金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融・コンサル・経営幹部の転職コトラ

戦略系コンサル経験からサステナビリティ・ESGコンサルタントへ【キャリアシフトのすゝめ】

いま、サステナビリティ・ESG領域でのコンサルティングビジネスが活況です。
日経新聞などでは「ESG(環境・社会・企業統治)」「サステナビリティ(持続可能性)」「CSR(企業の社会的責任)」といった企業の社会的側面を表すワードを見ない日はないと言っていいほど、頻繁に耳にするようになりました。
企業のサイトやIRのレポートなどでも、環境や社会への取り組みなどが以前よりもクローズアップされることが多くなってきています。
それに伴い、企業はサステナビリティ・ESGに関するポジションの採用を活発に行なっており、実務経験者が非常に少ないことも相まって転職市場でのニーズは高くなっています。

今回はサステナビリティ・ESG領域の最近の動向、業務内容や転職市場の動向を説明した上で、コトラが厳選したサステナビリティ・ESGコンサル関連の求人ポジションをご紹介致します。

【この記事はこのような内容を含みます】
・サステナビリティ・ESGコンサルタントに求められるスキル⇒戦コン出身者のニーズの増加
・実際に戦コンtoESGの事例が増えてきた
・ポストESGのキャリア選択肢も増加
・厳選したポジション情報

【目次】
サステナビリティ・ESG領域の動向、コンサルティングビジネスの活発化
コンサルティングの内容と必要なスキル
サステナビリティ・ESGコンサルタントの転職市場動向
コトラが厳選した、サステナビリティ・ESGコンサルタントのポジション

※全文を読むには、会員登録(無料)が必要です。

サステナビリティ・ESG領域の動向、
コンサルティングビジネスの活発化

毎日のようにサステナビリティ・ESGのニュースを目にするようになりました。なぜここまで騒がれるようになったのでしょうか。
これは、サステナビリティ・ESGが企業活動における社会貢献という位置づけから、ビジネスにおける経営上の課題に転換したことの現れであると考えています。
パラダイム・シフトが進展するにあたっての重要な事象を時系列に整理すると以下のような事例が挙げられます。金融業界において、資金的な流れを、制度的に生み出すことになったことが大きく寄与していると考えられます。

■ 2006年4月:国連責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)が発足
※国際連合事務総長であるコフィー・アナンが金融業界に対して提唱
■ 2015年9月:国際連合でのSDGs採択
■ 2015年10月:日本であれば年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による国連責任投資原則(PRI)への署名。2018年には160兆のうち3.5兆をESG投資
■ 2017年6月:G20の要請を受け、金融安定理事会(FSB)にて、TCFD(気候変動関連財務情報開示タスクフォース:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)を設置、最終報告を公表

こうした状況の中で、サステナビリティ・ESG領域における専門的なコンサルティングサービスも活発化しています。監査法人・シンクタンク・総合系ファーム、同領域に特化したブティックファーム等が、機関投資家・アセットマネジメント会社・事業会社等にコンサルティングサービスを提供しています。

コンサルティングの内容と必要なスキル

【コンサルティングの内容】

 ■ サステナビリティ・ESGに関する戦略・方針の策定支援
 ■ 上記等に基づくプロジェクトの開発と実行にかかる支援
 ■ 統合報告書等における非財務領域の開示支援
 ■ 格付け機関、評価・認証機関、NPO等の外部機関の対応支援
 ■ TCFD要請に対する気候変動シナリオ分析支援 など

求められるコンサルティングサービスは、クライアントの課題・ニーズにより様々であるが、例として上記のようなテーマがあります。

【活かせる経験・スキル】

 ■ 上記のテーマ領域のいずれかに関する知識や経験
 ■ 語学力(ビジネスレベル以上)
 ■ 客観的/論理的思考力、コミュニケーション/プレゼン能力の高い方

必要となるスキルとしては、上記のテーマ等に対応できるものとなり特殊性のあるものも多いですが、戦略系コンサルタントとしての調査・分析力、プロジェクトマネジメント力、資料作成能力、ロジカルシンキングといったベーシックなスキルでは共通しています。また、欧米が

この記事の続きは、会員登録すると読むことができます。