アセットマネジメントでのバイサイドアナリストとは?セルサイドアナリストとの違いも解説

セルサイドとバイサイドの違い

金融業界におけるアナリストという職種では、証券会社におけるいわゆる”セルサイド・アナリスト”と、アセットマネジメント会社等における”バイサイド・アナリスト”があります。

セルサイド・アナリストは、調査・分析の結果をレポートとして投資家等外部の顧客に向けて発信していくことによって、自社での売買取引を獲得することを狙っています。アナリストとして様々な媒体でのランキング投票なども実施されており、証券会社の顔役としての役割もあります。

バイサイド・アナリストは、調査・分析の結果を自社の運用部門・ファンドマネージャー等に還元することにより、運用力向上に資することを目的としています。対外的な発信はあまりありませんが、自社の運用パフォーマンスに直結するため、こちらも大きな責任を担っています。

アナリストの種類

運用会社では、多様なプロダクト・手法により調査・分析を実施しています。大きく分けると以下のタイプのアナリストがいます。

株式アナリスト

上場株式を専門に担当します。企業の開示情報・財務諸表をベース調査・分析し、また直接企業の経営陣やIR担当とのミーティングを通して、当該企業の業績と株価の推移を予想します。

クレジットアナリスト

債券全般を担当し、債券の発行体(ソブリンや企業等)に関する調査・分析を実施します。こちらは株価の予想ではなく、発行体のクレジットリスク(信用リスク)を調査・分析し、債券の利回り(債券価格)がどのように推移するかを予想します。

クオンツアナリスト

金融工学等を駆使して定量的・統計的アプローチにより市場や金融プロダクトの調査・分析を行います。

最近は、ビッグデータやAIを活用した運用モデルを開発する役割も担ってきています。資産運用にどう活用するかの研究・調査を担当している場合もあります。

ESGアナリスト

最近、専門のポジションとして増えてきた職種で、ESG要素を含む企業の非財務情報をもとに、財務情報等ファンダメンタル分析も合わせて、企業のESG評価をします。

バイサイドアナリストの業務

企業取材

担当セクター・企業の経営陣やIR担当とミーティングを実施し、今後の業績見通しや、非財務情報について取材します。

場合によっては、企業の工場等の施設や海外拠点の見学なども実施して、企業の実態の把握に努めます。

決算対応

企業の決算発表時に、迅速に決算資料を分析します。決算説明会への参加も通して、企業の最新の情報を入手してタイムリーなレポート作成・企業評価を行います。

ファンドマネージャーへの銘柄推奨・投資アイディアの提供

企業への取材や決算分析通して様々な企業の調査・分析を行った結果として、アナリストとしての投資推奨銘柄・投資アイディアをファンドマネージャーに提供します。

エンゲージメント

投資先の企業価値向上のために、企業の経営陣・IR担当等に対して中長期的な視点で対話・提案を行います。責任投資専門の部署・担当者がメインに行うことが多いですが、アナリストとしてもエンゲージメント活動を行うことがあります。

バイサイドアナリストに求められる能力

担当セクター・企業・発行体に対する幅広い知識・情報収集力、また財務情報および非財務情報も加味した総合的な企業(発行体)価値評価能力が求められます。そして、マーケット動向に合わせて株価・債券価格等がどのように推移するかの予測能力も必要です。また、それらをもとにした投資アイディアの創出力も大事となります。

バイサイドアナリストへの転職ならコトラ

バイサイドアナリストへの転職をお考えでしたらコトラにお任せください。

コトラの特徴は、転職支援を行うコンサルタント自身が業界出身者であることです。金融業界・コンサルファーム・メーカー・元経営者など多様な経歴のコンサルタントが在籍しております。そのため、候補者の皆様の経歴を深く理解したうえでキャリアアドバイスを行うことができます。

業務経験を持つコンサルタントが、「自らの転職・業務経験」「これまでのキャリアで築いてきたコネクション」「転職先企業とのリレーション」を生かして転職支援を行っています。非公開求人も多数あり、あなたにピッタリの求人を見つけることができます。

もちろん相談するのも面談のセッティングするのも無料ですので、まずは弊社の転職支援サービスにご登録を。

「金融業界」を熟知したコンサルタントに転職相談する(無料)>

この記事を書いた人

鈴木健太郎

東京理科大学理学部卒。株式会社三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。支店にて中小企業向け融資に従事の後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にて引受業務・債券セールス業務等、またソリューションデザイン株式会社(企業再生ファンド)および丸の内キャピタル株式会社(バイアウトファンド)にて投資案件の検討・実行・バリューアップ・EXIT等を経験。その後、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社にて海外現地法人の経営管理に従事。
[ 担当業界 ]
アセットマネジメント、資産運用コンサルティング会社、ヘッジファンド、証券会社、銀行