総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

KOTORA JOURNAL | 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション
heart - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジションloading - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジションお気に入りに追加
TOP画像 3 - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

サステナビリティ・ESGのビジネスにおいて、「カーボンクレジット」を巡る動きが活発化しています。採用マーケットにおいても、総合商社やメガバンク等で採用ニーズの顕在化が進んでいます。

カーボンクレジットに関する具体的なビジネスの動き

総合商社やメガバンク等が、カーボンクレジットの創出やトレーディングに関するビジネス開発を進めており、技術力等を有する企業への出資や新会社の設立や、サービス提供を進めています。また、コンサルティングファームやシンクタンクが、専門性を生かしたコンサルティングサービスや情報提供を行っています。

総合商社

三菱商事株式会社

三菱商事株式会社では、世界最大手のカーボンクレジット創出を手がけるスイスのSouth Pole社と、大気中の二酸化炭素除去に関する革新的な技術の普及・促進を目指し、NextGen CDR Facilityを設立。高品質な技術系CDR(Carbon Dioxide Removal(二酸化炭素除去)由来のカーボンクレジットを扱い、クレジットの買い手と売り手をつなぐことにより、健全な市場拡大に資する基盤を構築する役割を果たしていく、としています。

住友商事株式会社

住友商事株式会社では、バイオガスからのCO2除去(CDR)のパイオニアであるInheritに出資。InheritのCDR創出ノウハウを活用したCCUSビジネスのグローバル展開に着手し始めています。

メガバンク

株式会社三井住友銀行

メガバンクの一角である株式会社三井住友銀行では、J-クレジット・プロバイダーとして J-クレジットの豊富な売買実績を有するバイウィルと、環境価値のサプライチェーン構築に関する連携協定を締結し、「J-クレジット創出支援・売買サービス」の提供を開始。
カーボンクレジットの活用を重要な脱炭素化ソリューションの一つとして位置付け、お客さまの脱炭素化に向けた移行を支援すると共に、カーボンクレジット市場の活性化に貢献する、としています。

コンサルティング会社

野村総合研究所

シンクタンクの野村総合研究所では、カーボンニュートラルに向けた長期戦略策定支援、脱炭素型ビジネスモデル構築、温室効果ガス排出削減オペレーション実行、地域脱炭素モデル構築など、戦略から実行支援の様々なビジネスフェーズ、グローバル企業から地域支援まで幅広いコンサルティングを提供しています。

>無料キャリア相談会はこちら

取引市場の進展と政府の後押し

上記のビジネスを後押しする仕組みの一つとして、2023年10月11日、東京証券取引所(東証)において、カーボン・クレジット市場が開設され、売買が開始されています。

カーボン・クレジット市場の開設は、2022年2月に経済産業省から示された「GXリーグ基本構想」、さらには、2023年2月に閣議決定された「GX実現に向けた基本方針」において、GXリーグの排出量取引を機能させるため、カーボン・クレジット市場の創設が盛り込まれたことを受けてのものです。カーボンクレジットの取引については、東証での市場開設の以前は、相対での取引に限られていましたが、市場開設によりカーボンクレジット取引の流動化が一層高まり、取引の活発化が期待されます。

経済産業省は、2022年2月1日に「GXリーグ基本構想」を公表し、2023年度よりGXリーグの取組が開始されています。GXリーグは我が国の温室効果ガス(GHG)排出量の5割超をカバーする枠組みとして、我が国のGXを牽引していく、としています。

カーボンクレジットに関する求人ポジション

コトラでは、サステナビリティ・ESG領域の転職支援を得意としており、カーボン・クレジットのビジネスに関しても重要テーマの一つとして、採用マーケットをフォローしています。

今後の大きなビジネス成長力を秘めたカーボン・クレジットのビジネスへの参入をぜひ検討してみませんか。

>無料キャリア相談会はこちら

担当コンサルタント紹介

1 768x1024 - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

パートナー 宮崎 達哉
[ 経歴 ]
信州大学工学部卒、ゼネコンでの施工管理者を経験した後、三重県庁にて産業政策の企画・運営業務に従事。県庁在籍中に、経済産業省資源エネルギー庁及びNEDOにてエネルギー政策に係る新規事業立案や規制・制度の合理化に従事。デロイトトーマツグループでの地方創生及び教育分野のコンサルティング業務を経て現職。

[ 担当業界 ]
ESG/サステナビリティ領域、シンクタンク、コンサルティングファーム、監査法人、パブリックセクター、教育、経営層、管理系人材、技術者

1 768x1024 - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

エグゼクティブコンサルタント 網中 響太郎
[ 経歴 ]
明治大学政治経済学部卒業後、新卒でコトラに入社。入社時からコンサルタント業務に従事。入社2年目で大手監査法人パートナー等と共にウェビナーを主催し、ファシリーテーションも務める。現在はESG、財務会計アドバイザリー、金融ミドルバック全般、コンサルティングファーム全般を担当。

[ 担当業界 ]
ESG領域、コンサルティングファーム、財務会計アドバイザリー、金融ミドルバック

consultant photo m shun kiyohara - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

コンサルタント 清原 駿
[ 経歴 ]
早稲田大学創造理工学部環境資源工学卒業後、アストモスエネルギー(LPガス専門商社)に入社。主にエネルギー課題解決のためのソリューション営業に従事。その後、スペシャリスト人材紹介会社を経験し、現職。


[ 担当業界 ]
エネルギー、不動産金融

1 768x1024 - 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

コンサルタント 村松 航也
[ 経歴 ]
広島大学教育学部卒。現在はESG領域、パブリックセクター、コンサルティングファーム、金融機関を担当。

[ 担当業界 ]
ESG領域、パブリックセクター、コンサルティングファーム、金融機関

この記事を書いた人

KOTORA JOURNAL | 総合商社・メガバンクなどが参入。「カーボンクレジット」ビジネスの動向と採用ポジション

宮崎達哉

信州大学工学部卒、ゼネコンでの施工管理者を経験した後、三重県庁にて産業政策の企画・運営業務に従事。県庁在籍中に、経済産業省資源エネルギー庁及びNEDOにてエネルギー政策に係る新規事業立案や規制・制度の合理化に従事。デロイトトーマツグループでの地方創生及び教育分野のコンサルティング業務を経て現職。
【担当業界 】ESG/サステナビリティ領域、シンクタンク、コンサルティングファーム、監査法人、パブリックセクター、教育、経営層、管理系人材、技術者