【PwCアドバイザリー特集インタビュー】M&Aという経営手法がまだまだ発展途上の日本。経済全体の競争優位性を向上させるための思い。

PwCアドバイザリー合同会社は、戦略、財務、M&A・再生の高い専門性をもって、クライアントのビジョン実現のために、環境・社会貢献と事業成長の両立を経営の側面から支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが社会における信頼を構築し、持続的な成長を実現できるよう、最適かつ高い業務品質のサービスを提供します。
PwCアドバイザリー合同会社

【会社概要】

M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援する、PwCグループの財務アドバイザリー。旧PwCディールアドバイザリー部門。2016年の組織再編により、プライスウォーターハウスクーパースマーバルパートナーズと経営統合した。


【設立】

1996年6月


【沿革】

1997年 プライスウォーターハウスクーパース コンサルタント株式会社設立

1999年 PwCアドバイザリー株式会社設立

2010年 上記2社が経営統合、プライスウォーターハウスクーパース株式会社に商号変更

2016年 PwCアドバイザリー合同会社に名称変更。

      プライスウォーターハウスクーパースマーバルパートナーズと経営統合

【所在地】

東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

<インタビュー先>

大屋 直洋 (おおや  なおひろ)氏

【所属】

PwCアドバイザリー合同会社

ディールズストラテジー パートナー 

【経歴】
大学卒業後、都市銀行を経て、会計系アドバイザリーファームに入社し、事業再生やM&Aに係るアドバイザリー業務に携わる。その後、2009年に米系戦略ファームへ転じ、多様な業種を対象に全社戦略、事業戦略策定、組織再編支援、オペレーション改革など幅広いテーマのプロジェクトに従事。2017年よりPwCアドバイザリーに入社し、M&A戦略策定、ビジネスデューデリジェンス、新規事業戦略などのプロジェクトに携わる。

現在の業務内容、ご担当部門(チーム)の活動についてお聞かせください

大屋様:
まず、会社としてはディール(M&A、事業再生、官民連携等)に関連するサービスを総合的に提供しています。M&Aについて取り上げると、ディールのプロセスは、プレM&A→エグゼキューション→PMIに大まかに分かれますが、私たちのチームは、プレM&Aフェーズの各種戦略立案やエグゼキューションフェーズ内のビジネスデューデリジェンス(BDD)の部分を主に担当しています。

具体的には、ビジョン策定、サステナビリティの潮流を踏まえた長期戦略策定、中期経営計画の作成、新規事業を含む事業戦略策定、事業ポートフォリオの見直し、BDD等に携わっています。

特に、上流の戦略作りから関与することで、「ディールを創る」ということに注力しています。
会社全体として、以前はディールが実際に開始してから、またはクライアントからのRFPに対して提案をするという、ある種受身的な動き方が強かった印象があります。

しかしながら、それでは原則入札になってしまいますし、大きな案件になりづらい面もあるので、より上流のテーマでクライアントとしっかり信頼関係を作り、一緒にディールを創出していったり、M&Aという大きな意思決定においてファーストコールが掛かるようにしたりすることが重要だと思っています。
ディールズストラテジーのメンバーが、他のチームのメンバーと連携しながら、そういった「ディールを創る」活動をリードしています。

現在のメンバーの方々の大まかなバックグラウンドを教えてください

大屋様: 
現在、チーム全体で80名くらいの陣容で、シニア層は戦略コンサルティングのバックグラウンドを持つ人材が多いです。ただ、私たちは戦略やM&A、ファイナンスなど複数の経験・知見をあわせ持つ人材を育てていきたいと考えています。
そのため、ミドル層はコンサルティング経験者だけでなく金融機関や事業会社から未経験で入社した人も多く在籍しています。
ジュニア層に関しては新卒で入社してきた方が大半ですが、一部、コンサルティング経験者や未経験で中途入社された方もいます。

他のファームにはない魅力についてお聞かせください

大屋様:
ディールズストラテジーはFinancial Advisory Service(以下:FAS)の戦略部門としてはかなり大規模の人員体制を擁しており、戦略やM&Aに関連した案件以外にも、スタートアップアドバイザリーや脱炭素化関連等の社会課題解決につながるような新しい案件を積極的に手掛けています。
ディール本業でいうと、1,000億円規模を超える大型案件やクロスボーダー案件の実績も豊富です。これは、恐らくFASの中において、M&Aアドバイザリー機能を担うコーポレートファイナンスのチームだけでなく、他のチームもそれぞれ高い専門性を持っているからだと思います。

例えば財務や税務、法務、人事、システム等についても私たちは総合的に対応でき、PwCアドバイザリーだけでなく、PwC Japanグループの各ファームとも適宜連携による協働がしやすいため、こうした難易度が高く大型の案件に対応できるのだと理解しています。

このような体制を私たちディールズストラテジーのメンバーがハブになりながら構築し、「ディールを創る」活動を意識的に取り組んでいるところです。

ディールズストラテジーの今後の展開を教えてください

大屋様:
今後も引き続き率先して「ディールを創る」ことに注力していきます。私が物心ついた頃にはバブルが崩壊していて、日本企業は産業競争力がない・生産性が低いなどと言われているのを長く見てきました。
その原因には、産業の新陳代謝が進みにくい、事業ポートフォリオの最適化がなされない、適切なリーダーシップが発揮され難いといった日本ならではの事情があると感じています。
M&Aはそうした状況を解決する一つの手段として有効であると考えています。
M&Aの活性化を通じて、現状の課題を解決し、企業の成長に貢献することは、めぐりめぐって多くの人が適切な環境下で働くことができる状態につながると信じています。これまでM&Aがほとんど行われてこなかった伝統的な業界も積極的に開拓しており、リレーションも一から構築していたりもします。

それを実現するためにも、ディールズストラテジーという部門を、強く、大きくしていきたいと考えています。

どういった方が活躍されていますか

大屋様:
様々な分野の専門家の方々と働くことに楽しさを感じられる方です。
ディールを進める中で、公認会計士や税理士など、異なるバックグラウンドの人たちと働く機会が多々あります。
彼らとのコラボレーションを楽しめる方、彼らから新しい学びを得て視野が広がることに楽しさを感じてくれる方は活躍しやすいと思います。

どのような人材に来ていただきたいですか

大屋様:
繰り返しになりますが、M&Aに軸足を置きながら、戦略イシューだけでなく、他のチームとコラボレーションし、大きくて難しい案件に長いスパンで関わりたいという意欲は大事です。

加えて、それを可能にするためにも自分の領域だけに没頭するのではなく他者と積極的に協業する姿勢を持ち、様々なバックグラウンドのプロフェッショナルとも上手にコミュニケーションをとって、プロアクティブにチームを牽引するリーダーシップのある方に来ていただきたいです。

転職希望者へのメッセージをお願いします

大屋様:
日本ではM&Aという経営手法がまだまだ発展途上だと思っています。それを受け身ではなく私たちの方から提案してディールを創り、それによって日本経済全体の競争優位性を向上させることに貢献していきたいというのは、チームとして共通する思いです。

そこに共感し、様々なバックグラウンドの人たちとコラボレーションしながら働きたいと思っていただける方、また発展途上のチームで自分がリーダーとして組織作りもやっていきたいという方にぜひ来ていただければと思います。

PwCアドバイザリー合同会社に
ご興味がある方へ

ご興味がある方は、下記ボタンよりぜひご応募ください。

■求人:
Deal Strategy (Associate 〜 Director)

■必要スキル:
【Associate/Senior Associate】
●職務内容
1. マーケットリサーチおよび事業構造分析
2. 上記に関わるフィールドインタビュー/サーベイの実施
3. 各種討議資料および報告書の作成
4. 提案活動に関わる調査・分析

●求める経験
1. コンサルティングファームまたはシンクタンクでの調査・分析、戦略立案 等の経験
2. 事業会社におけるM&A・経営企画・事業開発等に関する業務の経験
3. 総合商社および金融機関における事業投資経験(または準ずる経験)

●スキル
必須スキル:
1. ビジネス(利益を生み出すこと)に対するそもそもの強い興味
2. 探究心・洞察力・思考力・論理構築力
3. コミュニケーション力
4. PCスキル(MS Office必須)

以下、あれば尚可
1. MBA(経営学修士)
2. 特定産業・業界に対する深い知識・経験
3. 基礎的なコミュニケーションが取れる英語力

【Manager/Senior Manager/Director】

●職務内容
1. 国内外エンゲージメントにおけるプロジェクトマネジメント業務
2. 各エンゲージメント成果物の作成
3. 各エンゲージメントにおけるリスク管理及び品質管理
4. チームメンバー育成、5. 提案活動の主導的サポート

●求める経験
以下の経験におけるリーダーポジションでの業務主導経験
1. コンサルティングファームまたはシンクタンクでの調査・分析、戦略立案 等の経験
2. 事業会社におけるM&A・経営企画・事業開発等に関する業務の経験
3. 総合商社および金融機関における事業投資経験(または準ずる経験)

●スキル
クライアントとビジネスをリードできるインテリジェンス、戦略的思考力、およびビジネスパーソンとしての品格
必須スキル:
1. クライアントマネジメント力、およびそのための高いコミュニケーションスキル
2. リアリティを追及し、構造的に成果物をまとめ上げる力
3. ビジネス以上の英語力

コトラでは業界動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。 最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

ownedmedia