金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

広報の仕事・役割とは

広報は「PR」とも表現されます。「新商品のPR」「自社をPRしたい」などと使われるPRという言葉は、「Public Relations」の略。「Public=一般の人々」との「Relations=関係性」をつくる仕事という意味です。つまり、社会と自社をつなぐポジションとして、企業・商品のイメージ構築や評価・評判の向上、リスクマネジメントなどをミッションとしています。
本記事では、広報の仕事や役割について解説し、転職活動に役立つ情報をお伝えいたします。

無料でコンサルタントに転職について相談する

広報の仕事とは

広報職は例えるなら、「会社全体のマネージャー」のようなポジション。会社をいかに世間に売り込んでいくかを担います。「●●メーカーといえばA社」「A社って良い会社だよね」といった、ポジティブな企業イメージの構築は、株価の上昇、商品の売れ行き、人材獲得など、あらゆる企業活動を支援するからです。自社の活動内容を正しく社会に認識してもらい、認知や印象、つまり「ブランド力」を高めていくことが、広報のミッションです。
広報の最も中心的な仕事は「社外への情報発信」です。メディアに自社の情報を発信し、取り上げてもらえるように働きかけます。新商品発売、新事業立ち上げ、イベント開催など、ニュース性の高いトピックを、書面にまとめて報道関係各社に流します。送付方法はFAXが主流ですが、郵送やメールも使われます。メディアに取り上げてもらうには、とにかく積極的にプレスリリースすることが重要です。
広報の仕事は、広告・宣伝と混同されやすいですが、最大の違いは「メディアへの支払いの有無」です。広告は支払いにより確実にメディアに出ますが、広報はいくら情報を発信しても、取り上げてもらえるか、どのように報道がなされるかはメディア次第です。メディア側に「取り上げたい」と思ってもらえるよう仕向けることが、広報の腕の見せどころです。
また、事故・リコール・クレームなどの謝罪も仕事の一つです。突発的な出来事も多く、臨機応変な対応や気配りが求められます。
会社によっては、社内広報・社外広報・宣伝のすべて兼任する場合もあります。

広報職のやりがい

広報は「会社の顔」として企業イメージのコントロールを担う仕事。自らの情報発信がきっかけで、会社のイメージアップや、認知度上昇につながったとき、大きなやりがいを感じるでしょう。近年は、インターネットやソーシャルメディアの日常化により、消費者と企業の距離感が縮まり、よい反応も、悪い反応も、広報担当者の目に留まりやすいようになりました。社外から「いい会社」という声が耳に入ると、本当にうれしいものです。
また企業活動において、どうしても思わぬトラブルに遭遇することがあります。まずはトラブルが発生したときにはスムーズかつ誠実に対処できると、周囲から評価され、達成感にもつながります。

広報職に必要なスキル・資格

広報職に就くうえで特別に必要とされる資格はありません。
適正としては、コミュニケーションスキル、人と人を結びつける調整力が高い人材が求められます。また相手が理解しやすい文章を書く文章能力、相手に不快感を与えない対話能力も重要です。同時に、何ごとにも関心を持ち、さまざまな出来事・情報を冷静に判断し、対処できる人も広報に向いています。
広報の業務に関連する資格として「PRプランナー資格認定制度」があります。「公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会」が主催しており、広報に必要な知識、スキル、職能意識を有することを証明できる資格です。社内外でのスキルアピールに活用できます。

広報職の年収・給与

広報の平均年収は、勤務先により大きく異なりますが、300万円~500万円程度がボリュームゾーンと言われます。一般的な会社員の平均年収とほぼ同程度と考えてよいでしょう。40代以上は、管理職に就いて、年収も600万円を超える場合も多いです。
年収アップを狙うなら、自ら手掛けた社外広報により、自社イメージや、商品の信頼・認知度のアップに貢献した実績を作るとよいでしょう。

広報職のキャリア

広報は、ありとあらゆる企業に存在する職種です。大半の人は、まったく経験がない状態で配属され、実務を通じてスキルを身につけます。一方、広報部門は大企業でも人数が少なく、欠員補充しか行わないケースが多く、狭き門でもあります。
広報職を目指すなら、広告業界に就職し、そのキャリアを活かして転職で挑むのもおすすめです。広告と広報は、いずれも企業・商品のイメージアップを目指す点で共通点も多く、実際に広告業界から広報への転職事例も多数です。中でも、PR会社や、広告代理店のPR部門は、広報の仕事とほぼ同じです。違いは一般企業の広報は自社のみを担当するのに対し、PR会社はさまざまなクライアント企業や商品を担当します。PR会社で経験を積み、大手メーカーなどの広報職を目指すなら、重宝される人材となれるでしょう。

広報職における有名企業

広報職は、活動が表に出にくい仕事です。実際、テレビやネットで目にするニュースは、「仕掛け人」「発信者」が、広報である場合も多数ですが、私たちにはメディアや人を介して伝わるため、その存在は表面化していません。テレビやネットのニュースで話題に上がることが多い会社や、イメージがよい企業は広報が優秀な会社と呼べるかもしれません。
また優れた広報を行う企業を表彰する「企業広報賞」(一般財団法人 経済広報センター主催)という賞があり、受賞している会社は、広報の活躍している会社と言えるでしょう。

広報への転職をお考えのあなたに

    コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

    無料でコンサルタントに転職について相談する

    広報・IRのポジション