アセットマネジメント業界 特集コンテンツ

広義のアセットマネジメント業界

・運用会社
運用会社のビジネスモデルは、「お客様からお金を預かり、投資をしてその資金を運用し、お客様に還元しつつその一部を運用報酬として受け取る」ことで成立しています。具体的には、ニーズに合わせた運用商品の企画・開発の業務、経済情勢や企業の調査に基づいて投資判断をする業務、報告書の作成の業務などがあります。また、その商品を営業したり、リスクの管理をしたりする業務などもあります。個人や機関投資家に向けて運用商品を提供する「投資信託業務」の他にも、機関投資家に向けて様々な方法で資産運用のソリューションを提供する「投資顧問業務」もあります。

・販売会社
販売会社とは、運用商品を実際に投資家に販売する会社のことです。運用会社は運用商品の“メーカー”と言われることがあるように、実際に売るのは銀行や証券などの販売会社です。

・投資家
投資家とは、その名の通り実際にお金を出して投資をする人のことを指します。大きく分けて「個人投資家」と「機関投資家」の2種類があります。個人投資家とは個人で投資をしている人のことで、投資を行っていたら誰でもすぐに個人投資家になれるということになります。機関投資家とは、法人として投資をしている会社などのことです。多くの場合、個人のお客様からお預かりした大きな金額を投資する、大口投資家になっています。

運用会社の構造

・運用系
フロント業務は大きく「運用系」と「営業系」に分類できます。運用系の業務とは、最終的な投資の意思決定をしてファンドを運用していく業務です。

・営業系
フロント業務の中の「営業系」の業務はさらに「販売会社向け営業」と「機関投資家営業」に分かれます。
1つ目の販売会社向け営業とは、主に販売会社(証券や銀行など)への営業で、自社のファンドを取り扱ってもらうようにしたり、販売会社へのセミナーの企画や勉強会を実施したりします。顧客と近い位置にいるため、様々なニーズに合わせて新しい商品を開発・企画をしたり、運用状況のレポートを作成したりもしています。
2つ目の機関投資家営業とは、年金基金や金融機関への営業で、顧客の運用方針に合わせた資産運用サービスを提供しています。運用報告書を作成して顧客に説明をしたり、ニーズを調査したりしています。既存ファンドの営業に併せて、運用のコンサルティング的な側面もあります。

・ミドル/バック
リスクマネジメントや資金決済の業務などがあります。ファンドの運用パフォーマンスを分析したり、基準価額を算出したり、ガイドラインへの違反がないかのモニタリングをしたり、社内外のリスクを分析したりしています。また、ファンドには毎日資金が流入してきているため、それらの管理も行っています。

運用の種類

・パッシブ運用
パッシブ運用とは、ベンチマークに連動する運用成績を目指す手法です。ベンチマークとは、目標とする基準のことで、通常は様々な「指数」のことを指します。指数(インデックス)には、例えば日本だとTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価、米国だとNYダウやS&P500などが存在します。例えばTOPIXをベンチマークにしたパッシブ運用のファンドの場合、TOPIXの動きと同じようにファンドの基準価格も動くということです。

パッシブ運用でのファンドの組入銘柄はベンチマークの構成銘柄と非常に似ています。パッシブ運用のファンドでは、ファンドマネジャーが独自に戦略を立てて株式等の売買をするということはほとんどなく、機械的に運用できるのでコストを削減することができます。実際に様々な投資信託を見ても、パッシブ運用のファンドの方がアクティブ運用のファンドより信託報酬は低く設定されている傾向があります。コストが低いというのは大きなメリットです。
一方、デメリットとしてはベンチマーク以上の収益が見込めないということがあげられます。良くも悪くも市場と同じように動くので、短期的に大きなリターンを得たい人には向きません。

・アクティブ運用
アクティブ運用とは、ベンチマークを上回る運用成績を目指す手法です。アクティブ運用のファンドでは、ファンドマネジャーやアナリストの分析、調査に基づいて投資先銘柄の売買や入れ替えが活発に行われます。成長が期待できたり、割安だと考えられたりする銘柄の比重を高くすることができるため、市場の平均利回りを上回る運用成績を目指すことができます。

アクティブ運用の最大のメリットは、組み入れ資産を柔軟に変更してベンチマークを上回る運用成績を目指せる点です。目指す方針が異なるだけで、実際にはパッシブ運用のファンドの方が運用成績が良い場合もあります。
アクティブ運用のデメリットはコストが高いことです。マクロ経済環境や市場の動向、個別銘柄の調査など様々な手間がかかっている分、コストに上乗せされています。

・クオンツ運用
クオンツ運用とは、統計などのデータに基づく機械的な投資判断によって運用する手法です。クオンツとは、「Quantitative(数量の、量的な)」から派生した語で、高度な数学的手法を用いて分析をし、データに基づいて運用をしているということです。

また、幅広く市場や銘柄を分析し、分散したポートフォリオを作成していることも特徴的です。
クオンツ運用のメリットは、人の主観を排除できるという点です。モデルに従って運用を行うため、人が誤った判断をするということを防ぐことができます。

アセットクラス

・伝統資産
伝統資産とは、株式(国内・外国)と債券(国内・外国)のことを指します。文字通り、古くから投資対象とされてきた伝統的な資産のことです。(※ここで株式とは上場株式のことを指す)

・オルタナティブ
オルタナティブ資産とは、伝統資産以外の新しい資産の総称のことです。「alternative」とは、「代替の」という意味で、伝統資産と対比して、”代替の“資産ということです。代表例には以下のようなものがあります。

○ヘッジファンド
ヘッジファンドとは、相場の上げ下げに関係なく、絶対的に収益を追求していくファンドのことです。株式のロング・ショート、グローバルマクロ、イベント・ドリブンをはじめとした様々な手法を用いて、相場がどんな状況でも利益を出すことを目指しています最近ではヘッジファンドに投資する公募投信などもあり、個人投資家がヘッジファンドに間接的に投資することが可能になっています。

○PEファンド
PEファンドとは、未上場株式に投資をし、経営に関わりながら企業価値を向上させて、IPOや売却によって利益を得ることを目指すファンドのことです。PEとは「Private Equity」のことで、未公開株式という意味です。

○インフラファンド
インフラファンドとは、インフラに投資し、そこから得られる収益を投資家に分配するファンドのことです。
「インフラ」とは具体的には発電所や港湾施設、空港や高速道路などのことを指しています。

○不動産ファンド
不動産ファンドとは、不動産に投資し、そこから得られる収益を投資家に分配するファンドのことです。
実際に不動産を購入することと比較して、少額から投資できる、流動性が高いなどのメリットがあります。

トピックス

・ESG投資
ESGとは、「環境(Environment)」「社会(Social)」「ガバナンス(Governance)」の頭文字を取ったもので、これらの要素を考慮した投資のことをESG投資と言います。ESGを考慮した企業に投資を行うことで、その企業が持続的に成長し、中長期的に安定したリターンを得られると考えられています。また、ESGに配慮した企業の活動を投資家として支援することで、SDGs達成につなげることもでき、ESGに関連するファンドも多数存在するなど近年特に注目されています。

・ロボアドバイザー(ロボアド)
ロボアドとは、AIを活用して投資アドバイスや運用を行うサービスのことです。ロボアドには「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類があります。アドバイス型では、投資家はAIからのアドバイスをもらうだけにとどまります。投資一任型では、資金を預けて運用は全てお任せすることになります。

・ファンドラップ
ファンドラップとは、投資家のニーズに合わせて複数のファンドを組み合わせたポートフォリオを提案し、投資家に代わって資産運用をするサービスです。運用に関する知識があまりない方に向いていて、投資一任契約を結んだ後は自分で運用成績を確認して適切な資産配分を考えたりする必要がなくなります。
投資家に合わせた適切なリスクを取ることができる、分散投資によってリスクを小さくできるなどのメリットがある一方で、通常の公募投信より費用は高い傾向にあります。

この記事を書いた人

関口大輔

大手証券会社で富裕層向け、中小法人向け営業に従事。プレーヤーとして資産運用、ソリューション営業を長期に経験したほか、部長職としてマネジメントを経験し、現職。

[ 担当業界 ]
証券会社、銀行、税理士・監査法人、事業承継、M&A、アドバイザリーファーム