ゼビオホールディングス 2021年3月期決算資料を発表 人材開発と業務標準化を進めるためデジタル人材の採用を強化

ゼビオホールディングスは5月14日、2021年3月期の連結決算を発表しました。

▼参考:ゼビオホールディングス 2021年3月期決算発表資料(参照 2021-05-14)

ゼビオホールディングス 2021年3月期の業績サマリー

新型コロナウイルス感染拡大により、緊急事態宣言発令やまん延防止措置発令が繰り返され、大幅な減収減益になりました。前期比10%超の減収(連結売上高2,024億円)、営業利益ベースで47%の減益(27.6億円)と厳しい決算でしたが、スポーツ関連用品はwithコロナの新生活様式にも必要不可欠であり、店舗のスクラップ&ビルドを進めて経営の効率化を図っています。

ゼビオ、ヴィクトリア、ゴルフパートナーなど各ブランドを合わせた総店舗数は、2020年3月末の860店舗から今期末は864店舗と、大きく変化してはいませんが、特にゴルフパートナーブランドで、不採算店舗の閉店と新店舗オープンを進めました。全国で11店舗のゴルフパートナーを閉店し、12店舗を新規に開店しました。

ゼビオホールディングスの重点事項3点

市場環境の激変に対応するため、同社は次の3つに重点をおいて、課題解決と構造改革を推進しています。

1.デジタルとEC強化による市場シェアアップ
2.店舗のスクラップ&ビルドと新たな業態フォーマットの開発
3.人材開発と業務の標準化による事業の持続性の確保

重点目標の3つめに掲げる人材開発と業務標準化を進めるため、ゼビオグループでは、デジタル人材を中心に採用を強化しています。

ゼビオホールディングスへの転職ならコトラ

ゼビオ様のハイクラスポジションを、コトラのコンサルタントがご紹介します。求人票にはないリアルな情報もお伝えします。是非お気軽にお問い合わせください。

また、コトラではデジタル関連ポジションを多数取り揃えております。ゼビオ様にご興味ある方も、ほかのポジションにご興味ある方も、ジョブマーケットの最新の動向、個別企業の状況をぜひお問い合わせください。まずは、弊社の転職支援サービス(無料)にご登録を。

この記事を書いた人

佐藤美和

お茶の水女子大学家政学部家庭経営学科卒。(株)東洋経済新報社、米国系通信社の東京支局とロンドン支局での金融ニュース取材・配信等を経て、直近13年間は三井住友信託銀行で融資営業を担当。
[ 担当業界 ]
事業会社の管理系ポジション、投資ファンド、ファンド投資先の管理系人材