企画・マーケティング職の仕事・役割とは

企画・マーケティング職の仕事・役割とは

マーケティングとは、「どうすればモノが売れるか」を客観的・論理的に思考し、売れる仕組みづくりをすること。市場調査・商品企画・製造・販売・宣伝などの工程に携わり、戦略策定・方向付けを行う活動です。消費者の関心や、市場の動向を把握するため情報収集や分析を行い、結果に基づいて、商品の販売戦略を立案し、企業活動を支えます。

企画・マーケティングの求人を探す

企画・マーケティング職とは

マーケティング職を担当する人のことを「マーケッター」と言います。仕事内容は企業によっても異なりますが、調査・分析・コンセプト立案などが一般的な仕事内容です。
調査には、インターネット調査、街頭調査、グループインタビューなど多数の手法があり、自社ホームページの顧客情報や、POSなどの購買データの分析を行うこともあります。ターゲットの消費行動、人物像、購買パターンを紐解くことが目的です。外部の調査会社を活用することもあります。
一方で、日常生活でもトレンドにアンテナをはり、消費動向についての情報集めを行います。話題のスポットに足を運んだり、自社商品が並ぶ店頭をリサーチしたり、ターゲットがSNSでどんな投稿をしているか観察したり、感覚的な情報収集・洞察力も、マーケッターに求められるセンスです。
こうして集めた情報を元に、ターゲット選定、商品コンセプトの設定、販売チャネルの策定、価格など、販売の核となる商品戦力を立案していきます。時には、商品そのものの企画や、ネーミング・デザインを発案することもあります。まさに、社内ブレーンとも言えるポジションです。社内の関連部門に理解・賛同を得ることも大切な仕事です。営業部門、宣伝部門とともに商品発売まであらゆるフェーズに携わっていき、企画骨子がブレないよう、舵取りをしていきます。
メーカーのマーケティング部ではなく、広告代理店に属する場合は、クライアント商品開発や広告企画にあたっての分析・方向性決定を外部ブレーンとしてサポートします。

企画・マーケティング職の仕事のやりがい

的確な分析・戦略立案を行い、周囲から評価されたとき、やりがいを感じらます。また、自らが手がけた戦略が核となって商品・サービスが誕生し、世の中でヒットした瞬間も、マーケッターにとってかけがえのない喜びです。
商品開発にゼロから携わるマーケティング部門は、実際に商品がカタチになるまでには膨大な時間と労力を費やすことになります。ときには、着想から発売まで、数年かかる場合も。だからこそ、自らが生み出した商品は、我が子のように感じられ、商品の成功は、自らのキャリアの財産となります。

企画・マーケティング職に必要なスキル・資格

マーケティング職に求められる資質は、情報収集力、分析力、企画力です。また、他部門や外部との連携も多い部署のため、コミュニケーション力も重要です。大学や大学院で、マーケティング理論、統計学を専攻していると有利になる場合もありますが、必須ではありません。
マーケティング部門は少数先鋭で未経験採用は少ない部署ですが、営業・開発など他部署での経験を評価されて、キャリアチェンジできるケースもあります。営業職として現場を知っていることが、マーケティングに役立つと考える企業も多くあります。
リサーチ会社、広告代理店の戦略部門、シンクタンクなどでマーケティング職に就き、その後、メーカーのマーケティング部門に転職するケースもあります。

企画・マーケティング職の年収・給与

マーケティング職は、男女共に30代で500万円を超えることが多い職種です。成果重視の外資系では、年齢に関わらず、優秀なマーケターを管理職に抜擢し、高額な給料を払うこともあります。800万円〜1000万円に達するケースも稀ではありません。
こうした環境には、海外の有名大学にてMBA(経営学修士)を取得した優秀な人材も集まります。マーケティング部は少数先鋭で個人の力量が問われる部門でもあるので、常に情報感度を高く持ち、他社のマーケティング戦略にもアンテナを張りながら自分を高め続ける意識が重要です。

企画・マーケティング職のキャリア

マーケッターは、最初にブランドマネージャーを目指し、ブランドの責任者として企画・開発・販売・宣伝までを戦略的に取りまとめる経験を積んだ後、次のステージとしてブランド横断で会社全体の利益拡大を目指すマーケティングマネージャー職を目指すケースが多いようです。広告宣伝部長などを任せられる企業もあります。
外資系のメーカーではマーケッター出身者がCEO(最高経営責任者)に就くことが多く、このようにマーケッターという職種は、経営者へとキャリアアップが狙えます。

企画・マーケティング職の有名企業

外資系消費財メーカーはマーケティングに強みを持つ企業が多く、特にP&Gのマーケティングは世界最高レベルと言われています。ユニリーバ、ロレアル、ネスレ、コカコーラなども人気が高いです。
こうした企業での経験を積み、他企業のマーケティング部門への転職をする人、起業する人もいます。USJ躍進の立役者となった盛岡氏がP&G Japanのマーケティング出身です。
日系企業でも、花王、資生堂、トヨタ、サントリーなど、一流企業でマーケティング経験を積めば、キャリアアップに役立ちます。
また電通、博報堂など大手広告代理店にもマーケティング部門があり、広告戦略立案にあたって調査、分析、企画を行なっています。

企画・マーケティング職への転職をご検討のかたへ

    コトラでは、業界、職種、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
    サイトで公開できないハイクラスな非公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

    無料でコンサルタントに転職について相談する
     

    企画・マーケティングの求人を探す

    コトラの転職支援サービス

    「自分のニーズや希望を伝えて、コンサルタントに相談したい」
    「ジョブマーケットの最新の動向、個別企業の状況を詳しく聞きたい」


    コトラでは、転職を希望する皆さまに、 転職支援サービスをご提供しております。
    応募から面接、入社までのプロセスを徹底的にお手伝いいたします。
    まずはお気軽にご相談ください。

    その他カテゴリの最新記事