生産性向上を支援したりするなど、教育分野との連携も積極的だ。早稲田大学の事例では、既存のRPAに対して、AIによる勘定科目類推機能を追加する支援を実施するなど、学校法人や教育機関におけるデジタル活用を後押ししている。

一般企業のみならず、さまざまな団体と連携できることは、転職者の経験の幅を広げられるチャンスである。

2.実践的なCSR活動の実施

KPMGジャパンのCSRでは「私たちは、企業市民として社会の一員であることを自覚し、プロフェッショナルとしての責任を果たすとともに、私たちを支えている社会および環境をより豊かなものとするために、誠実に行動します」のミッションを掲げ、積極的にCSR活動を推進している。

KPMGコンサルティングにおいては、大学1・2年生を対象としてテクノロジー体験やワークショップを行う「キャリア大学」の開催や、寄付講座の開講などが挙げられる。寄付講座の開講においては、慶應義塾大学のSFCにおいてeSports論を学べる講座を開催。

ほかにも社会問題や環境問題のCSRに積極的に取り組むなど、社会との深い関わりを持てるのが魅力である。

3.全社でのダイバーシティ活動の実施

KPMGジャパンでは「高品質なサービスの提供をもってクライアント・社会に貢献する」という共通目標に向かい、多様な個性を持つ個々人が違いを認め合い、高いパフォーマンスを発揮することを目指している。
具体的には、ダイバーシティーマネジメント研修を実施したり、「KPMG Japan Diversity Fair」を開催したりといった取り組みを行う。

KPMGコンサルティングにおいては、女性活躍推進の優良企業に与えられる「えるぼし」の3つ星を取得。インクルーシブな組織の醸成に向けた研修や、性差にかかわりない採用活動を展開する。また、「女性活躍推進法に基づく行動計画」を策定し、女性従業員へのキャリア教育や管理職に向けたダイバーシティ研修、復職支援制度導入に向けた取り組みなどを進める。
環境活動のCSRにおいては、国内やクライアントのCO2排出量削減を支援する活動を行っている。日本国内の環境データを取得し、実体に即した削減努力を行う。

女性や環境といったグローバルで意識されるテーマと向き合えることは、転職者の視野を広げられる良い機会である。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する