【株式会社M&Aベストパートナーズ】各業界に精通したアドバイザーが集う業界特化型のM&A仲介会社

ゲストのご経歴

株式会社M&Aベストパートナーズ
代表取締役社長

齋藤 達雄 様

[ 経歴 ]
大学卒業後、大手証券会社にて中堅中小企業向けに資産運用コンサルティングに従事。その後、大手M&A仲介会社のM&Aキャピタルパートナーズ株式会社に入社し、金属加工業、建築資材製造などの製造業の成約に関与する。その他食品、リース業界、工事業界、介護業界などのM&A仲介を担当。
2018年、中堅中小企業の事業承継問題解決のため株式会社M&Aベストパートナーズを設立。

株式会社M&Aベストパートナーズ
代表取締役副社長

松尾 直樹 様

[ 経歴 ]
滋賀県湖南市出身。大学在学時、箱根駅伝に2度出場。卒業後、大手証券会社にて富裕層向けのリテール営業を経験した後、大手M&A仲介会社のM&Aキャピタルパートナーズに転職。主に、不動産・建設業界を担当し、事業承継及びM&Aアドバイザリー業務に従事。当時、不動産・建設セクターの最年少課長として、不動産仲介、管理、ゼネコン、住宅メーカー、設備工事会社等における成約実績を多数有する。
2018年、株式会社M&Aベストパートナーズを設立。

インタビュアー

株式会社コトラ
コンサルタント

上田 浩彰

[ 経歴 ]
大阪大学薬学部卒業後、フリーランスで医学部専門の塾講師を経験。総合商社にて人事部で人事制度、営業推進、業務改善を経験。日系組織人事コンサルティングファームにて大手企業を対象に育成、組織風土、採用などの組織人事領域の業務に携わり、現職。

[ 担当業界 ]
コンサルティングファーム、全業界の人事部門

売却して終了ではない、「成長型M&A」を提唱

上田:
これまでのご経歴についてお話しいただけますか。

齋藤様:
新卒で大手証券会社に入社し、2年ほど中堅中小企業向けに資産運用コンサルティングに従事しました。
当時、製造業領域で後継者がいないという問題に多く直面しました。

2013年にM&Aキャピタルパートナーズに転職し、製造業を中心に担当し、その後、より業務の効率化を図り、付加価値の高いサービスを提供したいという思いから、M&Aベストパートナーズを立ち上げました。

松尾様:
学生時代は陸上で箱根駅伝に2度出場しました。
卒業後は中堅証券会社に入社し、富裕層向けのリテール営業を経験した後、M&Aキャピタルパートナーズに転職しました。
証券会社勤務時に、M&AキャピタルパートナーズのIPO売出しを担当したのですが、色々と調べていくなかでM&Aマーケットの大きさや、事業承継の課題などは、今後更に増加すると考え、この領域にチャレンジしたくなり転職を決意しました。

M&Aキャピタルパートナーズでは建設、不動産業界に特化して支援し、その後、齋藤と共にM&Aベストパートナーズを立ち上げました。

上田:
御社の強み、他社との違いについてお聞かせ下さい。

齋藤様:
事業承継の課題解決については、社長が大手資本と一緒になって会社を伸ばしていく「成長型M&A」を提唱しています。売却して終了ではなく、社長も残るという形です。

業務面でのお話ですと、分業化が進んでいますので、非常に効率化ができているかと思います。
案件の獲得数、一人あたりの生産性は業界水準の倍近くあるかと思います。ソーシング、資料作成は別部隊が行いますので、アドバイザーはお客様との商談に集中できます。

松尾様:
様々な要素が複合的に重なり合って強みとなっていると思います。そのため、一言では言い難いです。
成長型M&Aも、業種特化で良い提案ができているからこそ、実現できていると考えています。

お客様から会社を売りたいという相談を受けるだけの会社と、こちらからドアノックで仕掛け型で提案するのでは、難易度が大きく変わります。後者は難易度が高いのですが、弊社は後者で営業力を磨いています。

現在は投資事業にも力をいれております。

公平な評価システム、誰にでもわかりやすい報酬体系

上田:
アドバイザーの評価制度に関してお聞きしても宜しいでしょうか。

齋藤様:
年功序列や評価など不公平なことを感じないように、公平な仕組みを取り入れております。

松尾様:
公平な評価システムを重視しております。
例えば、ベース給を上回った部分がインセンティブとして発生するのではなく、インセンティブはベース給に上乗せして支給されるような誰にでもわかりやすい報酬体系を作っています。

上田:
どのような方が活躍していますか。

齋藤様:
前職での営業成績が顕著な方です。
営業面以外ですと、誠実さ、全力を出せること、我々は「主役」と呼んでいますが、主体性を持てる方です。

松尾様:
少なくとも、前職で成功していなければ再現性はあまり無いと考えています。
前職の成績が当社でどう再現できるか、というところに注目しています。前職の成績が上位ではなければ、その時点で難しいと思います。
サポート体制は厚いのですが、プロ野球と一緒で厳しい世界のため、双方納得がいく方に入社いただいております。

齋藤様:
バックグラウンドが製造、不動産・建設、ヘルスケアなど我々の注力している領域にキャリアが合っている人は、現場が分かるので顕著な成果を出しています。

松尾様:
現場のことが分かるのは大きいです。社長との信頼関係が築きやすいと思います。

上田:
こういう人は活躍できないという人は?

齋藤様:
営業成績が悪かった人は、当たり前ですが活躍できないですね。
定刻になったらすぐ帰るとか、全力を出せない人。また主体性がなく、「お客様が悪い」や「コロナ禍のせいで」など他責にする人は難しいです。

主体的に動くことで、圧倒的なスピードでの成長を実現

上田:
人材育成についてお話いただけますでしょうか。

齋藤様:
基本的にこちらからの手厚い育成はしない方針です。主体的ではないと育成してもあまり意味がないと私は思っています。
週に一回営業MTGで営業のノウハウを共有する時間を設けています。あとは上長と一緒に行動して頂いて、学んで頂きます。件数をこなして慣れて頂くことが、圧倒的に早い成長に繋がると思います。

松尾様:
教育に関しては、こちらからは積極的には手取り足取り教えないので、困ったら聞きに来て欲しいと思っています。そのときは全力で教えますので。
また、教育環境が整っているところに行きたいという人には、弊社は向いてないです。情報は主体的に取りに行くものなので。

相談できる環境はあるので、その環境をどう活かせるかだと思います。
「今日は大事な商談なので一緒に来て下さい」と言われれば、私は一緒に行って、必要に応じて相手先で喋りますし、「営業を見せて下さい」と言われれば見せます。そのように上長を使って下さい、と思っています。

上田:
現在M&Aは業種特化で展開されておりますが、特化する分野の業種を増やしていく予定は?

齋藤様:
今のところは無いです。現在の業種をより伸ばして行こうと考えています。

松尾様:
業種はなんでもいいとなってしまうと、我々の強みが活かせないと考えています。
今特化している業界を徹底的に掘り下げていくことを目指していきたいです。

強者(ツワモノ)同士で相乗効果を生んでいきましょう

上田:
今後の展望についてお聞かせ下さい。

松尾様:
業種特化の部分は更に磨きをかけ、投資事業の部分と連動させ事業を拡大したい、と考えています。

採用面では、沢山採用して、上手く成果を残した人を残せばいいや、みたいな風潮がある中で、我々はとても厳選しています。厳しく見るぶん、入社して下さった方には活躍できるような環境を準備をしますし、コミットして育てていきます。
また、効率化の部分もまだまだできる余地はあると思うので、こちらも徹底的に突き詰めていき、1人あたりの生産性を更に上げたいと思います。

齋藤様:
広告戦略にも力をいれ、「業種特化といえばM&Aベストパートナーズ」というように認知度を高めていきたいです。

上田:
転職希望者へのメッセージをお預かりできますでしょうか。

松尾様:
強者(ツワモノ)求む!ですね。
高いレベルの中で仕事をすることができますので、強者同士で相乗効果を生んでいきたいと考えています。

株式会社M&Aベストパートナーズに
ご興味がある方へ

今回特集しました株式会社M&Aベストパートナーズ様の求人をご紹介します。
ご興味がある方は、下記ボタンよりぜひご応募ください。

■求人:
M&Aコンサルタント
■仕事内容:
M&A仲介における一連の業務(ソーシング活動を中心にお願いします。)
■必要スキル:
M&Aに関する未経験者の場合
営業職で圧倒的に上位の実績をあげた方(上位5%以上)
  ※上記にあてはまる方のみご応募可能となります
  ※ご応募時の職務経歴書に、ご成績の記載をお願い致します

M&Aに関する実務経験者
(成約3件以上)

※会計士の方などで、ミドル業務の経験が主となり、引続き同様の業務に就いていきたい方などは、職務内容については個別に検討させて頂きます。

コトラでは業界動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。 最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

ownedmedia