デジタル技術で、資産運用の様々な課題を解決「三井物産デジタル・アセットマネジメント」


三井物産デジタル・アセットマネジメント株式会社
代表取締役社長

上野 貴司 様

[ 経歴 ]
京都大学大学院工学研究科卒(修士)、一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒(MBA in Finance)。
2000年、三井物産株式会社入社。三井物産ロジティクス・パートナーズ株式会社(取締役CFO)、
Mitsui & Co. Global Investment,Inc(Investment Director)、三井物産アセットマネジメント・ホールディングス株式会社(取締役)、三井物産・イデラパートナーズ株式会社(取締役CFO)を経て現職。上場REITの資産運用会社2社を含め、計4社の会社設立に携わる。

三井物産デジタル・アセットマネジメントの立ち上げの背景

三井物産デジタル・アセットマネジメント株式会社(MDM)は、デジタル技術を駆使して不動産・インフラ等のファンド組成・運用・販売までをカバーする総合金融サービス会社(資産運用・証券)です。

三井物産グループでは、従来の上場REITや私募ファンド事業の枠を超えて、個人向け金融サービス事業を展開するべく、MDMを2020年4月に設立致しました。
三井物産グループの広範な事業知見・ネットワークに加え、LayerXのデジタル技術、SMBC日興証券・三井住友信託の金融ノウハウを掛け合わせることにより、個人投資家ニーズに即したデジタル金融サービス事業を展開して参ります。

企業文化は、Fintechの最前線で戦うスタートアップの気質を備えており、全ての情報が社内でリアルタイムに共有され、素早く意思決定を行い、プロジェクト・課題解決に向けて超高速のPDCAサイクルを実現しています。金融系、大手企業にありがちな「上意下達」のムードは一切なく、それぞれが「頭脳」として動き、株主やマネジメントも必要ならば「サポート機能」として扱い、業務に当たっています。

ビジネスと業務におけるDXの活用について

MDMは、従来の紙とハンコに溢れた金融バックオフィス業務を追放し、世界で最もデジタル化が進み、効率的かつ透明性が高い企業を目指して、全ての領域でDXを推進しています。
その為、MDMのスタッフは、半数が技術系エンジニアで占められて、以下のようなDXプロジェクトが社内で進行しています。不動産ファンド、金融法人営業、ミドル・バック系のビジネス系人材であっても、エンジニアと協力しながら、業界最先端のデジタル化・徹底的な効率化プロジェクトに関与頂くことが出来ます。

・投資案件情報データの自動収集・評価・投資判断
・投資家向け提案、金融商品販売のオンライン化
・レントロール管理、請求処理、入金処理業務の自動化
・会計処理の自動化、レポーティング・開示書類の自動作成

今後のビジネス展望

不動産分野では、営業開始初年度で約700億円程度の不動産パイプライン案件を積み上げ、順次セキュリティ・トークンを用いたデジタル証券として個人向け販売を進めて行きます。

今後は、国内不動産に限定せず、国内外のインフラやファンドにも投資領域を拡大し、投資家ニーズに即した投資機会の拡大を図って行きます。また、エクイティ投資に加えて、デット性プロダクトの開発も進めており、第三者の資金ニーズを満たす投資銀行業務にも参入を予定しています。

2022年には、個人投資家向けの直接販売も計画し、創業から5年以内に1兆円規模の運用残高を達成することを目指しています。大手企業グループのしっかりとした事業基盤の上で、スタートアップのカルチャーを活かした素早い事業展開を目指す弊社でご活躍頂ける、幅広いご経験の方からのご応募をお待ちしています。

三井物産デジタル・アセットマネジメント
にご興味がある方へ

ご興味がある方は、下記ボタンよりぜひご応募ください。

■求人:
不動産AM業務
■年収イメージ:
業務経験により決定
■必要スキル:
・四年制大学卒以上
下記実務経験2年以上
・REIT、私募ファンドのレジAM経験
・PM会社、不動産会社でのファンド物件のレジ経験
・宅地建物取引士
・基本的なPCスキル
<尚可要件>
・大規模修繕計画の策定、実行
・不動産証券化マスター
・1級建築士
・不動産鑑定士

コトラでは業界動向や今後のキャリアについて無料キャリア相談会を開催しております。
最新の採用動向や非公開求人情報などの情報提供をさせていただきます。
また、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、理想のキャリアを歩むためのアドバイスをさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

柳田秀穂

大阪外国語大学インド・パキスタン(ウルドゥ)語学科 (現・大阪大学外国語学部) 卒業後、株式会社三井住友銀行(当時・株式会社太陽神戸銀行) に入行。マネーディーリング業務、 ALMヘッジオペレーション業務に従事。 途中、さくら投信株式会社に出向し、 運用部ポートフォリオマネージャーとして公社債投信運用業務に従事。その後、法人取引先の事業再編支援業務を経験。

[ 担当業界 ]
不動産金融、不動産ファンド、投信投資顧問、再生エネルギー、バックオフィス(財務会計・コンプライアンス)