メニュー

企業情報

三菱UFJリサーチ&コンサルティング



概要

売上 170億円超
設立 1985年10月
従業員数 約910名
代表者 代表取締役社長 村林 聡

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクとして、コンサルティング、グローバル経営サポート、マクロ経済調査、政策研究・提言、人材育成といった幅広いサービスを提供する会社。同社では、「先駆的な知的価値の創造を通じてお客さまの繁栄と社会の発展に貢献する」を命題に掲げ、社会の知的資源を活用しながら顧客の課題を解決するためのソリューション展開している。「Humanismに立脚し、RomanticismとRealismの両立を目指す。」の企業理念を社内へ提示し、人との関わりや信頼を基盤として、理想と実現性を両立させた知的創造の実現を目指す。

「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」という三菱UFJフィナンシャル・グループの使命を果たすために、社内のプロフェッショナルが集結し、未来に向けた価値創造を行っている。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社では、経営情報サービス、コンサルティング、政策研究、経済調査、人材開発の5つの事業領域を展開。業務はコンサルタント・研究員のどちらにおいてもプロジェクトタイプの仕事が中心である。 コンサルティング業務においては、顧客の38%が大企業、33%が中堅企業、27%が中小企業と幅広い顧客を対象にしているのが特徴。経営戦略やIT戦略、グローバル展開といったさまざまなプロジェクトにおける社長や経営層の人とやり取りを行う。顧客から与えられた課題や予算、期限の中で問題を解決し、個人の成長を図ることができる。

研究員においては、主に国や地方自治体と関わりをもち、政策立案や公的事業主体の経営改善等の事業を行う。利益を追求するだけでなく、社会への貢献意義が大きい公共性の高い仕事を担えるのが魅力だ。

presented by KOTORA
三菱UFJリサーチ&コンサルティングの求人を見る 

沿革・歴史

1979年

株式会社東銀リサーチインターナショナル設立(2000年1月に 株式会社東京リサーチインターナショナル に社名変更)。
株式会社セントラル経営センター設立(1988年10月に 株式会社東海総合研究所 に社名変更)。

1980年

ダイヤモンドセミナー株式会社設立(1985年6月に ダイヤモンドビジネスコンサルティング株式会社 に社名変更)。

1985年

株式会社三和総合研究所設立。

2002年

株式会社三和総合研究所と株式会社東海総合研究所が合併して、社名を 株式会社UFJ総合研究所 に変更。

2006年

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 が発足(株式会社UFJ総合研究所、ダイヤモンドビジネスコンサルティング株式会社、株式会社東京リサーチインターナショナルの三社が合併)。

2011年

本社を移転(東京都港区虎ノ門 オランダヒルズ森タワー)。

2012年

大阪事業所を移転(大阪市北区梅田 ハービスOSAKA)。

2013年

名古屋事業所を移転(名古屋市東区葵 マザックアートプラザ)。

presented by KOTORA


拠点(国内・海外)

国内

東京、名古屋、大阪

海外

インドネシア、タイ、ベトナム

presented by KOTORA

関連会社

  • PT. MU Research and Consulting Indonesia
  • MU Research and Consulting (Thailand) Co., Ltd.
presented by KOTORA

トピックス

1.世界の大規模企業・機関と覚書を締結

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、日本を代表する組織として、さまざまな企業や機関と連携を行っているのが特筆すべき点である。

2019年にはフィンランドの政府機関Business Finlandと、両国の知見を活かし新しい機会を創出するため、協力体制構築のための覚書を締結。フィンランドがこれまで築いてきたスタートアップエコノミーに関する知見と、日本がこれまで築いてきたスマートシティやデジタル・ガバメントの実績を共有し、双方のビジネスチャンスを作り出していく。

また同年には、タイの現地法人であるMU Research and Consulting (Thailand) Co., Ltd.(MURC)と、ミャンマー最大規模を誇るコンサルティング会社Myanmar Survey Research Co., Ltd.(MSR)が顧客紹介や人脈、ノウハウ共有を目的とした覚書を締結した。MURCのもつコンサルティングスキルと、MSRのもつ現地財閥系企業とのネットワークを活用することにより、更なる事業の拡大を目指す。

さらに2020年には、イギリスの世界的な政策研究所Centre for Universal Health, Chatham Houseと、持続可能な開発目標、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの調査・研究、政策提言の分野で協力体制を築くことを目的とした覚書を締結。グローバルヘルス分野の議論を発展させるため、ステークホルダーとの関係構築や政策提言を推進させていく。

2.個々人が働きやすい環境作り

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社では、従業員が快適に過ごせるようにさまざまな制度や環境を用意しているのが特徴。

福利厚生においては、財形貯蓄・利子補給制度、在宅保育(ベビーシッター)サービス補助、慶弔・見舞金といった制度を存分に活用できる。また幅広い働き方を実現させるために、裁量労働制や在宅勤務、短時間勤務制度が用意されている。 社内では知的交流イベントや社内学会、クラブ活動など、数多くの交流会に参加することが可能。多様な知と触れ合うことで、自己成長を目指すことができる。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社では、女性の働きやすさを評価する「えるぼし」「くるみん」を取得したり、「ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれたりするなど、女性や多様なバックグランドをもった人が働きやすいのが魅力。転職者がワークライフバランスを実現しやすいのが嬉しいポイントだ。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する