ITと金融の融合で日本をリードする「住信SBIネット銀行」

ITと金融の融合

 三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。ITと金融の融合によって誕生した会社であり、FinTech分野、とりわけビッグデータなどの領域で業界をリードしていきたいと考えています。

 たとえば、住宅ローンにおけるAI審査モデルの導入やスマート認証、法人向けトランザクションレンディングの提供など、最先端のIT基盤を活用し、より便利で使いやすいサービスの提供に努めてきました。今後も最先端のITを駆使したイノベーションによって金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていくことを目標とし、より良い商品・サービス提供を追求していきます。

独自のFintechサービス「NEOBANK」展開

 24時間365日使いやすく魅力的な商品を提供するインターネットフルバンキングであると同時に、パートナーの企業などに決済や預金、貸出などの銀行機能を提供することで、企業のお客さまにより快適な顧客体験を提供することを可能にすることを目指しています。

 そうした中で、国内銀行の中でいち早くAPIを開放し、独自のFintechサービス「NEOBANK」をスタートさせました。このサービスにより、企業様は自ら銀行業のライセンスを取得したりすることなく、スムーズに金融ビジネスに参入することができます。これからもお客さまにBanking機能をご提供しロイヤルティを醸成していきます。

顧客口座のAI審査サービス「dayta」

 不動産運用を含めた銀行口座の利用履歴である入出金データなどをAIが分析し、自動で融資金額や金利を審査した上で、決算書不要で融資するサービス「dayta」を提供しています。融資判断のために必要なデータの蓄積と解析技術の強化を進めることにより、サービスの幅をより広げていこうと考えていおり、データサイエンティストと呼ばれる職種の方が活躍しています。

「創造」と「変革」を目指して

 当社では「創造」と「変革」という標語を掲げています。最先端のテクノロジーを活用した革新的な事業を生み出し続けるため、社員の独創的なアイディアとチャレンジ精神が必要です。当社にはベンチャー企業やコンサルティングファーム、広告代理店など様々なバックグラウンドを持つ人が、世の中にインパクトを与えるような新しいことを成し遂げたいという強い意志を持って集まっています。既存のマーケットを変革していき、金融の枠にとらわれず持続可能な社会を実現するため時代にチャレンジしていく気概を持った人を求めています。

この記事を書いた人

上田哲夫

滋賀大学経済学部卒、第一勧業銀行(現みずほ銀行)にて本店営業第三部やグローバル企業第二部、企業調査部等で大企業営業や企業再生・M&A等投資銀行業務、支店や審査部門にてマネジメント業務に従事。 その後、ソニー銀行にて法人融資やタイアップ営業(住宅ローン・カード)及びマネジメント業務に従事。

[ 担当業界 ]
大手銀行、ネット銀行、投資銀行、経営・財務等マネジメント人材