金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

SIer・SEとITコンサルの違いは?役割・企業・スキルなどから解説

システム開発においてなくてはならない職種、SEとITコンサルタント。
本記事では、SEとITコンサルタントの違いについて、役割・仕事内容・求められるスキルなどの観点で解説し、転職活動に役立つ情報をお伝えいたします。
※SEとしてのキャリアアップ、SEからITコンサルタントへのキャリアチェンジ、ITコンサルタントを目指す方は、ぜひお読みください。
SE・ITコンサルに詳しいコンサルタントに転職について相談する

担う役割の違い

■SEが担う役割

SEは、すでに決定したシステム要件に基づいて、設計・開発をおこなう役割を担っています。データの持たせ方やヒューマンインターフェースの設計などから始まり、仕様書を作成し、プログラマーへ開発を依頼するといった“モノづくり”に特化しています。
また、最新のIT技術に関する知識を常に習得するなどのスキルを磨く必要があります。
SIerは、SE・プログラマーなどが所属する会社や組織の総称であり、システム開発や運用保守などを事業としています。

■ITコンサルタントが担う役割

一方、ITコンサルタントは、クライアント会社の経営方針や業務改革の検討から参画し、システム化への提案・業務要件定義までを担っています。
普遍的なビジネスの形態を熟知し、社会情勢を察知し、それらを踏まえた上で、クライアントの課題解決を実現する提案スキルを磨く必要があります。

SEからITコンサルタントへのキャリアチェンジした人は、ITの知識に熟知した上でシステム実現案を提案することが出来ることが強みとなります。
また、システム開発を進めていく際に、所謂“モノづくり”を担当するSEやプログラマーとのコミュニケーションを円滑に進められることもアドバンテージになります。

仕事内容の違い

システム開発において、SEは、業務要件定義をシステム要件へ具体化する段階から参画するのが一般的です。一方、ITコンサルタントは、コンセプト・スコープ定義・業務要件定義など初期段階から関与します。

■SEの仕事内容

SEは、担当しているシステム機能を深く掘り下げて理解し、業務担当者(=システムユーザ)に対して、システムのより良い「使い勝手」を提案できることに価値を求められます。
また、要件通りにシステム設計をおこない、プログラマーに求められた品質を担保するよう促す役割を担っています。
上記より、SEは“システム機能のスペシャリスト”と言えるでしょう。

■ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントは、プロジェクトのスコープを決定するキーパーソンとなります。また、システム開発プロジェクト中は「業務側の言葉をIT側へ伝える」重要なコミュニケーターの役割を担います。
SEに比べて守備範囲が広くなる分、機能の細部についてはSEに任せ、システム全体を俯瞰する姿勢が必要になります。常に一歩先を見通し、計画・実行・危機管理・報告の行動を心掛けるようにしなければなりません。

クライアント企業の相対するポジジョンも、SEは業務担当者ITコンサルタントは経営層と違いがあり、自ずと視点・視座も変わります。
SEとITコンサルタントのコンビネーションによってシステムの品質は向上しますので、お互いを尊重し合った上での綿密なコミュニケーションが大切となります。

・関連記事:ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは

企業の違い

SIerとして有名な企業は、NTTコムウェア、TIS、日立情報システムズなどが挙げられます。
また、社内SEとして企業内の業務に特化したシステムの構築と保守を担うSEも存在します。
ITコンサルティングでは、IBM、アビームコンサルティング、アクセンチュアなどのコンサルティングファームが挙げられます。これらの企業は、優秀なSIerと提携してプライムベンダーとなり、システム導入案件を一括して受注し、保守契約を結ぶ場合もあります。

求められるスキルの違い

■SEが求められるスキル

SEは、ITに関する最新技術情報を常にブラッシュアップし、業務担当者へ提案できることが、価値の高い仕事となります。
一通りの業務知識は勿論のことですが、データの持たせ方や画面の操作に関することなど実現可能案を複数持つことが肝要となります。
また、情報処理技術者の資格を持っていると、SEとしての信用度は高くなります。

■ITコンサルタントが求められるスキル

ITコンサルタントは、経営方針を理解した上で、現状分析・問題解決方法の提案・業務要件定義・システム要件定義までをおこなうため、ロジカルシンキング・課題解決能力・ドキュメント作成能力が必要となります。
業務要件を具体的なシステム要件にマッピングするため、生産・物流・販売・購買・人事・総務・財務会計といった様々な業務専門分野に関する知識が必要となります。中小企業診断士、公認会計士、税理士などの資格を持つ人もいます。
また、クライアント側の言語化されないニーズを掘り起こし、提案することが、価値の高い仕事となります。
加えて、業務側とIT側との橋渡しの役割も担っており、プロジェクトを円滑に進めるためのリーダーシップも求められます。
昨今では、開発を海外でおこなうプロジェクトも多く、インド・中国・フィリピンなど現地のSIerとのコミュニケーションが必要になっています。英語や中国語など複数の語学スキルがあると、活躍の幅が広がるでしょう。
総じて、テクニカルスキルよりも、コミュニケーション力に代表されるヒューマンスキルが高いコンサルタントは、業務側・IT側双方からの信頼を得やすいでしょう。

コンサルタントに求められるスキルの詳細は…
・関連記事:コンサルタントに転職するために求められるスキル3選

SE/ITコンサルへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。
SE・ITコンサルに詳しいコンサルタントに転職について相談する

SE・ITコンサルタントのポジション

■ITコンサルタントのポジション

ITコンサルタントのポジションをもっと探す
 

■SEのポジション

SE(システムエンジニア)のポジションを探す

関連記事の一覧

ITコンサルタントの仕事・役割・必要なスキルとは
コンサルタントに転職するために求められるスキル3選