20代でITコンサルタントを目指すためにすべきこと

ITコンサルタントは、IT分野のコンサルティング業務に関わる職種となります。SE(システムエンジニア)とは違い、幅広い知識でプロジェクトの企画立案や設計・開発まで関わるITのプロフェッショナルと言えます。ITの様々な業務に関わる事が出来る為、非常にやりがい・魅力のある仕事です。
また、ITコンサルタントである事を証明する為に必要な資格はありません。ただIT分野の高度な知識は必須となる為、システム開発・設計の手法や上流工程・下流工程の仕事内容など、全体を理解しておくことが重要となります。
本記事では、20代でITコンサルタントを目指す方の為に、準備すべきことや必要なスキルなどをご紹介します。
※ITコンサルタントを目指す若手の方は、ぜひお読みください。

ITコンサルタントを目指すなら20代後半までが勝負

IT業界は技術革新のスピードがとても速く、そのスピード感に適した人材は不足傾向にあります。その為、ITの幅広い業務に携わるITコンサルタントは、今後更に重要なポジションとなっていくでしょう。
20代でITコンサルタントを目指すには、20代後半までにITの様々な業務を経験し、スキルを身に着けておくことが大切です。
ITコンサルタントはIT分野の高度で専門的な知識が求められる為、上流工程(要件定義〜基本設計)・下流工程(開発〜テスト)を可能な限り経験して、仕事内容を吸収しておくことも必要でしょう。また、企画・経営・マネジメントなどの知識についても日々勉強し続けることも大切です。
ITコンサルタントとしてステップアップを果たした結果、より多くの報酬を得られる可能性があります。

・オススメ記事:SIer・SEとITコンサルの違いは?役割・企業・スキルなどから解説

20代のうちに準備すべきこと

ITコンサルタントは、前述の通りITに関する様々な知識が求められる仕事になります。ITコンサルタントと言っても、その業務内容は会社やプロジェクトの規模によって大きく異なります。
システムの企画・立案からクライアントとの要件定義を経て課題を解決し、設計に落とし込む上流工程に関わる事もあります。一方、システムのマネジメントやより経営層の視点が必要となるIT戦略の立案などを行う場合もあります。
ITコンサルタントの業務は、高度な専門性やビジネス戦略、経営者側の目線が求められます。その為、20代でITコンサルタントを目指すならば多くの準備が必要となります。
IT分野や経営に詳しくなるには、業務以外でもスキルや知識が身につけられる資格を取得しておくこともオススメします。具体的には、ITの基礎を身につけるために「基本情報技術者」の資格をまず取得しましょう。技術から管理・経営などのより幅広く知識を身につけるためには「応用情報技術者」や「システムアナリスト」の資格も押さえておきましょう。また、経営コンサルタントの国家資格として知られる「中小企業診断士」の資格も取得しておくことも良いでしょう。

20代のうちに磨くべきスキル

ITコンサルタントになる為には、様々なスキルが必要となります。その中でも20代のうちに磨くべきスキルを紹介します。

課題解決力・提案力

ITコンサルタントに関わらずコンサルタントとして必要なスキルは、クライアントが抱えている問題を把握し、解決する為の適切な提案を行う「課題解決力・提案力」です。自ら課題を見つけ出し、具体策を検証し、クライアントに提案する事が重要となります。

コミュニケーション力

プロジェクトを円滑に進める為には「コニュニケーション力」も重要です。特にITコンサルタントは、プロジェクトに関わる多くの人と相対する為、適切なコミュニケーションによる良い関係性の構築が重要な要素となります。コミュニケーション不足が、クライアントやプロジェクトメンバーとのとの認識違いから大きな手戻りを発生させる遠因となる事も有り得ます。

粘り強くやり抜く力

ITコンサルタントは業務内容が多岐に渡る為、多忙な時期やタイミングにより残業や休日出勤が多くなる事もあります。そのような状況でも忍耐力を以て「粘り強くやり抜く力」は必要でしょう。業務難易度も高い為、肉体的にも精神的にも大きな負担が掛かる事もあるでしょう。そのような状況でも、”ON””OFF”を明確にしながらモチベーションを保ちつつ、忍耐力を持続させて心が折れないようにする工夫が必要です。

情報収集力

IT分野は技術革新のスピードが速く、常に変化を求められる状況です。新しい技術について常に知識として把握しておく「情報収集力」も欠かせないスキルとなります。それらを「経営戦略として次期システムに生かせないか」「クライアントに提案できないか」などと意識的に情報収集する姿勢も、ビジネスチャンスを広げるために重要と言えるでしょう。

マネジメント力

プロジェクトを滞りなく進める為に、全体の進捗管理や的確な指示を出せる「マネジメント力」も重要となります。特にシステム開発プロジェクトは、計画通りに進まない事も多くあり、軌道修正を求められる事が多々あります。プロジェクト自体に目的や期限が設定されている為、成功させる為には何をすべきか常に考えてマネジメントしていく事が大切となります。

・オススメ記事:コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

ITコンサルタントへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

 

20代・ITコンサルタントの具体的なポジションを探す

 

オススメ記事の一覧・SIer・SEとITコンサルの違いは?役割・企業・スキルなどから解説
コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

ハイクラス人材の転職ならコトラ

ハイクラス人材の転職ならコトラにお任せください。各業界出身者のコンサルタントがあなたの転職活動を支援します

公共領域に関心がある方向けキャリアセミナーを開催!

有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー ガバメント&パブリックサービシーズ パートナーの片桐豪志氏をゲストに迎え、「社会変革プロフェッショナルとして成功する方法」を語るウェビナーを開催します。

デロイトトーマツ現役パートナーである片桐氏と、官公庁及びコンサルティングの業務経験者である宮崎が、社会変革へのチャレンジをネクストキャリアとして考えている方に向けて、どのようなキャリアを歩むべきかを語ります。

▼お申込みはこちら!

この記事を書いた人

阪野裕二

東京理科大学工学部機械工学科卒業後、アビームコンサルティング株式会社に入社。主に社内基幹システムの企画・構想段階から製造・保守迄ワンストップでのサービス に従事。

[ 担当業界 ]
コンサルティングファーム、金融IT、DX