金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

業務コンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは

業務コンサルタントは、クライアント企業の業務プロセス改善や新たな業務フロー策定に関するコンサルティングをおこないます。
その際、クライアント企業の風土や現状の業務フローを充分に理解し、あるべき姿を導き出した上で、コンサルティングをおこなうことが重要です。また、クライアント企業の現場が継続して運用できる業務フローを作り出す必要性もあります。
そのため、特にクライアントとのコミュニケーション力が問われる仕事となります。また、業務設計にはソフトウェアパッケージの活用は不可欠となるため、ITに関する最新情報に常にアンテナを張る姿勢も必要となります。

それでは、業務コンサルタントとして活躍する人は、どのようなキャリア・経験を持っているのでしょうか?
具体的には、以下のような経験を持つ人が「業務コンサルタント」に転職しています。
事業会社での、製造・販売・調達・会計などの業務分野の経験者
業務アプリケーションシステムの構築経験や導入経験者
※特にITに関わる業務経験者は、業務フローをシステムフローに具体化し、実現可能性の判断材料を提供することができるため、キャリアチェンジしやすいと言えるでしょう。

本記事では、業務コンサルタントの仕事や役割、必要なスキルについて解説し、転職活動に役立つ情報をお伝えいたします。
※業務コンサルタントへの転職希望の方は、ぜひお読みください。

業務コンサルタントに詳しいコンサルタントに転職について相談する

業務コンサルタントの仕事内容

業務コンサルタントは、クライアント企業にとっての目標(例えば、業務改革・経営資源の有効活用・コスト削減 など)を達成するために、現状分析後、従来の業務フローを見直し新しい業務フローを作成・提案します。
そのためには、業界動向や他社事例などを知っておく必要があります。また、クライアント企業の業務責任者と相対しますので、業務に関する専門知識を持っているとスムーズなコミュニケーションが可能になります。クライアントにとっては、自社の目標を達成できる可能性が高まる業務フローを作成することが、価値の高い仕事と捉えられます。
また、新しい業務フローの提案後は、BPRの一環としてITシステム導入プロジェクト案件として成立させることにより、所属するファームにとって価値の高い仕事となります。昨今は、BPO案件の足掛かりとして同一業界内での業務標準化フローを導入していくことも役割となります。

・オススメ記事:ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは

業務コンサルタントのキャリア

業務コンサルタントとして経験する業界や業務が豊富であれば、様々な事例に精通している人材と捉えられ、一般企業やコンサルティングファームからの引き合いは多くなります。
一般企業にコンサルタントとの折衝役として採用されるケースやコンサルティングファームに専門性に特化した顧問として採用されるケースもあります。
また、IT領域出身者から業務コンサルタントへキャリアチェンジした場合、ITシステム導入を前提としたBPRの提案が可能なコンサルタントとして重宝される存在になります。プロジェクト規模や予算を念頭に入れた、フィジビリティ分析などを担う場合もあります。ITシステム導入のプロジェクトマネージャー(PM)への道が最短となるでしょう。経験を積んだ後は、他ファームからのヘッドハンティングの可能性もあります。

業務コンサルタントに必要なスキル・資格

業務コンサルタントに必要なスキルは、以下の二通りがあります。どちらか一つのスキルがあることが重要です。
一つ目のスキルは、業務に関する専門知識です。業務改革・業務改善を目的にアサインされますので、製造・販売・調達・人事・会計などの専門業務の経験者の場合クライアント企業からの信用は得やすいと言えるでしょう。必須ではありませんが、公認会計士・中小企業診断士・税理士・簿記の資格保持者は活躍できる場が広がるでしょう。
二つ目のスキルは、ITに関する豊富な知識です。昨今の業務改革は、ITシステム刷新案件と密接に関わっています。ERPパッケージなどの導入経験者は、クライアント企業の業務責任者と協業し、新たな業務フローを策定できます。同時に、システム導入案件の検討も可能となるため、効率的に進めることができます。SAPに代表されるERPパッケージ認定コンサルタントやシステムアーキテクトなどの資格保持者は、クライアント企業からの信用は得やすいと言えるでしょう。
共通してスキルとしては、論理的思考・ドキュメント作成力・コミュニケーション力が必要となります。

・オススメ記事:ERPコンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは
・オススメ記事:コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

業務コンサルタントの年収・給与

業務コンサルタントの年収は、所属するコンサルティングファームのランクに準ずる傾向があります。
平均的には、ファームに入社して3年までで年収500~700万円前後。5年目以降で1,000万円前後。プロジェクトリーダークラスになると1,500~2,000万円になる人も存在します。
業務コンサルタントは、プロジェクトの初期段階を担う仕事です。クライアントの信頼を得て、後続のプロジェクトへ繋げる大切な役割を担っています。
コンサルティングファーム内では、プロジェクト案件を多く成約させると評価が高くなります。もしくは、IT導入プロジェクトまで推進する力がある場合も、評価が高くなります。
いずれの場合にも、ファームの売上に貢献できるコンサルタントになることが自身の年収UPに繋がります。

代表的な業務コンサルティングファーム

昨今の業務改革はIT導入を前提としているため、総合系コンサルティングファームにて募集しているケースが多いです。
アクセンチュア、アビームコンサルティング、デロイトトーマツ、プライスウォーターハウスクーパースなどが代表的なファームとなります。

・オススメ記事:コンサルティングファームとは?仕事内容と企業一覧
・オススメ記事:コンサルティングファームのタイトルと評価制度

業務コンサルタントへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

コンサルタントへの転職相談会
日時 転職支援サービスにお申込み後、個別に日程を調整いたします。面談のお時間は一時間程度を想定しております。
※平日の夜、土日祝日等の日程も承っております。お気軽にお申し込みください。
場所 弊社オフィス:東京都港区赤坂1-7-19 キャピタル赤坂ビル2階
※お電話での対応も受け付けております。
アクセス 銀座線・南北線「溜池山王」駅 13番・14番出口徒歩30秒
南北線「六本木一丁目」駅 徒歩6分
千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅 徒歩8分
千代田線「赤坂」駅 徒歩8分
日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」徒歩9分
日比谷線「神谷町」駅 徒歩10分
銀座線「虎ノ門」駅 徒歩10分
対象者 コンサルタント職に興味をお持ちの方。
※業界を熟知した、弊社転職コンサルタントが対応いたします。
費用 無料

 

業務コンサルタントに詳しいコンサルタントに転職について相談する

業務コンサルタントのポジション

業務コンサルタントのポジションをもっと探す

関連記事の一覧

ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは
ERPコンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは
コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】
コンサルティングファームとは?仕事内容と企業一覧
コンサルティングファームのタイトルと評価制度