オルタナティブ資産運用に強み
「東京海上アセットマネジメント」

日本最大の保険会社グループの運用会社

企業と投資家の架け橋となって企業と資本市場の健全な発展を支える、と企業理念として、機関投資家対応への日本最大の保険会社である東京海上グループの資産運用の中核を担う会社です。経営理念には、「当社は、資産運用を通じて豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献します。お客様の信頼をあらゆる事業活動の原点に置きます。時代を先取りする創造的な企業を目指します。」を掲げています。

また、経営理念を達成するための行動指針として、「TMAM Quality~お客様の期待の一歩先へ~」を策定し、その中でもプロフェッショナリティ、イノベーション、インテグリティを標語としています。専門性とノウハウを生かしたSR/IR支援サービスを提供するとともに、上場企業と機関投資家の良好な信頼関係の構築をサポートしています。

オールタナティブ資産運用が強み

ESGと責任投資に関する研究と企業の課題解決に関するアドバイスを強化するために、2020年8月に、「ESG/責任投資リサーチセンター」を創設しました。

ESG投資のメインストリーム化は「この不可逆的で複合的な潮流にいかに対応すべきか」という課題を企業と投資家に投げかけています。当社は2020年をESGと機関投資が本格的に結びついた元年と位置付け、専門家を増員し、リサーチを積極的に進めています。

創業以来の専門研究領域であるガバナンス(G)の知見と責任投資家の視点を活かして、ステークホルダー全体に対する企業価値の持続的成長と、長期的な投資リターン創出のための最適解を追求していきます。

グループ会社のデータを活用したサービス提供と営業基盤

2016年に東京海上不動産投資顧問を合併して以降、不動産分野も拡充しています。不動産運用を含めたオルタナティブ運用が強みで、PE(プライベート・エクイティ)、ヘッジファンドなどの運用を集約したことにより、さらなる体制強化を図っています。

従来より年金向け運用に強みがある運用会社ですが、近年ではリテール向け公募投信の商品開発・販売力強化にも力を入れていて、総合運用会社としての存在感が増してます。

裁量が大きい自由な社風

大手保険会社傘下である一方、キャリア採用でご入社された方の割合が高く様々なバックグラウンドを持った人材が集まっているため、いい意味で独自のカルチャーを醸成されています。そのため、新卒入社ではない方でも馴染みやすいです。自由闊達で風通しがよく、新しいチャレンジを後押しする社風です。

コトラでは業界動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。
最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきます。
また、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

鈴木健太郎

東京理科大学理学部卒。株式会社三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。支店にて中小企業向け融資に従事の後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にて引受業務・債券セールス業務等、またソリューションデザイン株式会社(企業再生ファンド)および丸の内キャピタル株式会社(バイアウトファンド)にて投資案件の検討・実行・バリューアップ・EXIT等を経験。その後、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社にて海外現地法人の経営管理に従事。
[ 担当業界 ]
アセットマネジメント、資産運用コンサルティング会社、ヘッジファンド、証券会社、銀行