企業情報

アビームコンサルティング

概要

売上 858億円(2019年3月期時点)
設立 1981年(昭和56年)4月1日
従業員数 5,915名(2019年4月1日現在 連結)
代表者 代表取締役社長 岩澤 俊典

アビームコンサルティング株式会社は、1981年に設立された日本発のグローバルコンサルティングファーム。同社は創業35年以上の歴史を持ち、グローバル全体で5000名以上と数多くのコンサルタントを抱えている。

業務内容は、経営戦略の立案、業務コンサルティング、ITシステムの導入・運用といった一連のコンサルティングサービス。「お客様の現場を動かし変革へと導き最後までやり遂げる実現力」を強みとし、世界に散らばっているアライアンスパートナーの総合力で企業変革を実現する。また、幅広い業界の知識や経験、最新技術などを現場に定着させ、現地の商習慣に合った最適なソリューションを提供できるのが特徴である。

アビームコンサルティング株式会社は経営理念に「Real Partner」を掲げる。Real Partnerを構成する3つの要素であるReal People、Real Solutions、Real Resultsの3つが循環することで、クライアントを真の成功に導かせられるという。

また同社の経営理念を実現させるために、「クライアントを思う心」「卓越したプロフェッショナリズム」「多様な個人の尊重」「チームの力」「独自のグローバル観」の5つのコアバリューを基に、アジア発のグローバルコンサルティングファームとしてクライアントを全力で支援する。

presented by KOTORA

沿革・歴史

1981年

等松・トウシュロス コンサルティング株式会社を設立

1997年

社名をデロイト トーマツ コンサルティング株式会社に改称
グローバル組織であるデロイト コンサルティングに参加

2001年

デロイトシステムズ中部株式会社を設立(現 アビームシステムズ株式会社)

2003年

デロイト トゥシュ トーマツより脱退
アビームコンサルティング株式会社に社名を変更

2004年

NECと戦略的資本提携

2005年

上海にGDC(グローバル・ディベロップメント・センター)を設立

2006年

欧州拠点 / アジア拠点開設

2008年

中国・西安に2つ目のGDC(グローバル・ディベロップメント・センター)を設立

2009年

アウトソーシングの米国拠点を設立

2011年

ベリングポイント社(BearingPoint Holding B.V.)と業務提携
インドネシアオフィス開設

2012年

中国・大連に3つ目のGDC(グローバル・ディベロップメント・センター)を設立

2013年

ブラジルオフィス開設

2015年

グルッポ アッサ社(Grupo ASSA Corp.)と業務提携
オプティマム ソリューションズ社(Optimum Solutions Singapore Pte.  Ltd.)へ資本参加

2018年

ベトナムオフィス開設
シンガポール LightStream Analytics社を買収

presented by KOTORA

拠点(国内・海外)

国内

東京、大阪、名古屋、仙台、沖縄

海外

13か国・地域(2019年11月1日現在)

presented by KOTORA

関連会社

  • アビームシステムズ株式会社
  • 株式会社住商アビーム自動車総合研究所
presented by KOTORA

トピックス

1.デジタルトランスフォーメーションを積極的に推進

アビームコンサルティング株式会社は、テクノロジーが人々の生活を豊かにしていくという「デジタルトランスフォーメーション」を積極的に推し進めているのが特徴。

具体的には、スポーツ選手のパフォーマンス向上をリアルタイムに支援するデータ活用サービスが挙げられる。同サービスでは、データ収集・分析・改善提案までをリアルタイムで効率よく行い、SMSを活用してスポーツ選手へ即座に分析結果の通知を行う。特定の競技のみならずさまざまなスポーツ競技でデジタルの活用を推し進めている。

また同社は、AIを活用したプライシングソリューションの効果分析・導入・活用サポートのサービスも提供する。業務プロセス改革や統計解析、データマイニングといった豊富な知見を活用することにより、ビッグデータを分析して精度の高いプライシングを行っている。

特にIT系の知識を深めながらコンサルティングを行いたいと思っている転職者にとって、自身の専門性を深められるよい機会だといえる。

2.全社的なノウハウの活用

アビームコンサルティング株式会社は、これまでに蓄積してきた経験やノウハウを社員一人一人が活用していけるのが魅力。「ABeam Method」「ABeam Value Structure」「Industry Framework」「ABeam Template」の4つのユニークネスを中心にクライアントの価値向上を実現させる。

ABeam Methodは、国内外のプロジェクトで培ってきた経験に基づいて開発した7つの方法論を組み合わせ、付加価値の高いサービスを提供する。 ABeam Value Structureにおいては、クライアントの企業価値を継続的に向上させるために作成したツリー構造のフレームワーク。財務といった目に見える部分だけでなく、人材や組織、ナレッジといった見えない価値にも着目することによってより本質的な課題解決に結び付けられる。

Industry Frameworkでは業種別業務プロセスモデルを活用し、スピーディーにクライアントの業務を識別。ほかにも、業務プロセス、要件定義ドキュメント、実行環境で構成されるABeam Templateがあるなど、転職者が会社のノウハウを存分に活かすことのできる環境が整っているのがポイントである。

3.SAP製品の豊富な導入支援実績

アビームコンサルティング株式会社はSAP製品の積極的な導入支援を行っている特徴だ。

例えば、SAP社による「powered by SAP Leonardo」認定を国内第一号で取得したり「SAP APJ AWARD for Partner Excellence 2020」において、「SAP APJ AWARD for Partner Excellence 2020 for SAP S/4HANA」を受賞したりするなど、デジタルテクノロジーへの投資が高く評価されている。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する