組織・人事コンサルタントの仕事内容・必要スキル・年収とは

組織・人事コンサルタント

組織・人事コンサルタントは、クライアントの組織や人事に関連するあらゆる領域に対してコンサルティングをおこないます。組織・人事に関わる様々な分野が対象となります。 具体的には、下記のような内容になります。 ・採用人事戦略、人材育成、人事評価制度 ・組織の現状診断、組織構造の変革 ・グローバル人事マネジメント ・次世代の経営者や幹部の育成 組織・人事コンサルタントは、クライアントの経営戦略の根幹に関わり多くの機密事項を取り扱う為、良識やモラル、コンプライアンスへの意識の高さが重要視されます。また、近年は積極的にグローバル進出を行う企業も多く、多様性への理解や英語を中心とした他言語でのコミュニケーションなども重要となってきています。 それでは、組織・人事コンサルタントとして活躍する人は、どのようなキャリア・経験を持っているのでしょうか? 具体的には、以下のような経験を持つ人が「組織・人事コンサルタント」に転職しています。

・事業会社での人事業務経験者 ※特に人事制度の検討・立案経験 ・IT企業でのBPRにおけるHR(Human Resource)系システムの導入経験者 ・人材育成の講師経験者

未経験者の場合、論理的思考・課題解決力・コミュニケーション力などの必要な能力が充分にあり、OJT通じて専門知識を取得することでスキルアップが図ることにより、活躍することが可能です。 本記事では、組織・人事コンサルタントの仕事や役割、必要なスキルについて解説し、転職活動に役立つ情報をお伝えいたします。 ※組織・人事コンサルタントへの転職希望の方は、ぜひお読みください。

転職支援サービスに登録する

組織・人事コンサルタントの仕事内容

組織・人事コンサルタントの仕事は、クライアント企業の採用・人事戦略の策定や人材育成カリキュラムの構築、組織・人事評価制度の刷新などを通じて、組織・人事面での経営課題を解決することが仕事になります。 採用・人事や人材育成、組織構造などの人的資源に関する戦略は、クライアントの経営にとって最重要事案となります。その為、単純な「コスト削減」よりも優先度の高い目標が設定されるケースが多く見受けられます。具体的な例として、「離職率の低減」や「スペシャリストの育成制度」などが挙げられます。 特に働き方が多様化している昨今、グローバル人材の増加傾向により、きめ細やかな人事評価制度が求められる傾向にあります。そのような場合、クライアントにとって最適な戦略を、多くの他社事例を踏まえた上で提案し、クライアント共に試行錯誤を繰り返す根気と体力が必要となります。人事・組織に関わる戦略は、クライアントにとって最重要機密事項となる為、コンプライアンスや守秘義務の徹底姿勢も重要となります。

組織・人事コンサルタントとしてのキャリア

組織・人事コンサルタントは、担当クライアントの業界や規模により類似したクライアントからの引き合いが多くなる傾向があります。グローバル企業特化や中小企業特化など自らの強みとなるフィールドで活躍する方も多くいます。また、採用戦略・組織構築・人事制度設計・人材育成カリキュラムなど、自らの得意分野にフォーカスして深掘りする事により専門性を高め活躍することも可能です。自らのベースとなる分野などを強みとして、業界や企業規模の範囲を広げていくことでより多くの企業からの引き合いが増えていくでしょう。 人事制度や組織は、様々な要因により常にある程度の変化を求められます。その為、一度担当したクライアントにて新たなプロジェクトが発生することがあります。その際にリピート受注ができるコンサルタントになることは、自身のやりがいとなると同時に、過去の仕事に対して高い評価を得ている証拠となるでしょう。

組織・人事コンサルタントに必要なスキル・資格

組織・人事コンサルタントに必要なスキルとして、他のコンサルタント職と同様に、現状分析力・課題解決力・論理的思考力・コミュニケーション力は必須となります。 特にクライアントの様々なレイヤーの方と円滑な人間関係を築く為のコミュニケーション力は重要です。人事制度や組織構造の変革には、多くの場合抵抗勢力が存在することになるでしょう。抵抗勢力に対して確実な理解を得るためにも、論理的思考力やコミュニケーション力は必須となります。また、クライアントの個別事情を充分に理解し、最適な案を立案・提示し、完遂するプロジェクト推進力やマネジメント力も問われるでしょう。クライアントによって正解となる打ち手は異なる為、時には過去の経験のみではカバーできない事もあり得る為、常に情報収集とスキルのブラッシュアップを行うことが大切です。 一方、組織・人事コンサルタントに必須となる資格は、特段ありません。

・オススメ記事:コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

組織・人事コンサルタントの年収・給与

組織・人事コンサルタントの年収は、所属するコンサルティングファームに準ずる場合が多くあります。 大手ファームに入社後、リーダーの元で働く約3年程度までは年収500万円~700万円前後となり、5年目以降で1,000万円前後となることが多いでしょう。 プロジェクトリーダークラスになると、年収1,500万円前後となるでしょう。さらにシニアマネージャークラスは、企業のプライムコンサルタントとして関与できる案件により、売上に貢献することが求められます。それを実現することにより、高い評価を得ると共に、更なる年収UPも可能となるでしょう。 中小企業に特化したコンサルティングファームの場合、上記の金額の8割程度が目安となるでしょう。 ファームの大小に関わらず、クライアントとの信頼関係を構築しリピート受注できるコンサルタントは、安定した実績を残すため高く評価されます。

組織・人事コンサルティングファーム

様々な特色を持った下記のようなファームがあります。 ■組織・人事制度の設計検討から実行に強い代表的なファーム ・リクルートマネジメントソリューションズ ・マーサージャパン ■代表的な総合系コンサルティングファーム ・アクセンチュア ・アビームコンサルティング ・デロイトトーマツ ・KPMGコンサルティング ■人材育成や研修カリキュラムなどの専門性高いコンサルティングファーム ・グロービズ ・コーチA ・アルー

・オススメ記事:コンサルティングファームとは?仕事内容と会社一覧

組織・人事コンサルタントへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

転職支援サービスに登録する

組織・人事コンサルタントの具体的なポジションを探す

オススメ記事の一覧

コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】コンサルティングファームとは?仕事内容と企業一覧【未経験者必見】

ハイクラス人材の転職ならコトラ

ハイクラス人材の転職ならコトラにお任せください。各業界出身者のコンサルタントがあなたの転職活動を支援します

この記事を書いた人

石井力

中央大学商学部卒、アビームコンサルティング戦略部門にて大規模BPR、組織・人事制度改革、RPA等の各種コンサルティングに従事。他2社のマネジメント経験を経て現職。

[ 担当業界 ]
コンサルティングファーム、ITコンサルティング(RPA含む)、人事マネジメント職・スペシャリスト