金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

編集者の仕事・役割とは

編集とは「一定の方針のもとに、いろいろな材料を集めて新聞・雑誌・書籍・WEBなどの情報メディアをまとめあげること」を言います。「一定の方針のもとに」というのは、1つのテーマ、コンセプトを打ち出し、それに従いながら、企画・制作作業を行っていくという意味です。また、「まとめあげる」という意味合いには、企画というクリエイティブな側面だけではなく、予算・スケジュール管理などのプロジェクトマネージメントの領域も含まれます。制作物の企画から完成まで、すべてのフェーズを監督するのが編集の役割です。

編集・ライターに関連する求人を探す

編集者とは

編集には新聞・書籍・雑誌・広告・Webなどのカテゴリーがあります。編集者の仕事は、企画立案からはじまります。テーマやタイトルだけでなく、細やかなページの構成やページ割まで行います。企画会議にあたって、スケジュール、コストの設定を担当。さらに、制作にあたり、取材相手へのアポイント、ライターやカメラマンなどのスタッフ手配、取材同行、原稿整理、デザイン発注を行います。すべてのデザインが終わると、入稿、校正作業までを進行管理します。
仕事領域は企業によってさまざまで、細かく担当が分かれている場合もあれば、自分でライティング・撮影まで行う場合もあります。編集者の仕事内容は、手がける領域により、実に多様です。例えば雑誌という媒体1つとっても、ファッション、グルメ、趣味、パソコン誌など、細かくジャンルが分かれ、それぞれの編集者の業務内容は違ってきます。締め切り前にはかなり忙しくなるのも編集者の仕事の特徴です。

編集者の仕事のやりがい

編集の仕事で一番のやりがいは、やはり自身の手掛けた原稿が完成し、世の中に出ているのを目にした時でしょう。書籍や雑誌であれば本屋さんの店頭に並んでいるのを目撃したとき、WEBメディアであればネット検索で表示されたりWEBニュースなどに取り上げられたとき、大きな達成感を味わうはずです。
また、小説や漫画の編集を担当していれば、作家がきちんと原稿を書いて、手渡してくれた瞬間も、やりがいを感じます。作家がスランプに陥った際には、編集者が作家のモチベーションを引き出し、作品を完成へと導いていく。作家と一心同体となって作品を作り上げていく過程は、苦労もありますが、完成の喜びにまさるものはありません。自分自身が最初の読者になることができるというのも、編集者ならではの醍醐味です。さらに、作品がヒットしたら、編集者としての評価や自信にもつながります。何よりも大切なのは、「本を作りたい」「読書が好き」「情報を発信したい」といった思いです。

編集者に必要なスキル・資格

編集者には、スケジューリング力や、コミュニケーション力も求められますが、やはり一番に発揮されるべき能力は「企画力」です。編集者としてよい企画を生み出し続けるには、「独自のモノの見方」ができることが重要です。日頃からアンテナを張りめぐらせて、街を歩いたり、話題スポットやお店を訪れるときには、編集者視点で「この店を記事にするならば、どんなタイトルがいいかしら」と無意識に考えてみるクセをつけると、仕事のスキルアップにも役立ちます。編集者に、理系・文系は関係なく、高い文章力もマストではありません。ただ、新しいモノや考え方が好きで、それらを独自の目線で捉えられる人が編集者に向いているといえるでしょう。

編集者の年収・給与

編集者は、会社員として出版社や編集プロダクションに勤めるパターンと、フリーランスで働くパターンがあります。いずれも実力主義の傾向が強い世界です。
新人編集者の多くは、雑用をこなしながら仕事を覚えていきます。安い給料で、激務というのが当たり前の職場です。特に編集プロダクションは給料面・待遇面ともに下積みが長い傾向にあり、大手出版社の方が優遇されます。編集者の年収は、250万円〜700万円程度と個人差があります。

編集者のキャリア

大手出版社は、狭き門であり、新卒入社が最大のチャンスです。もちろん大手に入れれば安定してキャリアを積み上げられますが、中小規模の編集プロダクションで実務経験を積むこともキャリアアップの手段です。編集プロダクションは出版社の下請け業者であり、ハードな環境ではありますが、編集の最前線で仕事ができます。入社1、2年で、外部ライターやカメラマンへの依頼や打ち合わせ、取材のアトンドなども任せられ、上司への企画出しのチャンスを与えられることも。厳しい毎日の中でも着実にスキルを磨き、プロの編集者へと自らを鍛えることができます。web編集業務は、紙媒体よりもニーズが増えており、今後も市場成長が見込めます。web専門の編集者という選択肢もあります。

編集職における有名企業

出版社では、講談社、集英社、小学館が三大大手です。他にKADOKAWA、学研ホールディングス、光文社、宝島社、日経BP、新潮社などがあります。タウン情報誌などフリーペーパーでも編集職を募集しています。
webメディアごとにも編集者のポジションがあり、求人は多数あります。化粧品、グルメ、旅行などの有名ポータルサイトや、人気キュレーションサイトは、大手企業が運営しているため、正社員の編集職は給与・待遇ともに安定しています。

編集者への転職をご検討のかたへ

    コトラでは、業界、職種、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
    サイトで公開できないハイクラスな非公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

    無料でコンサルタントに転職について相談する
     

    編集・ライターに関連する求人を探す