グラフィックデザイナーの仕事・役割とは

グラフィックデザイナーの仕事・役割とは

グラフィックデザインとは、デザインを通して情報を伝える表現手段。ポスター、新聞・雑誌に掲載される広告をはじめ、商品パッケージ、パンフレット、書籍・雑誌・音楽アルバムの装丁、店舗の看板・ロゴ、企業のCIなど、あらゆる商業デザインが、グラフィックデザインの領域です。

グラフィックデザイナーの求人を探す
 

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは、それぞれの専門分野や得意領域を持つことが多い傾向にあります。
ポスター、新聞広告、雑誌広告などワンビジュアルでインパクトを与える広告グラフィックを得意するデザイナー。
カタログや会社案内、学校案内など、情報量・文字量が多い紙媒体を得意とするデザイナー。
本や雑誌、アルバムの表紙など作品のイメージをグラフィック化するデザイナーもいます。
あるいは、店舗ロゴや企業ロゴなど象徴的なマークのデザインを得意とするデザイナーや、商品パッケージに特化したデザイナーもいます。
さらには、店頭ツールやディスプレイツールなど立体販促物のデザインを専門とするデザイナーもいれば、キャラクターデザインを得意領域とする人もいます。

デザイナーの仕事は、パソコンでイラストレーター、フォトショップなどのソフトを使ってデザインをするだけではありません。
デザインの目的は、対象となるモノの魅力を、表現やアイデアの力で最大化してターゲットに伝えること。
対象商品の魅力がどうすればターゲットに伝わるかという視点で企画を行い、手描きのラフスケッチでイメージを明確化し、その後ようやくパソコンでのデザイン作成に入ります。制作物によっては、イラストレーターやコピーライターなどとチームを組んで制作をすることもあります。

グラフィックデザイナーの仕事のやりがい

グラフィックデザイナーが最もやりがいを感じるのは、やはり自分の制作したデザインが世の中に出るのを見にした瞬間でしょう。またクライアントである制作依頼主から、感謝をされ、自身のデザインが評価を受けたときに大きな達成感を感じるはずです。
デザインの良し悪しは、売れ行きに大きく影響します。手がけたデザインを目にした誰かが「欲しい」と思って買ってくれたり、そのデザインがネットなどで話題になるのを見かけたとき、制作の苦労も吹き飛ぶほどのやりがいを感じます。

グラフィックデザイナーに必要なスキル・資格

グラフィックデザイナーに必要になるのは、大学・専門学校で学ぶデザインの基礎知識、そして、イラストレーター・フォトショップなどのデザインソフトの使用スキルです。
また、デザイナーは、モノの魅力をデザインで伝える仕事でもあるので、洞察力や、マーケティング的な視点も重要になります。
クリエイティブディレクターや、プランナー、コピーライターなどと組む場合は、周りからの指南を受けられますが、自身でもトレンドや、マーケットに敏感でいる姿勢が大切です。
こうしたトレンド意識は、デザインそのもののレベルアップや、クオリティにも現れます。さまざまなアートやカルチャーに触れ、多くのアイデアの引き出しを持つことが、求められる課題へのアウトプットを高め、オリジナリティと想像力に秀でた作品を生み出すことにつながります。

グラフィックデザイナーの年収・給与

グラフィックデザイナーの年収は300〜430万円程度が平均的と言われています。雇用形態として年俸制、裁量労働制を採用し、深夜残業や徹夜が重なっても、残業代がつかない会社が多い傾向にあります。体力面でもタフさが求められがちです。
一方で、大手広告代理店のデザイナーなどごくひと握りは、30代で年収1000万円というケースもあります。メーカーのデザイン部、中堅広告会社に就職した場合は、450〜700万円程度でしょう。

グラフィックデザイナーの有名企業

狭き門ではありますが、大手広告代理店として電通、博報堂、アサツーディケイがあります。
大手広告代理店では、街で見かけるような大手企業のキャンペーングラフィックを手がける機会も多くあります。
中堅企業では、東急エージェンシー、阪急エージェンシーなど電鉄系の広告代理店や、読売広告社、大広などが有名です。
広告代理店の下請としては、多数のプロダクションがあります。プロダクションは、広告に強い会社、カタログに強い会社、ロゴ・CIに近い会社など、それぞれ得意領域があります。
大御所クリエイターが独立起業したプロダクションもあります。プロダクションは、代理店と比べて、待遇面では劣り、体力面でもハードですが、ここで実力をつけて代理店へのステップアップ・独立・フリーランスとして活躍する人もおり、チャンスを活かせるかは、本人次第です。
他に大手メーカーには、デザイン部がある場合もあり、自社商品のパッケージデザインや、広告グラフィックの代理店への指示出しなどを行います。

グラフィックデザイナーへの転職をご検討のかたへ

    コトラでは、業界、職種、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
    サイトで公開できないハイクラスな非公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

    無料でコンサルタントに転職について相談する
     

    グラフィックデザイナーの求人を探す
     

    コトラの転職支援サービス

    「自分のニーズや希望を伝えて、コンサルタントに相談したい」
    「ジョブマーケットの最新の動向、個別企業の状況を詳しく聞きたい」


    コトラでは、転職を希望する皆さまに、 転職支援サービスをご提供しております。
    応募から面接、入社までのプロセスを徹底的にお手伝いいたします。
    まずはお気軽にご相談ください。

    その他カテゴリの最新記事