金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

SAPコンサルからの転職 キャリアチェンジは若手のうちに!?

SAPコンサルの転職市場

SAPコンサルから転職を希望する人が増加している

近年、SAPコンサルから転職を希望する方が増えています。
企業の重要な意思決定の場に携わり変革を起こしたい、というイメージでコンサルティングファームに入社したものの、実際にはほとんどSIerと変わらないような業務ばかりをしており今後のキャリアについて思い悩んでいる、といった方からご相談を頂くことが多くございます。

多くのSAPコンサルから転職を希望する方と面談を行ってまいりましたが、

「自分の想像していたコンサルと、イメージが違いすぎる」
「もっと経営に近いポジションで、企業価値を上げる業務に携わりたい」

といったお声を多く頂いております。

そういった方に向けて、本記事では「転職市場でのSAPコンサルの評価」「キャリアコンサルタントとして実際に紹介しているおすすめの転職先」をご紹介します。

なぜSAPコンサルタントを増やそうとしているのか

端的に申し上げると、SAPコンサルタントが現在コンサルティングファームの中で一番稼げる領域だからです。そのため、各ファームはSAPコンサルタントを多く育てていきたいのです。資格取得者はクライアントからの評価がより高くなるため、新卒は資格取得を強制されることとなります。

大手外資系コンサルへ新卒で入社した方の多くは、2段階研修があることが多いです。

イメージ:基礎研修(4月) 応用研修(5月)

応用研修がSAPの資格取得の研修であった場合、いわゆるピュアコンサルとしてのキャリアを志向して入社した新卒コンサルタントは”イメージしていたコンサルタントと違う”、”もうやりたくない、ありえない”と感じるでしょう。

私自身、コンサルティングファームからキャリアをスタートしたため、他ファームの友人などがSAPの研修にあたってしまい嘆いているのを見ていました。

キャリアチェンジを考えるなら若手のうちに

SAP専門コンサルタントとしてマネージャーまで昇進した場合、他領域のコンサルファームにいきなり同じタイトルで転職をすることは非常に難しいでしょう。

もしSAPコンサルをこのまま続けて行きたくない場合、早めにキャリアチェンジをすることを強くおすすめします。

転職市場におけるSAPコンサルの評価

SAPコンサルからキャリアチェンジする場合、シニアアナリストまたはコンサルタントクラスで検討するのが良いでしょう。
新卒入社1年、2年で転職する場合、一般的なコンサルティングスキル不足が懸念され書類NGとなる可能性が高いです。
(すべてのファーム、ポジションでNGとなることはないので、具体的な企業名は問い合わせください。)

SAPコンサルタントの若手(2年以上経験者)は基礎的なコンサルタントスキルを保持していると転職市場で評価されるので、幅広いポジションのポテンシャル枠として書類が通過しやすい傾向にあります。
ただし、大手コンサルティング会社ではSAPの若手をSAPコンサルタントとしてとりたいと、あえてインダストリー軸のポジションでオファーを出したり、若手プール枠で採用する傾向があります。
最終的にはSAPプロジェクトに配属する思惑があるので注意が必要です。
そのため、SAPコンサルタントが他のコンサルティングファームを受ける場合はサービスライン軸(戦略・デジタルなど)で転職活動をするのが非常におすすめです。

おすすめの転職先

おすすめの転職先としては以下のようなものがあります。

・戦略コンサル
・ファイナンス
※SAPのモジュールごとに資格があり、簿記等ファイナンス周りを理解していると評価されやすい。特にFI(財務会計)IとCO(管理会計)に関する業務経験を持っていると評価が高くなる。
・CIOアドバイザリー
・事業会社の企画ポジション

SAPコンサルからの転職をお考えのあなたに

転職支援サービスの利用をおすすめします

SAPコンサルから転職を考えている方は、転職支援サービスの利用をおすすめします。なぜならば、客観的な意見をもらうことで、自分が見えていなかったキャリアの可能性や市場価値などを知ることができます。更に、可能性を提示するだけではなく、それぞれのキャリアに対する対策のアドバイスもすることができます。
また、自分自身でやりづらい年収面の交渉や、面接日程の調整など第三者的立ち位置だからこそ出来るものを任せることができます。

いざというときに、安心して相談出来るキャリアパートナーがいることは、精神的にも心強いですし、あなたの転職活動の成功確率はぐっと上がります。

コトラのコンサルタントは業界業務の経験者

コトラは2002年の創業以来、ハイクラス層の転職支援に携わっている人材紹介会社です。
転職支援を行うコンサルタントは、その多くが業界の経験者で私自身も、前職はコンサルティングファームにITコンサルタントとして従事していました。
その特徴を最大限に活かし、ヒアリングを通じた経験や強みの棚卸しから、多様な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までお手伝いさせていただきます。
実際、多くのSAPコンサルの方の転職支援行っており、以下のような実績を残しています

ケース1
前職:国内コンサルティングファーム SAPコンサルタント 20代後半 シニア・コンサルタント職
→ 外資系M&Aファーム M&Aコンサルタント 1100万

ケース2
前職:国内コンサルティングファーム SAPコンサルタント 20代中盤
→ 外資系戦略コンサルティングファーム 戦略コンサルタント 800万

ケース3
前職:外資系コンサルティングファーム SAPコンサルタント(保守運用フェーズ)
→ 大手生命保険会社 営業企画
(転職体験記:https://www.kotora.jp/advice/note_290.php

まとめ SAPコンサルであることを悲観する必要はない

SAPコンサルタントからキャリアを始めたことを後悔している方を多く見ますが、そんなことはありません。転職活動して自身の理想のキャリアを歩みましょう!

SAPコンサルからの転職をお考えの皆様、ぜひお気軽にコトラご相談ください。

SAPコンサルタントに詳しいコンサルタントに転職について相談する