金融・コンサル業界情報

金融分野の中途採用動向レポート 2020

金融分野の中途採用動向レポート 2020


投資銀行業界

投資銀行業界では、引き続きM&A案件が増加基調。IN-IN案件ではベンチャー企業関係、事業承継関係のM&Aが牽引役に。クロスボーダーM&A(IN-OUT、OUT-IN)も案件数は高水準。

大型買収案件が多かった2018年比、2019年は金額ベースでみると大きく減ったが、件数はIN-OUT中心に増えている。M&A案件増に近年の「働き方改革」の影響も加わってM&A業界では人手不足が常態化しており、ジュニアクラスのみならずVP以上の即戦力採用ニーズも顕在化しています。

ミドル・スモールキャップのM&A業界

ミドル・スモールキャップのM&A業界は非常に活況で採用意欲旺盛。
従来は千万円単位のフィーの案件を対象としていたが最近では数百万円クラスのスモールキャップも対象に広げる動きが出ており、人材ニーズが高まっています。

ベンチャーキャピタル業界

VCも活発です。従来のVCが新設ファンドを設立している他、実績を上げたキャピタリストが新たなファンド運用会社を立ち上げています。

従来VC以外を対象としたファンドも、グロースファンドを立ち上げるなど、ファンド間での競争も高まっています。

事業会社がコーポレートベンチャーキャピタルを設立する動きも引き続き活発です。事業会社の新規展開ニーズを把握した上で投資収益を上げることができる方が求められています。

プライベート・エクイティ業界

PE業界では、独立系・金融系・商社/事業会社系等問わず、ここ数年はファンド運営各社の新規ファンド設定が好調。
運用規模も当初想定を上回るケースが多く、運用会社新設も相次いでいます。

2020年も既存運用会社のファンドレイズが複数計画されており、投資実務を担うフロントメンバーの補充・増員ニーズは根強くあります。

不動産金融業界

不動産ファンドの市場規模は運用資産ベースで過去最大。
AM・PM・財務・IR・経理等あらゆるポジションで採用は積極的であり、即戦力人材に加え若手のポテンシャル人材へのニーズも旺盛です。また、新規参入の立上げに業界に精通した経営層人材が請われるケースも珍しくなく、幅広い年代で人材の流動化がおこっているのも同業界の特徴です

近年は新たな社会インフラニーズへ応えるべく、開発型ファンドも好調であり建築士や施工管理技士などの建築人材の需要も高まっています。

アセットマネジメント業界

業界全体としては引き続き採用意欲は高めであり、幅広い職種で需要あり。
昨今のスチュワードシップ推進の流れを受け、ESG投資関連の運用フロントやアナリストポジションで新たな需要が出始めております。

引き続きオルタナティブプロダクツ分野での採用意欲は高く、運用フロントのみならずバックオフィス部門でもオルタナ経験者への需要が高い状態となっております。

銀行業界

法人部門は、引き続き収益性があるストラクチャードファイナンス系を強化しており、リテールを中心に、フィンテック企業との連携によるサービスラインの拡大の為のビジネス企画、スマホを顧客の入り口として確保するためのマーケティング、システム系人材、また他業種同様にデータサイエンティストのニーズが高まっております。

また、IT化が一層進む中、守りを固める為のシステムセキュリティー人材の増強も課題となっております。また、守りを固める側としてはコンプライアンスの中でもアンチマネーロンダリング人材も各社増強中です。日本の構造問題としての中堅・中小企業の事業承継問題に対するアドバイザリーニーズも引き続き高です。

presented by KOTORA

その他の業界情報

  • 不動産金融業界

    なぜ今、不動産金融ビジネスなのか、不動産金融ビジネスにどのような期待が集まるのか、 不動産証券化の流れとは、どんな人材が求められるのか、などについて詳しくご説明致します。

  • 保険業界

    保険業界の変遷と、ALMやソルベンシーⅡなどリスクマネジメントの最前線、アクチュアリーの活躍の場など、 保険業界について詳しくご説明致します。

  • 投資ファンド業界

    「投資ファンドとは」 などの基本から、プライベートエクイティファンドやヘッジファンドなどのオルタナティブ投資 ファンドについての情報まで、幅広く詳しくご説明致します。

  • アセットマネジメント業界

    各国の大規模な金融緩和・低金利政策で、大量の低金利の資金が市場に流入し、資産運用業務がフォーカスされ、そのため人材ニーズが拡大しています。 アセットマネジメント投資信託業務では、2014年1月にNISAがスタートし、投資信託への新規資金導入を促すための、商品開発業務・ホールセラー・販売用資料作成業務を始め多数の新規ポジションが増加しています。

  • フィンテック(FinTech)業界

    昨今、フィンテック(FinTech)という言葉が日本で急速に注目を集めています。もともとは海外で生まれた造語(Financial + Technology)ですが、歴史を遡れば昔から金融とテクノロジーは金融業界では密接な関係にあります。

  • 戦略コンサル業界の動向

    戦略コンサル業界の現状、組織の特徴、プロジェクト内容、転職時に求められる人材要件、選考過程、ケース面接対策などを詳しくご説明致します。

  • ITコンサル業界の動向

    ITコンサルタント業界について、IT社会とITコンサルタント、活動領域、プロジェクトの役割、価値観とスキル、キャリアパス、ITコンサルティングファームの強みなどを詳しくご説明致します。

presented by KOTORA
 
→ 転職支援サービス(無料)に登録する