金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

ライターの仕事・役割とは

ライターの仕事は、「文章を書く仕事」とイメージがしやすいですが、実際にどんな文章を書いているのか、どんな場所に掲載される文章を書いているかと聞かれると、すぐには答えられない方も多いかもしれません。
SNSやブログなどで誰もが簡単に文章を発信しやすいこの時代。ライターって、何をしているの?特別な能力が必要なの?と疑問に感じるかもしれません。読み手にとってわかりやすく、説得力が感じられる文章には、ライティングのスキルが影響します。
商業的な文章や、読み物として収益をあげたいメディアでは、文章の良し悪しがとても重要です。あまたと溢れるメディアや広告の中から、生活者の目を引きつけ、興味を抱かせ、心を動かす文章には、テクニックやセンスが求められます。

編集者・ライターに関連する求人を探す

ライターの仕事とは

「ライター」とは、雑誌、書籍、Web、フリーペーパーなどに掲載される記事を書く仕事です。一口にライターといっても、「何を書くか」によって、その呼び方はさまざま。書く文章の性質に応じた肩書きがあります。web媒体を専門にしている場合は「webライター」、雑誌の場合は「雑誌ライター」、社会的問題などの取材を重ねて記事を書く場合は「ルポライター」、ドラマ・映画・舞台のセリフを書く場合は「シナリオライター」、主観的視点を重視した評論・エッセイなどの短い文章を書く場合は「コラムニスト」と呼ばれます。広告のキャッチコピーやカタログの文章などを書く「コピーライター」も、ライターに含まれます。
ライターの仕事は、主に編集者から「こういう企画のために、こういう文章を書いてほしい」と依頼を受けてスタートします。
書く文章は、媒体の特性やジャンルによって多種多様です。たとえば、美容関連、旅行関連、自動車関連、経済関連、医薬関連、企業ホームページの文章、マニュアルなどが挙げられますが、そこでは必ず「何のために書くのか」という目的を考えることが必要です。また、その文章を「誰に届けたいのか」というターゲット像を具体的に思い描いた上で、内容選定や言葉選びをしていきます。
最近は、インターネットの普及により、web関連のライティング業務も増えており、メルマガや、キュレーション記事のライティングなど、仕事の幅も広がっています。

ライターの仕事のやりがい

ライターの仕事は文章を書くことですが、その手前のステップが実はとても重要です。記事を書くための情報収集、取材、編集者・デザイナーとの打ち合わせなどの工程です。一見面倒にも思えるこうした下準備を丁寧に行なってこそ、的確で伝わりやすい文章のアウトプットに繋がります。さらに、単に正確に書くだけでなく、ライター独自のユニークな視点やセンスを織り交ぜ、魅力的な文章に仕上げられるかが、腕の見せ所です。

ライターに必要なスキル・資格

ライターには、広く深い知識が求められますが、ほとんどのライターは自分の得意分野を持ち、それを強みに仕事をしています。駆け出しのライターの場合、様々なジャンルの記事を書きながら腕を磨くことも多いですが、徐々に自分の得意分野を見つけ出していくことが大切です。たとえば、美容に詳しい女性あれば、化粧品、エステ、美容習慣など、女性読者向けの専門記事を書くのに優位です。他に、金融・医薬・ゲーム・芸能など専門性が問われるジャンルはさまざまです。需要のありそうな分野や、競合の少なさそうなニッチな分野を見つけ、自分の得意分野にしていきましょう。

ライターの年収・給与

ライターの給与体系は大きく2つに分かれます。出版社・編集プロダクション・広告会社などに雇われる「会社勤めライター」と、「フリーランスライター」です。前者の場合、年収は会社によりさまざまですが、一般的な会社員と同等で、300万円〜600万円程度が一般的です。
後者の場合は、案件ごとの単価で報酬を得ることになります。ライターの単価は、実力や経験、内容によりかなりの幅があります。駆け出しのころは月数万円から月収10万円程度になる人が多いようです。

ライターのキャリア

文章が書ければ誰でもライターを名乗ることはできます。しかし記事を書いても、メディアに掲載してもらわなければ仕事として成立しません。昔ながらの売り込み方法では、雑誌社やメディアに作品集を持ち込むやり方があります。編集者は横のつながりでライターを探すこともあり、得意分野やスキルを知ってもらうことがポイントです。最近は、「クラウドソーシング」や「キュレーションサイト」のライター募集に応募して、実績を積んでいく方法もあります。また個人のSNSやブログをライティングスキルのアピールにも活用できます。しかし、安定収入を望む方は、ライター職として企業に就職することがおすすめです。

ライティングに強い有名企業

ライターの採用は、新聞社、雑誌社、雑誌プロダクション、webメディア運営会社、広告代理店などがあります。狭き門ではありますが、大手新聞社は記者職を採用しています。大手雑誌社は、外部の編集プロダクションや、フリーランスライターに依頼するケースも多く、採用の有無は企業によります。雑誌編集プロダクションは、中小規模の企業が多いですが、ライター職を募集しています。フリーペーパーのライターも募集があります。webメディア運営会社もライター職の募集は比較的多く、LINE株式会社やサイバーエージェントなど大手にもポジションがあります。また大手広告代理店の電通、博報堂、アサツーディケイをはじめ広告代理店、制作会社や、リクルートなど求人広告会社でも、コピーライターを募集しています。

ライターへの転職をご検討のかたへ

    コトラでは、業界、職種、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
    サイトで公開できないハイクラスな非公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

    無料でコンサルタントに転職について相談する
     

    編集者・ライターに関連する求人を探す