東急不動産リート・マネジメント株式会社 2021年3月期決算資料を開示

東急不動産リート・マネジメント株式会社 2021年3月期決算資料を開示

東急不動産リート・マネジメント株式会社の概要

東急不動産ホールディングスグループの資産運用会社3社は、2017年4月に、上場REITと私募REITを運用する東急不動産リート・マネジメント㈱と、私募ファンドを運用する東急不動産キャピタル・マネジメント㈱の2社による運用体制に組織再編を実施しました。

投資対象としているアセットタイプは、住宅、商業施設、オフィスビル、物流施設、ホテル、再エネなど様々です。

このような幅広い領域において、2社間の異動を含む人事ローテーションを通じて様々な部署を経験することで、不動産投資運用業務全般に関するキャリアを形成していただけます。

スポンサーである東急不動産㈱を筆頭に、東急不動産ホールディングスグループによる総合力を活かした包括的なサポートの提供を受けているコングロマリット企業です。

■ホームページURL
・東急不動産リート・マネジメント㈱
・東急不動産キャピタル・マネジメント㈱

転職するメリット

・上場REIT、私募REIT、私募ファンド、様々なアセットを経験出来る。(ジョブローテーション有り)
・東急不動産(東急グループ)のネットワークをフル活用

東急不動産ホールディングスが2021年3月期決算資料を開示

先日東急不動産ホールディングス社が2021年3月期決算説明資料を公開しました。

同じグループの東急不動産リートマネジメント社と併せてご確認頂けましたら幸いです。

▼参考:東急不動産ホールディングス 2021年3月期決算説明会資料(参照 2021-05-17)

2021年3月期決算トピックス

営業利益 565億円(対予想+125億円)
当期純利益 217億円(対予想+47億円)

要因

分譲マンション事業、売買仲介事業、再生可能エネルギー事業等の好調。
東京ポートシティ竹芝(当社最大規模のオフィスビル)が満室で開業。

今後の見通し

昨今、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として経済活動の制約が続き、先行き不透明な状況が続くと思われますが、様々なアセットに対応している同グループはアフターコロナに向けた施策にも注力しています。

■オフィス 
曜日貸しやシェアオフィス等、多様化が加速した働き方に併せたワークスペースの提供

■商業施設
物販等従来型のテナントに加え体験型テナントの誘致にも注力

■再生可能エネルギー
稼働物件もコロナ禍に関係なく増加し、安定的に収益に寄与

■レジデンシャル
コロナ前の水準に回復

■ホテル
当面は国内需要の取り込み、DXを活用した運営効率の工場、コスト構造改革に注力

東急不動産ホールディングスグループへの転職ならコトラ

求人情報を、コトラのコンサルタントがご紹介します。求人票にはないリアルな情報もお伝えします。是非お気軽にお問い合わせください。

また、コトラでは関連ポジションを多数取り揃えております。東急不動産リートマネジメント社にご興味ある方も、ほかのポジションにご興味ある方も、ジョブマーケットの最新の動向、個別企業の状況をぜひお問い合わせください。

まずは、弊社の転職支援サービス(無料)にご登録をお願い致します。

転職支援サービスに登録する

コトラの転職支援サービス

「自分の経験を理解できる方に相談したい」
「非公開求人などハイクラス求人の情報が欲しい」


コトラでは転職を希望する皆さまに
転職支援サービスをご提供しております。
応募から面接、入社までのプロセスを
徹底的にお手伝いいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

金融カテゴリの最新記事