ヘルスケアコンサルタントとは

ヘルスケアコンサルタントとは
heart - ヘルスケアコンサルタントとはloading - ヘルスケアコンサルタントとはお気に入りに追加
11 - ヘルスケアコンサルタントとは

ヘルスケアコンサルタントの仕事内容とやりがい

「ヘルスケアコンサルタント」とは、医療コンサルタントとも呼ばれ、医療分野に特化したコンサルティングを行うコンサルタントのことです。

医療機関や、介護・福祉施設、医療・ヘルスケア関連企業などから依頼を受けて、経営面の問題解決のための支援を行うことが医療コンサルタントの大きな役割です。
具体的には、経営分析、課題選定、経営戦略・事業計画の立案など広範囲に渡ります。

ヘルスケアコンサルタントは、医療機関や介護福祉施設の安定した経営を支援し存続させることで社会の人々に豊かな医療を提供するという、大きな社会的役割も担っており、やりがいも大きい仕事です。

コンサルティングファームの主な種類

医療介護系ファーム

主に病院やクリニック、介護事業者を中心に法人経営のコンサルティングサービスを提供
病院・クリニックに向けては、病院経営の戦略・ビジョン策定、経営改善、病院統合やM&Aのサポート、院内の人事コンサルティング、医療情報システムの導入支援。
介護事業者に向けては、人材マネジメント、マーケティング、ブランディング、運営上の改善などを包括的に支援。
また新規開業支援として、診療圏調査や立地選定、事業計画、資金調達、院内レイアウトの構築などを支援。

メディカル系ファーム

主に医薬品メーカーおよび医療機器メーカー向けにコンサルティングサービスを提供
基本的経営戦略、グローバル戦略、M&Aのサポートやマーケティング戦略、プライシング戦略、組織の改善。
経営戦略としては、中期的な視点での事業環境やステークホルダーの変化を見据えた戦略策定や、今後投資すべき疾病領域や医薬品領域のポートフォリオ戦略などを策定。
データ解析のノウハウを生かし、営業やマーケティングの戦略・プライシング戦略を得意とするファームも多いです。

戦略コンサルティングファーム(ヘルスケアチーム)

主に外資系の大手製薬メーカーや大手医療機器メーカー、大手日系医薬品メーカー、主要医療機関に対しコンサルティングサービスを提供
戦略系コンサルティングファームの医療業界を担当する専門チームで、医療業界の幅広い知識、経験を活かし、様々な経営課題やニーズに対し、事業戦略や解決策の提案、実行を支援。
また、主要医療機関や自治体に対してコンサルティングサービスを提供することもあり、経営全般、事業、価格、営業、マーケティングなど多面的に戦略面をサポート。

8 - ヘルスケアコンサルタントとは

ヘルスケアコンサルタントのトレンド

超高齢化社会への突入と共に、医療・介護業界の人手不足が深刻化する中で、様々なIT技術を医療・介護業界に応用したサービスも増えてきています。これにより、従来の医療関連企業のみならず、色々な業種の企業が医療ヘルスケア分野に進出してきています。
昨今、ヘルスケアコンサルタントの需要が高まる中、「高度なIT知識をもっていること」もヘルスケアコンサルタントとしての大きな強みの1つになります。
医療業界の知識や経験が重視される場合ももちろんありますが、ITコンサルタントとしての経験や知識なども重視されるようになってきており、ITコンサルタントとして活躍してきた方にとっても、このトレンドは新たな転職のチャンスとなっています。

また近年、医療機関からの相談は多様化しており、幅広いニーズに応え、質の高いサービスを提供するために、様々な経歴を持った人材を採用しようという動きが各コンサルティングファームで高まっています。 そのため、医療業界経験者のみならず、多彩な経歴を持った方々が医療コンサルタントとして活躍するケースも少しずつ増えてきています。

>ヘルスケアコンサルタント、コンサル業界転職のご相談(無料)はこちら

ヘルスケアコンサルタントの最新求人情報

この記事を書いた人

KOTORA JOURNAL | ヘルスケアコンサルタントとは

コトラ(広報チーム)