金融、IT、コンサル、製造業、エグゼクティブの転職コトラ HOME > 金融・コンサル業界情報 > ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの企業情報

企業情報

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

概要

売上 60億5,900万円(2019年)
設立 2002年2月7日
従業員数 343名(連結・2020年4月1日時点)
代表者 代表取締役社長 杉山 健

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目的として、ITシステムの構築やコンサルティングサービスを提供する会社。同社は、「Technology」と「Consulting」の両スキルを融合させ、クライアントのビジョンを創造するための支援を行う。

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのブランドメッセージには「"DX" for you」を提示。同社のミッションには、「クライアントが描くビジョンを共有し、それを実現する真のパートナーとして、その先にある新しい社会の姿をともに創造する。」「価値の源泉である社員が、成長し続けるための最高の環境を提供することで、時代が希求するプロフェッショナルを生み出す。」を掲げる。 ミッションを実現するための信条には、「人間力を鍛える」「誰にも負けない熱意を持つ」「主体性を持って行動する」「相手の期待を超える」「個を高め最高のチームを作る」の5つを共有。人間力・熱意・主体性をもってして相手の期待を上回る成果を提供し、個人やチームとして成長していくことが求められている。

同社は、DXを推し進めていくためのコアテクノロジーとして「Cloud」「AI」「Digital Marketing」「RPA」を主軸に置いているのが特徴。 Cloudにおいては、アプリケーションの構築や更改、品質改善やリスク低減などを迅速に実現できる「クラウドネイティブ開発」、レガシーシステムにおけるインフラストラクチャーの刷新やクラウドネイティブ化を行う「クラウドトランスフォーメーション(クラウドリフト、クラウドシフト)」、監視機能や自動化機能を用いた運用管理を行う「マネージドサービス」を提供する。 AIにおいては、「需要予測」「組み合わせ最適化」「画像認識・解析」「音声認識」「自然言語処理」といったサービスを展開。既存のビジネスモデルや業務プロセスを俯瞰し、最新テクノロジーであるAIを実際の現場へ落とし込むためのサポートを行える。 Digital Marketingにおいては、「デジタルマーケティング戦略」「マーケティングテクノロジー導入」「ビッグデータ活用」の3サービスを提供。テクノロジーとコンサルティングを駆使しながら、顧客が「攻めのIT」を実現させるためのあらゆる課題を解決し、デジタルマーケティングを成功に導く。

RPAにおいては、複数ソリューションの中から最適な製品・組み合わせを提案する「RPAインテグレーション」を展開。RPA技術に詳しい100名規模のコンサルタント・エンジニアが、RPA製品の選定から運用保守まですべての段階をワンストップで提供できる。

presented by KOTORA

沿革・歴史

2002年

株式会社ビッグツリーキャピタル設立。

2005年

半蔵門に本社オフィスを移転。

2010年

六本木に本社オフィスを移転。

2014年

札幌オフィス開設。

2015年

社名を株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングに変更。
神谷町に本社オフィスを移転。
札幌オフィスを移転。

2017年

ベトナム(ハノイ)オフィス開設。
シリコンバレーオフィス開設。
RPAテクノロジーズ株式会社との共同出資による合弁会社として、ビッグツリーRPA株式会社を設立。

2018年

インテグラル株式会社及びその関連ファンドに対し、株式を譲渡。

2020年

西日本オフィス開設。

presented by KOTORA

拠点(国内・海外)

国内

東京、北海道、大阪

海外

ベトナム、アメリカ

presented by KOTORA

関連会社

  • ビッグツリーRPA株式会社
presented by KOTORA

トピックス

1.幅広い企業へテクノロジーサービスを提供

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、同社のミッションを果たすため、大・中小企業を問わず幅広い企業へサービスを提供しているのが特徴だ。

同社は2020年、沖縄でホテルを運営するアーバンシー株式会社と、ダイナミックプライシングに関する共同開発を開始。AI、ビッグデータ、クラウドテクノロジーを活用することで、日ごと、部屋ごとに日々変動させなければならない宿泊価格設定を、最適化させるための取り組みを行っている。

また2019年にはアルヒ株式会社に、住宅ローンにおける本審査の自動化システムを開発・提供。既存のOCRやRPAに自動判定技術や専用画面を加えることで、これまで審査担当者が手作業で行っていた審査基準のチェック業務を大幅に削減した。

また同年には、公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに、新規の寄付金管理システムを開発・構築。アジャイル開発手法によって高品質なシステムを開発・提供し、古くなった既存システムからの乗り換えに成功した。

2.充実した福利厚生

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは、社員が長く安心して働けるように福利厚生を充実させているのが魅力。

例えば、5日間連続の特別休暇を勤続5年毎に取得できる「リフレッシュ休暇」、子供が1歳に達するまで休暇を取得できる「育児休暇」、コンサルタント・マネジメント・先端技術などを学べる「社内研修」といった制度を活用できるのが転職者にとって嬉しいポイントである。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する