【三井住友信託銀行 ガバナンスコンサルティング部】企業と投資家を結ぶ「結節点」であり続ける

ゲストのご経歴

三井住友信託銀行株式会社
ガバナンスコンサルティング部
調査役

水谷 豊様

[ 経歴 ]
大学卒業後、大手通信会社へ入社。営業部、経営企画部、マーケティング部を経てIR部に配属。同部にて決算説明会の企画や機関投資家との取材対応、統合報告書の作成等の業務に従事。
その後、2020年に三井住友信託銀行へ入社し、現在のガバナンスコンサルティング部のIR・SRチームに所属。

インタビュアー

株式会社コトラ
エグゼクティブコンサルタント

平間 一生

[ 経歴 ]
明治大学を卒業後、広告代理店に入社し金融機関/不動産会社を担当。その後大手生命保険会社に転職し、FP として各種金融知識のアドバイスならびに生損保、投資運用商品提案業務に従事。メガバンクでは、富裕層向け運用提案から法人向け融資業務まで法人/個人業務全般を担当。退職後、融資コンサルタント(個人事業主)として活動し、現職。

[ 担当業界 ]
金融機関、広告代理店、ベンチャー

プロフェッショナル集団の中で、日々自分自身をアップデート

平間:
これまでのご経歴、三井住友信託銀行への転職の決め手を教えて頂けますか。

水谷様:
私は通信業界の事業会社に17年程勤務した後、三井住友信託銀行に転職いたしました。
前職では、マーケティング部、経営企画部、IR部等に勤務し、マーケティング部では新商品のマーケティング戦略の立案、経営企画部では事業計画の策定、IR部では投資家様の対応や決算説明会資料作成等を行ってきました。

転職の決め手は複数ありました。
1点目は、これまでのキャリアで培ってきたスキルが活かせて、さらにそれを伸ばせる環境である事です。
2点目は、複数の企業様のご支援に携わることができ、企業様とその先にいるお客様への貢献、社会への貢献ができる事です。世の中に対する影響が大きく、これは、事業会社とは違い、コンサルタントとして複数の企業様のご支援に携われるからこそ実現出来ることだと思います。
3点目は、人です。採用面接の中でお会いした社員の人柄。転職に対する不安や懸念が払拭される程に魅力的でした。これが最大の決め手かもしれません。

平間:
ご入社してみての印象はいかがでしょうか(入社前との印象のギャップなど)

水谷様:
人間関係に関しては、みなさん融和的で、外から来た人を自然に受け入れ、優しく接してくださいました。これは良い意味でのギャップでした。
業務に関しては、周囲の仕事仲間は極めてプロフェッショナルで高い専門性を持ちつつ、さらに学ぶ姿勢もとても強く、そういった皆さんから受ける刺激は入社前に想像していた以上でした。

企業様を取り巻く環境の変化が激しい中、幸いにも我々を頼っていただける機会も増えております。ご期待に応えるためにも、日々自らの能力とスキルをアップデートし、高めていくことが必要不可欠だと感じています。

企業と投資家を結ぶ「結節点」としての強みを活かす

平間:
ガバナンスコンサルティング部は、2021年4月1日付で以前の証券代行コンサルティング部から改称されたものですが、この変更の背景や狙いをお伺いできますでしょうか。

水谷様:
現在、三大改正(会社法の改正、コーポレートガバナンス・コードの改訂、東証の市場再編)に伴い、企業様は過去に前例がない程に激しいプレッシャーのもとガバナンス改革を迫られています。その中で、我々には従来の証券代行実務のサポートに加えて、コーポレートガバナンスに関する課題解決力を強化推進していく役割が求められています。そのような役割を担う存在となること、それがガバナンスコンサルティング部に改称した趣旨です。

ガバナンス(Governance)領域に加え、ESGのE(Environment:環境)とS(Social:社会)の領域もカバーし、日本よりも取り組みが進む欧米など、世界水準のコーポレートガバナンスのベストプラクティスに精通し、企業様をご支援させていただくことが必要だと感じております。

平間:
ガバナンスコンサルティング部のメンバーが、特に重きを置いていることは何でしょうか。

水谷様:
我々は、顧客である企業様と投資家様の間に存在できるというユニークな立場におります。謂わば、両者を結ぶ「結節点」として、我々の強みを発揮し、顧客の企業価値向上や資本市場の健全な発展に貢献すること。それを通じて、顧客と社会のベストパートナーをめざすことに重きを置いています。

例えば、現在の日本では、企業様と投資家様や個人株主様の結びつきは、まだまだ十分ではなく、さらに強くできる可能性があると思っています。両者の間に存在する我々が、より機能することができれば、両者の繋がりが強くなり、個人から企業への投資が活発になり、ひいては資本市場の健全な発達に繋がっていくのではないかと思っています。それが、「結節点」としての我々の役割の1つだと思います。

何より一番は、「お客様の期待に応えたい」という真摯な姿勢

平間:
ガバナンスコンサルティング部では、どのようなバックグラウンドの方が、どういった形で活躍しているのでしょうか。

水谷様:
2つのパターンに分けられると思います。
1つ目は、私のように事業会社から転職してきたパターン。2つ目は弁護士や金融機関などから専門スキルを有して転職してきたパターンです。

前者の強みは、顧客の立場に近い視点に立つことができますので、その先に起こりうる可能性を考え、実行力のある仮説立てやご提案ができることだと感じています。

後者の強みは、これまでの自社には無かった、新しい角度から付加価値を生み出せることだと感じています。

しかし、どの様なバックグラウンドを持っているかよりも、「お客様の期待に応えたい」という真摯な姿勢が最も重要で、その気持ちを持って努力されている方が活躍されていると感じています。

平間:
ガバナンスコンサルティング部の今後の展望、ご自身として実現していきたいことについてお話いただけますか。

水谷様:
我々は、“信託の力で、新たな価値を創造し、お客さまや社会の豊かな未来を花開かせる” という自社のパーパス(存在意義)を起点に、2030 年にはどうありたいかを定め、その為には何が必要かを考える、2030年からのバックキャスティングの議論をしてきました。

例えば、三井住友信託銀行は証券代行業務で国内No.1の受託シェアですが、一つ一つのコンサルティングサービスの品質はまだまだ改善できる点があると思います。品質の向上を通じて、満足度でもNo.1をめざしていくことも、今後の重要課題の1つだと考えています。

私自身としては、私がコンサルタントとしてご支援することで、投資家様との対話が促進されたという企業様を、さらには企業様の先にいるお客様が何かしら良い変化を感じてくださる、その様な体験を1社でも多くの企業様と共になって、積み上げていきたいです。

その為にも私自身は、深い顧客理解や業務理解に基づき、高度な専門性を提供する専門家としての矜持を持って責任を果たす、という強い思いを抱き、プロフェッショナルとしての自覚をしっかりと持って、日々学んでいかなければならないと思っています。

平間:
どのような方(人物、スキルなど)にジョインしてもらいたいとお考えでしょうか。

水谷様:
一番は、「お客様の期待に応えたい」という真摯な姿勢をお持ちで、その為に努力できる方です。

また、顧客だけでなく同僚や業務にも真摯に向き合う姿勢を持ち、その人が得意としている領域のアウトプットに触れた仲間達に良い影響を与えることができる方に是非来ていただきたいです。

平間:
転職希望者へのメッセージをお預かりできますでしょうか。

水谷様:
転職はとても勇気を要する決断だと思います。その転職が成功か失敗か、転職する前にはどれだけ考えても分からないと思います。自分の選択が成功であったと胸を張って言える様になる為に、選択した後の行動を大切にしようと思い転職を決断しました。

転職の成功は、転職後の行動を「やりきる」かどうかにかかっていると思います。「やらされている」わけではなく、「やりきっているかどうかを常に自分に問い続ける」ことができれば、その転職は必ず成功に繋がると確信しています!

三井住友信託銀行株式会社
ガバナンスコンサルティング部に
ご興味がある方へ

今回特集しました三井住友信託銀行株式会社様の求人をご紹介します。
ご興味がある方は、下記ボタンよりぜひご応募ください。

■求人:
IR/SRコンサルティング業務

■仕事内容:
・上場会社向け証券代行営業(株式実務・株主総会サポート・投資家&ガバナンス対応 他)
・IPOコンサルティング(上場支援・新規開拓 他)
・IR/SRコンサルティング業務
・法務・ガバナンスコンサルティング業務(株式実務・株主総会運営・ガバナンスコード対応・取締役会実効性評価 他)
・指名・報酬コンサルティング業務(役員報酬制度設計・従業員向け株式報酬制度設計 他)
・証券代行本部企画業務(業務改善プロセス構築・DX対応・制度改正対応 他)
・新システム開発・システム高度化ならびにPJ推進

■必要スキル:
【下記いずれか必須】
・発行会社側でのIR経験
・IRコンサルティング会社での経験
・証券会社でのIRコンサルタント経験

コトラでは業界動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。 最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

ownedmedia