WEBデザイナーの仕事・役割とは

WEBデザイナー

Webデザインとは、パソコン・スマートフォンなどの電子機器上で表示される情報のレイアウト、デザインを決めることです。美しく、情報が伝わりやすいWebサイトを作るには、「デザイン」が重要となります。ユーザーに好印象を与えられることはもちろん、Webサイトの成果も大きく変わります。例えば商品やサービスをオンライン上で販売をするECサイトであれば、デザインの良し悪しが売り上げにも影響します。
Webデザインは、一般的な紙媒体などのデザインと違い、パソコンやスマートフォンなどのさまざまな端末で見られます。そのため、デザインの基礎知識に加えて、デバイスに応じて表示を最適化して、レイアウトを崩さないようにするスキルも重要です。

WEBデザイナーの求人を探す

Webデザイナーの仕事とは

Webデザイナーの仕事は、企業などクライアントからの制作依頼でスタートします。
まずはクライアントに、Webサイトの制作目的や目指すゴールを確認し、思い描くイメージを聞き出していきます。制作にあたって、「デザインコンセプト」を定めることもあります。イメージが固まったところで、最初に定めるのが大まかなレイアウトです。全体構成やボリュームを考慮し、キーとなる部分のビジュアルをデザインしていきます。次に、サイトの色合い、装飾、ロゴ・アイコンの配置なども決めます。ここまでは、一般的なデザインと同じ「Illustrator」「Photoshop」などのグラフィックソフトを使用します。クライアントへの確認を行い、修正を反映し、デザインをブラッシュアップしていきます。

クライアントの合意が得られると、Webサイトを構成する言語である「HTML」「CSS」「JavaScript」などを使用しての「コーディング」作業に入ります。一般的に、HTML文章・画像などの表示、CSSは配置・フォント・文字サイズ・色などの指定、JavaScriptは動きの表現に使用します。「ユーザビリティ」と「サイトとしての美しさ」という2つの視点を大切に、魅力的なサイトに仕上げていきます。

Webデザイナーの仕事のやりがい

パソコンに向かって黙々とデザイン、制作作業を行うというイメージも強いWebデザイナーですが、同様に重要となるのが「クライアントとの対話力」です。クライアントの求めるサイトイメージをヒアリングし、自身のアイデアを盛り込みながら、一緒になって形にしていくというのが仕事の流れ。クライアントに喜んでもらえるデザインができた時、さらには制作したサイトがエンドユーザーから支持され、効果を発揮し、クライアントの利益に貢献できた時、より大きなやりがいが感じられるでしょう。

Webデザイナーに必要なスキル・資格

Webデザイナーに必要なスキルは、よいデザインを生み出すための「デザイン知識」に加えて、グラフィックソフトである「Illustrator」や「Photoshop」の使いこなせることはマストとなります。
また、Webサイトの構築やデザインをする際に用いられる言語である、HTMLとCSSに関する基礎的な知識が最低限必要です。比較的簡単な言語なので、基礎的な書き方は簡単に身につけることができるでしょう。また、JavaScriptなどの動きをつけるプログラミング技術や、検索エンジンからの集客力を高めるSEO対策などのスキル習得により、年収アップが期待できます。

Webデザイナーの年収・給与

Webデザイナーの年収は企業規模、契約形態などにより大きく異なりますが、中小制作会社勤務の場合の平均的な年収は300~400万円程度です。大手制作会社になると、400〜600万円程度が一般的と言えるでしょう。経験を積んだ後にWebディレクターやWebプロデューサーへと転身し、年収も大幅に上がるケースもあります。

Webデザイナーのキャリア

Webデザイナーのキャリアは、「制作会社」と「事業会社」で大きく分かれます。前者は、クライアントから依頼されたサイト制作を行う会社で、主にデザインスタジオや、広告代理店です。後者は、WEBサービスを自社サービスとして運営する事業会社で、主にECサイトの運営を行っている通販会社などです。事業会社のWebデザイナーの仕事内容は、自社Webサービスサイトの運営であり、PVやクリック数などからユーザーの動向を分析・調査し、デザインに落とし込み、企業の収益へとつなげることがミッションです。企業に属するほかに、Webデザイナーの中には、フリーランスとして活躍する人も多数います。

Webデザインの有名企業

「制作会社」では、例えばアイ・エム・ジェイ、ネットイヤーグループなどが大手にあたります。また、大手広告代理店グループにもWebデザインを手掛ける部門があり、募集を行っています。
制作会社では、さまざまな業種、企業のサイトのデザインが手掛けられること、ゼロからサイトを企画・制作する案件が多く、Web制作の一連の流れが見えることがメリットです。
ECサイト等メディアを運営する「事業会社」では、「ZOZOTOWN」、WEBサービスでは「クックパッド」「食べログ」「ぐるなび」などをイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。事業に対して長期的にコミットできる点がメリットです。

WEBデザイナーへの転職をご検討のかたへ

    コトラでは、業界、職種、会社のディテールを知り尽くしたプロフェッショナルコンサルタントが、あなたと働くイメージを共有、転職をサポートいたします。
    サイトで公開できないハイクラスな非公開求人も多数ございます。ぜひご登録ください。

    WEBデザイナーの求人を探す

    ハイクラス人材の転職ならコトラ

    ハイクラス人材の転職ならコトラにお任せください。各業界出身者のコンサルタントがあなたの転職活動を支援します

    公共領域に関心がある方向けキャリアセミナーを開催!

    有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー ガバメント&パブリックサービシーズ パートナーの片桐豪志氏をゲストに迎え、「社会変革プロフェッショナルとして成功する方法」を語るウェビナーを開催します。

    デロイトトーマツ現役パートナーである片桐氏と、官公庁及びコンサルティングの業務経験者である宮崎が、社会変革へのチャレンジをネクストキャリアとして考えている方に向けて、どのようなキャリアを歩むべきかを語ります。

    ▼お申込みはこちら!

    この記事を書いた人

    羽鳥健太

    青山学院大学法学部卒業後、コトラに入社。現在業界調査ならびにマーケティングを担当。