豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタント

豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタント
heart - 豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタントloading - 豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタントお気に入りに追加
22 - 豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタント

日々、多様化・複雑化するWebサービスを、豊富な経験と専門知識を生かして支援するWebサービスのプロフェッショナル「Webコンサルタント」について解説します!

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

Webコンサルタントとは

クライアントのビジネスの成功のために、Webに関する様々なサポートを行う専門家が「Webコンサルタント」です。市場調査や現状把握、Web戦略やマーケティング施策立案、サイトの課題抽出と課題解決、制作・開発の支援、業務フローの改善など、WEBコンサルタントの業務範囲は多岐にわたります。

デジタル化やSNSの普及によって、Webが活用される機会は急増しましたが、体系的なノウハウを持ったWeb担当者がいないため、十分に効果的な活用が出来ていないという企業も多いのが現実です。このような会社がWebの効率的な活用によって業務改善を図るには、Webコンサルタントはなくてなならない存在です。

Webコンサルタントの仕事内容

コンサルタントの主な役割は、クライアントが抱えるWebに関する課題を解決や施策実行のサポートを通して、事業に貢献することです。そのためにはまず、事前の調査や準備が必要不可欠です。第三者的な視点で、内部の人が気付きにくい課題も見極め、Web戦略や施策を立案します。

近年は、Webに関する施策の対象も、「SEO」「コンテンツマーケティング」「アプリマーケティング」「インフルエンサーマーケティング」「ソーシャルメディアマーケティング」など多様化しており、全般的に支援を行うコンサルティング会社、特定の分野に対してコンサルティングを行う会社など、様々です。

さらに、デジタルマーケティングが急速に普及している昨今では、「CRM(顧客関係管理)」「SFA(営業支援システム)」「MA(マーケティングオートメーション)」といったツール導入のサポートを行うことも多いです。

Webコンサルタントの業務は幅広く、コンサルティング会社によって仕事内容も違いますが、ここでは、一般的なWebコンサルタントに主な仕事内容として共通する、「戦略立案」「サイト改善」「集客」について詳しく説明していきます。

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

戦略立案

Webコンサルタントの主な仕事の一つである、戦略立案では、クライアントや関係者へのヒアリング、ユーザーへのアンケートなどの調査結果を踏まえて、客観的な視点で、課題解決や目標達成に向けた、企画や施策を立案します。具体的なWeb戦略プランが完成したら、サイトの制作や改善、SNSでの集客、SEO対策、顧客管理やメルマガの有効活用など、様々な施策を組み合わせて、具体的な実行計画を策定します。

ユーザーニーズや社会情勢が目まぐるしく変化する中では、クライアントの強みや価値を打ち出すことが重要です。激化する競争の中でビジネスを成功させるためには、Webコンサルタントが、第三者の視点で、差別化できるポイントを打ち出した施策を展開することが非常に効果的です。経営者や事業責任者レベルとの交渉が多くなるため、経営視点での豊富な知識や経験を駆使し、経営に大きなインパクトを与えるコンサルティングを提供する必要があります。

サイト改善

Webサイトの改善もWebコンサルタントの主な業務の一つです。
クライアントのサイトの課題を見つけ出し、より効率的な運営のためのアドバイスをおこないます。KGIやKPIが未設定の場合は、アクセス分析ツールを導入し、指標を定点観測するところから始めます。

サイトの目的に合わせて、一般的に次のような指標を用います。
・ブランディングや認知向上が目的の場合: PV(ページビュー)数
・会員登録や資料請求、お問い合わせなどが目的の場合: コンバージョン数
・販売や予約などのECサイト: ROAS

これらの数値を、目標値や標準値と比較し、見つけ出した課題に対して改善策を提案します。定量的なデータに加えて、ヒートマップやユーザーテストのような定性的なデータを活用する場合もあります。また、ユーザーが最初に到達するLP(ランディングページ)からのCVR(コンバージョン率)を向上する取り組みである「LPO(ランディングページ最適化)」や「EFO(エントリーフォーム最適化)」のサポートを行うこともあります。

集客

Webを活用した、集客・販売促進活動である「Webマーケティング」のコンサルティングを行うこともあります。クライアントのWebサイトの閲覧数を増やすことで、商品やサービスの情報を届けることが目的です。
具体的には、リスティング広告やディスプレイ広告、アフィリエイトなど、様々なネット広告を活用してサイトの流入数を増やしたり、SEOやコンテンツマーケティング、SNSを運用してファンを獲得を目指す取り組みを行ったりします。
Web集客では、効率的に目標を達成するために、適切なメディアに広告を配信するためのプランニングが重要です。そのためには、広告の知識や経験が必要となります。
SNSで公式アカウントを運営する場合は、やみくもにフォロワーやいいね数を増やすよりも、利用者になりえる顧客層やファン層にアプローチすることが重要です。投稿後には、効果的な投稿内容や投稿時間、費用対効果の分析をするなど、しっかりとレビューを行い、PDCAを回す必要があります。

23 - 豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタント

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

Webコンサルタントに求められるスキル

Webコンサルタントには、Webに関する専門知識だけではなく、コンサルタントとしての幅広い知識も必要です。また、仕事で関わる内容も多岐にわたり、テクノロジーの進歩やトレンドの変化も速い業界で、エンジニアやデザイナーと協力してプロジェクトを進めていくためには、流行に敏感で、新しいものを積極的に取り入れられる人が向いています。

それでは、Webコンサルタントに必要なスキルを、具体的に紹介していきます!

課題解決能力

クライアントの利益拡大のためには、改善すべき課題を見つけ出し、効果的な解決策を考案するスキルが必要です。サイト上で、問題箇所を探す際には、アクセス解析や広告管理画面などからデータを取得、分析できるスキルが役立ちます。また、流入経路毎のコンバージョン率やヒートマップでWeb上のユーザーの動きを分析し、その結果から仮説を立てたり、客単価やサイトの流入数について時系列で比較したりすることも可能です。

改善すべき課題が抽出できたら、それに対する解決方法を提案します。問題の原因は多岐にわたるため、第三者の視点で、様々な可能性を視野に入れながら、解決策を検討します。クライアントの要望をしっかりと把握し、ビジネスや予算に合わせた戦略を立案するスキルも必要です。

コミュニケーションスキル

Webコンサルタントは、クライアントや外注業者(サイトの制作やシステム開発など)と円滑に業務を進めていくために、コミュニケーション能力が必要です。クライアントの要望を正確に把握したり、業務の調整を行ったり、関係各所と良好な関係を保ち、プロジェクトを成功に導くためには、コミュニケーションスキルは欠かすことはできません。

コミュニケーションスキルの中でも、まず、クライアントのビジネス内容、現状、課題、要望などを把握するヒアリング能力が重要です。効果的な戦略立案のためには、重要な情報を正確に引き出す必要があるからです。

また、企画した施策を実行するためには、クライアントに自分の考えを分かりやすく伝える力や、相手を納得させることのできる提案力も必須となります。
さらに、実際に施策を推進する際には、エンジニアやライター、デザイナーに要望を正確に伝える能力も必要となってきます。

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

リサーチ力

コンサルティングを実施するためには、調査やリサーチのスキルも非常に大事です。
業界やターゲットについて熟知していなければ、効果的な提案を行うことはできません。また、施策の効果を見積もるためには、マーケット規模や市場規模に関する調査をしっかりと行う必要があります。Webを活用する以前に、ニーズや市場性があるのか、事業展開する上で法律などの規制はないか等、事業を拡大する上で根本的な問題がないか確認する必要があるからです。

クライアントのビジネスを成功に導くWebサイトを作るためには、ターゲットについて詳しく知ることが重要です。商品やサービスのターゲットのニーズを徹底的に調査して、そのニーズを的確に満たすことのできる提案を行う必要があります。
このように幅広いリサーチを、素早く、正確に行うことできるスキルが必要となります。

豊富な知識専門知識

コンサルティングをする上では、Webやインターネットに関する幅広い知識が求められます。SEOやリスティング広告などのWebマーケティングに関する知識、Web制作やUI/UXデザイン、システム、スマホアプリ、ページ改善や広告の分析を行うために有効なツール、各種SNSなど、様々な知識が必要です。

また、効果的な広告作成やキャンペーン施策を立案するためには、ターゲットとなるユーザーに適した広告媒体やメディアを把握しておくことが重要です。

さらに、クライアントが依頼するWebコンサルタントを選定する際には、自社の業界に関する知識量も大きな判断基準となります。日頃から、過去に実績がない分野や業界に関しても、積極的に情報を収集することで、
Web業界はトレンドの移り変わりが非常に早いため、社会の情勢や流行、最新のアプリ、SNSのトレンドキーワードなど、日々アンテナを張り、情報をアップデートしておくことが大切です。

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

WEBコンサルタントへの転職

Webコンサルタントになるために必要な資格はありません。
しかし、実際にコンサルタントとしてプロジェクトを進めていくには、Webサイト制作や開発、運用などの実務経験やビジネスの基礎知識が必要です。
一般的には、ある程度、Webやコンサルティングのキャリアを積んでから、社内異動や転職でWebコンサルタントになるケースが多いです。
Webコンサルタントの活躍の機会が多い、制作会社、広告代理店、コンサルティング会社のキャリアパスの例を紹介します!

制作会社

制作会社やシステム開発の受託企業では、新卒入社の場合、Webデザイナーやディレクターとして経験を積んだ後に、社内異動でコンサルタントへとキャリアチェンジするケースがあります。キャリア採用の場合は、マーケティングや経営企画・事業企画での経験や、営業職で培ったコンサルティング能力が評価されて、Webコンサルタントとして採用されるケースが多いです。

制作会社では、日々、Webに関わるという業務の特性上、自然と様々なノウハウを蓄積しやすいので、コンサルタントとしてプロジェクトを進める際には、実例に基づいたコンサルティングを提供できるという強みがあります。

広告代理店

広告代理店の場合も、制作会社同様に、新卒入社後に、Webプロモーションのノウハウを身につけてから、Webコンサルタントにキャリアチェンジすることもあれば、前職での経験を生かし、コンサルタントとして中途入社し、活躍するケースもあります。

広告代理店では、Webに関する案件を総合的に担当する場合が多く、営業やヒアリングなどのコミュニケーション能力を磨く機会も多いです。広告代理店で、Webコンサルタントとして働く中で、プレゼンテーションスキルを高めたり人脈を広げることで、将来、フリーランスのWebコンサルタントとして活躍する道も開けます。

コンサルティング会社

Web業界での実務経験を生かして、コンサルティング会社に入社して、Webを専門に担当するコンサルタントになるキャリアパスもあります。ビジネスのDX化が急速に進む中、クライアントのビジネスの成功のためには、Webコンサルティングは欠かせないものとなってきています。

昨今では、この流れを受けて、アプリ開発やWeb制作の分野まで業務を拡大するコンサル会社も増加中です。コンサルティングのノウハウも磨きながら、Webコンサルタントとして活躍したい人にとっては、絶好の転職先と言えます。

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

まとめ

近年、Web技術の活用は、ビジネスの成功にとって欠かせないものとなっています。
しかしWebプロモーションの必要性や重要性が高まる一方で、Webサービスは、日々、多様化、複雑化しています。

このような中で、Webサービスを効果的に展開していくために、企業がWebコンサルタントに依頼するケースも急増中です。WebコンサルタントはWebサービスの専門家として、経験やノウハウを生かしながら、常に知識をアップデートし、最新の知識を業務に取り入れることで、企業のWeb活用を支援します。
Webコンサルタントは、情報化社会の中で、今後さらに需要の増加が見込まれ、非常に重要な役割を担う、やりがいの大きい仕事です。

さらに、Webコンサルティングの技術は世界共通なので、言語能力があれば、さらに活躍の場をグローバルに広げることもできますし、かなり将来性の高い職業と言えます。

>IT・Web業界、コンサル業界に詳しいコンサルタントへの相談はこちら

WEBコンサルタント、デジタルコンサルタントの最新求人情報

この記事を書いた人

KOTORA JOURNAL | 豊富なノウハウと最新の知識でWebサービスを支援する!Webコンサルタント

並木雄助

大学卒業後、大手計測器メーカーに入社。自動車試験装置の設計開発に従事した後、自動車部品(tier1)メーカーに転職。防振製品の研究開発や自動車メーカーへの出向を経験した後、現職
[ 担当業界 ]
メーカー、製造業