ITビジネスコンサルタントの仕事内容や必要な学歴

ITビジネスコンサルタントの仕事内容や必要な学歴

・本記事は以下の内容を翻訳・引用しています。
IT Consultant: Job Description, Salary & Careers

ここでは、ITビジネスコンサルタントになるために必要な準備や学歴について説明します。また、学位プログラムや職務内容、必須となるスキルなどの詳細についてもチェックし、自分のキャリア適性を確認してみましょう。
ITビジネスコンサルタントの仕事は、企業や組織のデータシステムやコミュニケーションシステム、あるいはソフトウェアシステムに関してソリューションやアドバイスの提供をすることです。通常の場合、プロとして働くには、関連分野における大学の学位を取得していることに加え、ビジネスやITマネジメントでの職務経験が必要とされています。また、近年の雇用拡大が業界全体の平均よりも急速に進んでいる業種でもあります。

基本情報

ITビジネスコンサルタントは、データネットワークやソフトウェアプラットフォームなど新しい技術ソリューションを必要とする企業や組織に対し、専門知識の提供や監督作業を行います。関連分野での大学の学位や数年の実務経験があるコンサルタントが採用されやすい傾向にあります。

必要な学歴 コンピュータ、情報技術(IT)、またはビジネスに関し大学の学位を有していること
その他の必要条件 関連業界で数年の実務経験を積んでいることが好まれる傾向あり
雇用拡大の見込み システムアナリスト(ITビジネスコンサルタント)の需要が21%増
平均収入(2015年度) システムアナリスト(ITビジネスコンサルタント)の平均年収は85,800米ドル(約980万円)

出典:アメリカ合衆国労働統計局(BLS)

ITビジネスコンサルタントの仕事内容

コミュニケーションやデータ、ソフトウェアにおけるシステムの開発や改善を必要としている企業や組織に対し、分析やアドバイス、ソリューションの提供を行います。また、従業員への研修を担当することもあります。仕事内容は業界または専門によって異なりますが、一般的には企業や組織で現在導入されているシステムのパフォーマンス・アセスメント、戦略計画、そして新システム・プロセスの導入などをサポートする役割を担います。

一般的な専門知識サポートをすることも多いものの、通常は特定のシステムまたは業界を専門とした形でのサポートをします。たとえば、技術専門の高級職員を雇う余裕のない中小企業のデータネットワーク導入をサポートしたり、必要に応じてメンテナンスやトラブルシューティングを行ったりしています。またはソフトウェアプラットフォームやヘルスケア設備など、特定の業界に特化した技術的ソリューション提供を専門とする場合もあります。

ITビジネスコンサルタントに求められる学歴

ITビジネスコンサルタントは、ITマネージャーやCIO(最高情報責任者など)情報システムマネジメントや重役の仕事が変化したものです。コンピュータサイエンスや情報技術、あるいはビジネス分野で大学の学位を取得しているコンサルタントが優先的に採用される傾向にあります。また、情報マネジメントやシステム分析、そしてコンピュータプログラミング言語といった講習の履修も必要です。さらに関連分野において修士号を取得していれば、コンサルタントとして採用される可能性はさらに高くなります。

さらに学位・修士号よりは必要とされるケースが低いものの、資格の取得や更新も強みとして使うことができます。企業・組織やクライアントに対して最新の技術開発やビジネス哲学の知識に精通していることをアピールできるからです。Cisco Systems(*1)のネットワーク・デザイン講座やOracle(*2)のJava開発者認定プログラムなど、技術ベンダーが開講している資格認定プログラムも活用できます。Institute of Management Consultants USA, Inc.(*3)の認定マネジメント・コンサルタント(CMC)の認定プログラムなど、ビジネスマネジメントやビジネスプロセス(*4)に関する資格も取得しておくと便利です。

収入および雇用見通し

アメリカ合衆国労働統計局(BLS)の2015年度の報告によると、ITビジネスコンサルタント(
別名「システムアナリスト」)の平均年収は85,800米ドル(約980万円)でした。また、システムアナリストの雇用は2014年から2024年にかけて21%と、他業種の平均と比べはるかに急スピードで上昇すると予想されています。

ITビジネスコンサルタントはマネジメントまたはテクノロジー分野での実戦経験が多く、また特定の技術分野に特化した働き方が可能です。プロとして働くためには民間ベンダーが開講しているプログラムを通じて資格取得をすることができますが、通常はそれに加えて大学の学位または大学院の修士号が必要とされます。平均収入については、2015年のITビジネスコンサルタント・システムアナリストの平均年収は約85,800米ドル(約980万円)というデータが出ています。

ITビジネスコンサルタントへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

ITビジネスコンサルタントの具体的なポジションを探す

オススメ記事の一覧

ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキル・年収とは
コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

コトラの転職支援サービス

「自分のニーズや希望を伝えて、コンサルタントに相談したい」
「ジョブマーケットの最新の動向、個別企業の状況を詳しく聞きたい」


コトラでは、転職を希望する皆さまに、 転職支援サービスをご提供しております。
応募から面接、入社までのプロセスを徹底的にお手伝いいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

コンサルカテゴリの最新記事